月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


初夏山挑戦の話

気温の乱高下が続く5月末、日中は暑くとも夜風はまだまだ涼しいです。

出張に塗りつぶされた平日を切り抜け、どうにか自宅に戻った金曜日。午後から半休を取って、アウトドア用品の買い出しやら「夜は短し歩けよ乙女」の映画を見に行ったりやらと、久しぶりの文化的生活を満喫しながら生活を日常軌道に戻します。

明けて土曜日も、引き続きふらりふらりと都内へ。この日はフォロワーのヘク猫氏、朔氏と池袋に集合し、期間限定のARIAカフェに行きました。
多く語るところではありませんが、なかなかに楽しい一時。ARIAイベントから、ヴェネチア探訪に続いてのARIAカフェ、今年は空前のARIAイヤーとなり幸せな限りです。
もちろん、件のメンツですからカフェの後には軽くお酒も飲んでから帰路につきました。


しかして迎えた日曜日、金曜日に配備したアウトドア用品を引っさげて朝から電車を乗り継ぎ西武線の飯能駅へ。
ここで元寮生と合流したら、バスに揺られて名栗地区へ向かい、ここから満を持して棒ノ折山の登山に挑戦です。

経路は飯能からバスで名栗湖方面に向かい、白沢谷登山口から岩茸石を経由して往復するもの。検索すればハイキングマップや登山記が山ほど出てくる著名ルートなようです。

昨年は7月の金時山で、丸腰登山の限界に直面してから約1年、装備を整えて余裕を持った大人の登山に成長しました。
バス停から名栗湖を横目に白沢谷の登山口へ。
IMGP6331.jpg IMGP6333.jpg
ここから西武鉄道の提供するハイキングマップを頼りに沢登りをしつつ山頂に向かいます。

白沢谷の登山道は初っ端からなかなかに強烈な急傾斜。“山登りって坂多いな”とかマヌケなことを抜かしながら歩いていけ、このルートの一押しポイント、沢筋の道に到ります。
IMGP6334.jpg IMGP6345.jpg
一般的にはあまり不慣れな人がやるべきではないとされる沢登りですが、ここでは人通りも多くよく踏み慣らされた道筋が示され、子供連れだって見かける程の安心感があります。
もちろん、十分な注意は必要でしょうが、それでも初心者の体験版としてはうってつけな雰囲気。湿った岩場や沢の横断はちょっとした冒険気分を味わえました。

小規模な鎖場を抜けて、沢の果てを過ぎたら再び坂道に戻り、尾根筋へ向かって一息に駆け上っていきます。
IMGP6363.jpg IMGP6374.jpg
岩茸石と呼ばれる奇岩に辿り着けば、ここで尾根沿いの登山道とも合流して、後は山頂まで尾根筋を登るだけです。
IMGP6377.jpg IMGP6384.jpg
崩れかけた木製の階段や木の根道に辟易しつつも、ここまで来れば気分的にはもう一息といったところです。

徐々に目指す先が明るくなり、最後に木々が途切れたら目指すべき山頂に到達です。
行程にしてバス停からおよそ2時間半、初めてながら標準的なペースで到着する事ができました。
IMGP6394.jpg IMGP6405.jpg
昼食はそのまま山頂で。山頂でお湯を沸かしてカップ麺、手垢のつくほどやり尽くされた最高に美味しいカップ麺の食べ方ですよね、多分。

一緒に持ってきたコーヒー、紅茶で一服しながら、しばし風景を堪能して下山へ。
IMGP6423.jpg IMGP6426.jpg
下りは尾根筋の道を選択。転げるように下りますが、膝や腿への負荷は登りより過酷なそうですね……若さで押し切ってしまった感があるので、次はもう少し慎重に余裕を持って下れるようにしたいです。

下山後は登山口から歩いてすぐのさわらびの湯という温泉で一息。
IMGP6449.jpg IMGP6450.jpg
休憩所でビールを飲みながらバスを待って、飯能へと帰還しました。


ちなみに飯能といえば山登りアニメの「ヤマノススメ」の舞台。棒ノ折山も含めて、方々で今もコラボが続いています。
少し前のアニメのはずですが、今でもイベントがあるとかないとか……と聞きます。
私は観てないのですが、行く先々で遭遇してしまうので、そろそろ観るべき頃合いかと悩み始めている今日この頃です。

西伊豆野営と金鉱の話

4月も転がるように過ぎ去って、大型連休が目前な頃合い。
もっともその連休は残念なことに、またしても出張案件。目も当てられないので、別件の算段をしなければならないでしょう。

そんな訳で貴重な休日は徹底的に有効活用したかったこの週末。
海辺でキャンプをしたい――などと思い立ったが吉日です。西伊豆に目的地を定めて、海辺のキャンプ場を選定。元寮生とフォロワーの朔さんを誘ったら、車を転がして即座に実行です。


東名高速から伊豆縦貫道を経て、西伊豆の海沿いを走り抜けること1時間超。道中、土肥の市街地で食材を買い出しなどしながら車は南へと向かい、西伊豆町の黄金崎に泊地を求めてたどり着きました。
このキャンプ黄金崎、文字通り目の前に海が広がる絶好のロケーションです。隣のテントサイトと間仕切りになる木々がないのが唯一の難点と言ったところでしょうか。
3張りのテントで焚き火を囲んでやれば、それも然程気ならなくなってしまいました。
IMGP4143.jpg IMGP4145.jpg
加えて今回はとっておきの新兵器、自立式ハンモックも投入です。
春先のそこそこの天気で海際ハンモック、シチュエーション芸としてコレほど楽しいことがあるでしょうか。
もはや準備の段階でテンションが上ってしまいました。

そんな訳で、日も高いうちから飲み始めて、日も傾いた頃には鉄鍋でチーズフォンデュなどにも挑戦です。
挑戦したと言うだけ、多くは語りませんが面白かったです。
IMGP4198.jpg IMGP4222.jpg
翌朝も焚き火でベーコンを焼きながら優雅に起動。前日の曇天から一変した初夏のような快晴に、眼下に広がる海岸線を探索しない理由がなくなります。
IMGP4261.jpg IMGP4264.jpg
西伊豆の海の綺麗さは折り紙付きでしょう。水底まで透き通る磯浜に、岩がちながらもゴミの少ない海岸線。夏になれば海水浴には持って来いの地域です。

少し足を伸ばして黄金崎の突端の方に向かえば、スキューバダイビングに興じている人影も遠くに見受けられました。
伊豆の海と言えばダイビングの名所、「あまんちゅ!」の舞台にもなっているくらいですし、不思議な事ではないですよね。
いずれは……機会を見つけてやってみたいものです。
IMGP4296.jpg IMGP4317.jpg
春爛漫と言うべきか、初夏の絶景と言うべきか、過ごしやすい陽気と青空に恵まれた黄金崎は本当に小さな楽園でありました。


斯様な次第でのんびりと時計の針が正午を回る手前くらいまで、小さな楽園を散策していたのですが、流石にそのままでは伊豆まで来て勿体無いというもの。


西伊豆の道を引き返して戻り来たるは土居の市街地の少し手前。かつて有数の金山として名を馳せた土肥金山。その中でも市街地に近い南側の坑道跡は大々的な整備が成されて観光地と化しているのですが……先に向かったのは、その少し南側。
通りからは看板と駐車場しか見えない“龕附天正金鉱”なるスポットに立ち寄りました。

車を停めた段階ではチョロっと覗く程度の坑道跡かと思っていたのですが、行ってみると入場料が掛かるそうで案内人も付くのだとか。
乗りかかった船だと、そのまま参加することにしてみると、現れたのは陽気なオーラを放ったお爺さん。
「それじゃ行きましょうか」と軽いノリで唐突にガイドツアーが始まったかと思うと、そこからは止めどないマシンガントークの洗礼が始まります。
曰く、この金鉱手前一帯の地名“釜屋敷”と、その由来になったと推定される昭和期に発掘された精錬所跡の紹介。釜屋敷から革を挟んだ対岸には“火振”なる地名が残り、火の粉が飛んできたのだろうと行った推定や、精錬所の釜が登り窯形式でありながら、山の斜面に対して並行で珍しいこと。江戸期だけでも3回に及ぶ津波の襲来で昭和期の発掘まで、坑道も精錬所もすっかり存在が忘れ去られていたこと――云々。
坑道どころか紹介板に辿り着く前から興味深い解説の目白押しです。
IMGP4330.jpg IMGP4341.jpg
その後に続く紹介ジオラマもなかなかにパワフル。採掘選鉱から江戸での金座にて大判小判に加工される工程までを、箱庭のような模型で紹介しています。
ジオラマによる展示の概念自体はごくありふれた物なのですが、何しろ絶妙に手作り感のある構成に昭和を感じます。
併せて続くマシンガントークも、選鉱婦の苦労とネコババの由来話に始まって、静岡にも金座が置かれていたことやら、伊豆の方々に金鉱脈があり土肥の“後藤役所”なる場所で統括されていたことなど……初めて聞く話を実物(?)付で説明され、勉強になりました。

そういう次第で、金鉱見学と言いつつも肝心要の坑道に到達したのはもう後半戦です。
ここ龕附天正金鉱は名前の通り、天正期、すなわち戦国時代に北条氏によって掘られた坑道なのだとか。小田原の役の後、徳川氏の支配下で他の坑道が掘られる中、偶然にも忘れ去られたままになっていたこの坑道は、戦国時代の金山の構造を現代に留める貴重な資料になっているそうです。
入り口からして既に、地表に露頭した金鉱脈に沿って掘り進んでいったために細長くなっており、坑口をちゃんと構築する江戸基以降の坑道とは違うのだそうです。
IMGP4343_20170425222626f31.jpg IMGP4349.jpg
内部も中世の原始的な手法で掘られており、あとで見学した江戸期の坑道と比べると技術革新を思い知らされます。
もちろん、原始的とは言っても当時の技術と知恵の粋が投じられた坑道。曰く天井を逆さ階段状にしたり立坑を掘って松明による煤の排気に気を使ったり、フイゴの原理を応用したような気流システムを構築していたりするのだとか。また、ノミとハンマーによる採掘時の騒音を低減するため、天井や壁面に現代のコンサートホールにも類似するような突起をつけて壁面による反響を抑えていたりだとか。
IMGP4354.jpg IMGP4361.jpg
恐らくは経験則なのでしょうが、現代にも通じる技術に既に到達していたというのですから、驚かされます。

そんな坑道の終着点には、山の神を祀った石造りの祭壇があります。当時の技術では主に換気能力による距離上の制約があったのだとか。その限界点に当たる部分では天井が敢えてアーチ状に加工されています。これが龕附天正金鉱の「龕」と呼ばれるもの。本来の龕は仏像などを収める厨子や窪みを指すそうですが、ここでも山の神を祀るためにそのように加工されているのだそうです。
限界まで採掘されていたが故に、その後は手付かずのまま忘れされるてしまったのでしょう。
もしかしたら他の土地にもそのような未知の坑道が残っているのかもしれません。
IMGP4366.jpgIMGP4372.jpg
ちなみに帰路は発掘時に発破で開けられた近代の側道を通り抜けます。この帰路にも別の金鉱脈を横断するため、ここでは鉱脈の地中での様子を直接見学することができます。周囲の岩に対して色が異なる面が垂直に立っているため、指摘されれば素人目にも一目瞭然です。
往時には山師と呼ばれる人々がこのような鉱脈の露頭部分を見出して掘り進んでいったそうですが、今では文化財の一部と化してしまった上、仮に採掘しても採算に乗らないとのことで放置されているのだとか。

そんなこんなで大変興味深いマシンガントークに、面白い穴場を見出した満足感に浸りながらも、折角ですから目立つ方の土肥金山も見学です。

まず入り口から風格が違いますね。三菱マテリアル資本だそうで……コレが財閥力でしょうか。
IMGP4376.jpg IMGP4397.jpg
内部の展示も流石といったところ……。坑道の広さ、深さに時代の進歩を感じさせますね。
基本的には人力頼りで変わらないとは言え、送風機や水車など道具の使い方が進歩し、より深く広く掘る事が可能になっているのがわかります。坑内温泉などもあったそうで、意外な限りでした。
IMGP4409.jpg IMGP4413.jpg
坑口もしっかりと木で覆って防護されていたりと、明治以後も稼働していたので詳細な記録が残っている故かもしれませんが、具体的な小物や動作の記録も残っており、こちらも十分に興味深い展示でありました。


金山見学後の締めは、そのまま土肥漁港での昼食と温泉。
昼食はお値段が少々張りましたが、想像を絶する量の魚とご飯で言葉もないほどの満足感。鴨川でも感じましたが……漁港の料理屋さんは出て来る量が多いのが仕様なのでしょうか?
IMGP4422.jpg IMGP4425.jpg
お風呂の方は海際の公衆浴場にて。海水浴シーズンにはさぞ賑わいそうな立地ですが、オフシーズンに立ち寄ったので店番のお爺さんより他に人の居ない静かな空間です。
換気のために開け放たれた窓が、異様な開放感を醸し出していましたが、こういう風呂も趣あって良いものでした。


帰路は渋滞に巻き込まれて難儀しましたが……どうにか無事に内房まで帰還。
来週からまた予定が立て込み始めてしまいますが、久しぶりの野営は現実感無く最高でした。
5月も頑張りましょう。

茨城県北紀行

先週の日曜出勤に続いて、土曜も動員を掛けられてしまった今週末。
幸いにも昼過ぎには退勤できたので、午後からは中学時代の友人と飲みに行くことができましたが……いよいよもって忙しさが増してきた今日この頃です。

土曜を封殺されて機動性が落ちた週末ですが、遠出は出来ずとも関東圏の日曜日帰りくらいはしないと済みませんね。
大学時代の友人と会うために茨城県の北部まで行って帰ることになりました。


日曜の朝は北千住駅で元寮生と合流してから、常磐線をひたすら北東へ進み、降り立ったのは茨城県の友部駅。
ここで件の大学の友人と合流し、彼の車にピックアップされたら、この日の行程の始まりです。

最初に向かったのは駅から車で20分ほどの場所にある笠間稲荷神社です。
参道には商店に入り混じって有料の駐車場と誘導員が群れをなしています。車社会の観光地らしい光景、あまり車で繁華なところに行かないので、久しぶりに見る光景です。
適当な駐車場を選んで停めたら、ほんの少しだけ歩いて目的地に到着です。
IMGP1350_20170130232101e18.jpg IMGP1352_20170130232103b96.jpg
笠間稲荷は日本三大稲荷の一つに数える“場合もある”比較的規模の大きな稲荷神社です。
もっとも、三大稲荷は伏見稲荷大社以外の2つについて、様々な組み合わせがあります。どれが一般的かも言い難いのが難しいところです。
それはさておいて、訪れたときはちょうど節分式の準備中。参道右手に木製の台をせっせと作っていたのが印象的です。
広大な境内がある訳ではありませんが、参道の賑わいも含め古くからの文化を感じる神社でありました。


歴史深い笠間の稲荷を巡ったら、国道50号を西へ更に20分ほど向かうと、今度は常陸国出雲大社が鎮座しています。
こちらは一転して平成年間に創建された極めて新しい神社。平成の世になってからも神社ができるのかと驚きますが、いかなる社も創建された当時は新品ですから……仕方ないですね。
IMGP1356_20170130232105935.jpg IMGP1359.jpg
地形的にも特段何かあるようには見えませんが、立派なしめ縄と拝殿は圧巻です。
伝統的な神社建築に囚われてない気もしますが、気にしたら負けでしょう。折角なので御朱印ももらって、この地を後にしました。

小一時間ほど東へ車を走らせて那珂川水系の谷筋から久慈川の谷筋へ。
3社目に訪れたのは、常陸国二之宮にも列せられる式内社、静神社です。
IMGP1377.jpg IMGP1383.jpg
祭神は綾織の神タケハヅチ。「しず」の音には“倭文”という漢字を当てる場合もあり、織物を指す古語でもあります。
近隣には古墳群も残り古くから人が住んでいたことを物語ります。かつてここで日々を営んでいたであろう機織り集団の痕跡を伝える由緒ある神社でありました。
ただ、残念ながら社務所は不用心に開け放たれたまま、もぬけの殻。声を掛けても反応がなく、御朱印を頂くことは出来ませんでした。

静神社からは、昼食に名物“常陸秋そば”を食べれるお店を経由しつつ、久慈川沿いに北上します。
奥久慈の狭い谷筋を抜けると、不意に盆地が広がり茨城県最北の町、大子町の中心街に至ります。水郡線の駅の前を通り抜けて、少しだけ町域から離れた場所まで行ったら4つ目の目的地、旧上岡小学校に到着です。

2001年に閉校となってしまった上岡小学校ですが、その校舎は明治昭和に建てられた木造校舎が移築もされずに現存した貴重な代物。
国の登録有形文化財にも指定され、週末や祝日には無料で一般見学も可能です。
貴重な木造校舎を大手を振って見学できると言うだけでも十分に興味深いのですが、更に加えればこの校舎、劇場版ガルパンの劇中にも登場しています。
つまり端的に言えば聖地巡礼です。一昨年の映画であり、大洗には何度か訪れていたものの、こちらの小学校に関しては場所が場所だけになかなか行くことが出来ず後回しになっていた次第。ようやく念願の探訪ができました!
IMGP1388.jpg IMGP1399_20170130234045a43.jpg
そんな訳で車から降りて校舎を見やれば、即座に「アニメと一緒だ!!」と身も蓋も知性もない感想が飛び出してしまいます。
アニメ効果か、別のドラマか、はたまた純粋に有名なのか……理由はわかりませんが、訪れたタイミングでは、常に数組の見学者がいる賑わいぶり。
校舎内も古いなりによく手入れされ、大事にされていることが伝わってくるようです。
IMGP1403_2017013100015030a.jpg IMGP1452.jpg
往時に使われていたであろう教材や機材も残っており、中には昭和30年代のラジオやら地図なども残っており、それらを眺めているだけでも飽きない程でありました。
また、当然ながらそこかしこにアニメで見た光景があります……が、挙げていってはキリがないので、そこは「アニメと一緒だった」の一言で十分でしょうか。
IMGP1429.jpg IMGP1417.jpg
劇中に登場した黒板(本来は学園艦?)や出演者の色紙に、聖地のらしさを感じました。

訪れる前は正直なところ、さほど期待してなかったのですが、気づけば1時間以上居座ってしまった旧小学校。
なかなか見飽きない風情があったのですが、時間の都合もあるので日が傾きだした頃合いで出発し、最後に袋田の滝も見物に行きました。
袋田の滝は以前にも一度訪れたことがあるのですが、そのときは温暖な季節。寒い時期に来たのは初めての経験です。
IMGP1507.jpg IMGP1514.jpg
着いてから知ったのですが、この季節の袋田の滝は凍ることで名高いそうです。
残念なことに、この日は暖かったこともあり控えめな凍り方でしたが、それでも滝の一部が白く氷に覆われている光景は、なかなかに迫力があり興味深いものがありました。

更に今回は滝の裏手の遊歩道を登って一段上流にある月居の滝も見てきます。
切り立った崖に掛けられた階段を昇り、さらに岩壁に設えられた桟道を抜けた先に遠くその小さな滝は姿を現します。
IMGP1519.jpg IMGP1526.jpg
迫力でこそ袋田の滝に一歩譲るものの、規模が小さい分凍り方は少しだけ充実しています。
紅葉の頃など、さぞ綺麗だろうと思わせますが、枯れ木の向こうの凍った滝も侘び寂びなのかもしれません。


斯様な次第で滝の見物を終えたら、友人オススメの飯屋で夕飯を食べて、帰路へ。
常磐線名物の電車飲酒でホッとしながら、どうにか日付が変わる前には内房に帰り短くも充実した週末を終えることとなりました。

ひとりぼっち温泉の話

週末が近づくと狙いすましたかのごとく寒波が襲来する1月半ば。
このところは業務過少で手持ち無沙汰な日々の連続でしたので、金曜日には開き直って有休を掠め取ってしまいました。
目的は寒波に挑むため草津温泉に行ってしまうこと。
久しぶりの完全な1人旅行、気兼ねがないのは良いことですね。


出立は冷え込みの厳しい金曜の朝方から。出勤時間より少しだけ遅いタイミングの電車に乗り、総武本線から高崎線を経由して、吾妻線に乗り継ぎます。
オーソドックスな鈍行旅の経路。高崎辺りまでは雪の気配もなく、アテが外れたのかしらと心配になってしまいましたが、吾妻線で榛名山を回り込んだくらいから、じわじわと周囲に雪が増えてきます。
最寄りの長野原草津口駅に辿り着いた頃には、雪が舞い散り期待通りの冬景色。これで目的は達せると一安心です。
IMGP1037.jpg IMGP1049.jpg
駅からは連絡バスに揺られて20分と少し。山を越えて集落を抜け、暫く行けばバスターミナルに至ります。そこから更に歩いて5分で草津温泉の象徴、湯畑の前に到着です。
白く積もった雪と、少しだけクリーム色になった湯畑、温泉街に来たんだなと感慨深くなります。
金曜に来たおかげで、人影もまばらなのがまた実に快適でした。

これで目的の半分は達成したようなものですから、残りは極論すれば消化試合。ふらりふらりと観光して過ごしましょう。
IMGP1053.jpg IMGP1062_20170122143527ee4.jpg
最初に向かったのは湯畑に相対するように鎮座する草津山光泉寺。行基が開基した薬師堂に端を発すると伝わる由緒あるお寺です。
草津温泉自体、相当古い時代からあるそうですから、恐らくは温泉街をずっと見守り続けていたことでしょう。
朱塗りの本堂が雪の白さによく映えていました。

草津の温泉街自体は湯畑を底とした盆地状の土地一帯に、広がるような形をしています。
新興のホテルや温泉ほど外縁にあるような構造。温泉街として散策するような、売店や居酒屋、主だった源泉のある範囲は端から端まで歩いても15分程度の範囲に過ぎません。
そんな訳で慌てることない日程でふんわりと過ごし、同じようなところを何度も通過します。
西の外れにある西の河原公園だって、すぐに着いてしまいます。
IMGP1074_2017012214434560d.jpg IMGP1092_201701221443461d6.jpg
この西の河原は上流部に温泉の源泉を抱え、川自体が温水と言う温泉の町らしい光景が広がる公園です。
雪に埋もれたお稲荷さんもアクセントですが、何よりも河原全体が湯気を放つ光景が印象的。
ほんのりと硫化水素の匂いが漂い、ほんのり温い足元を意識しながら河原を散策すれば、雪景色の中でもあんまり体が冷える気がしないのですから不思議なものですね。
IMGP1097_20170122144348605.jpg IMGP1107.jpg
さらにこの公園、奥に向かえば露天風呂もあったりします。
少し早い時間帯ではありましたが、特に予定もないですし、早速入ってみることにしました。
念願の雪見露天風呂ですよ、テンション上がりますよね。
当然、内部の撮影はできませんが……脱衣所を抜けたら洗い場もへったくれもなく広がる、広大で天井のないお風呂が目の前に広がります。
囲いこそありますが、むしろあるのはそれだけでしょうか。広々とした露天風呂から、雪に覆われた山並みが見渡せ開放感は抜群の環境です。
雨や雪が降り出した日にはひとたまりもなさそうですが、それはそれで一興なのかもしれません。
後で気付いたのですが、この辺で洗い場がないのはそもそもが酸性泉なために、石鹸自体があまり役に立たないからなのかもしれません。
真水で洗わせろとも思わなくはないですが、殺菌作用の強い泉質ですし、あまり不都合はないのでしょう。
雪を眺めながら風呂上がりのコーヒー牛乳を飲めば、もうやることはやり尽くした感が出てしまいます。
「平日の日の高いうちから露天風呂の温泉で雪見」――ここにもう欠けたものはないのではないでしょうか、悪徳の限りですね。

いよいよもってやるべき事を見失ってきたので、一旦宿にチェックインして荷物を預けたら、後は温泉街をあてど無く彷徨いながら夕飯の場所を探します。
草津は温泉街としては素泊まり客に優しい外食の充実した界隈です。
IMGP1136_20170122145619c5a.jpg IMGP1171.jpg
ライトアップされた湯畑や雪景に映える町並みを眺めながらお店を物色し、最終的にはこじんまりとした居酒屋に入って落ち着きました。
高校生くらいのバイトや、お店の家族と思しき子供に応対されながら、のんびりと名物の舞茸にこんにゃくやら何やらを食べ、地ビールに地酒で2時間半ほど。
観光地価格にはあまりコメントしませんが、久しぶりに一人酒で豪遊してしまったかなと思うとこ。満足のひとときを過ごして、宿に戻りました。

ちなみにこの日の晩はゲストハウスだったのですが、またしても相部屋に同宿人がいない状況に遭遇です。
最近、こういう機会が多いのですが……なんででしょうね。不思議です。

疑問はさておいて、翌日の土曜日21日。関東平野でも朝方に雪が降ったとか降らないとかと聞く寒波の本番です。
朝起きて外を見たら唖然呆然の白化粧。吹雪いてますから、流石にビックリしますよね。
念願叶った雪中行軍体験をしながら、湯畑まで行けば、もはや舞い踊る雪と湯気が混ざり合って向こう側の建物すら見えない見通しの悪さに。
IMGP1194.jpg IMGP1207.jpg
住民には難儀な話でしょうが、観光客的な視点で言えばウキウキしかない状況です。雪落としの重機まで出動していて、雪国に来たことを改めて実感しちゃいます。
ただ難儀したのは意外と朝食を食べる場所がないこと。観光客は昼頃来ますし、朝飯くらいは宿で摂ってしまうのが道理だからなのでしょう。
暫く探し歩いて、ようやく見つけた喫茶店でホッと一息です。

一息ついたら、この日は前日に時間切れと温泉のせいで後回しにしてしまった神社へ、参拝に向かいます。
温泉街の北西の高台に鎮座する白根神社は、この周辺の神社を明治期に習合したという町の氏神様。
行かない理由がないでしょう、それが例え、雪に覆われた参道を掻き分ける必要があったとしても、です。
IMGP1209.jpg IMGP1215.jpg
巫女さんがいるかなとか、御朱印貰えるかなといった仄かな期待は初っ端から圧し折られてしまいましたが、それでも引き返す訳にはいきません。
こんな雪を掻き分けた参拝はいつ以来でしょうか、随分ぶりに神社で遭難しかけた気がします。
一応は無事に参拝して、下山まで済ませましたが……靴の中まで雪が入ってしまったのには、流石に参ってしまいますね。

もっとも、吹雪いてテンションが上がっていたこの時の私にしてみれば、それも然程問題ではないこと。
昨日からどれほど積もったかと、西の河原公園だって行っちゃいます。
IMGP1250_20170122150840303.jpg IMGP1253.jpg
流石に河原の雪率がだいぶ増していたのには感心しましたが、そこまで大きな変化はなさそうですね。
急な風が吹いて、木々からの落雪に襲われたくらいがイベントでしょうか。

しばらく雪の公園で雪中行軍ごっこを満喫したら、湯畑に戻り、さらに少し離れた路地裏にある共同湯に足を向けました。
ここ、草津温泉にはいくつも源泉があり、泉質や温度の異なる共同湯が何軒も点在しています。幾つかは整備された有料のお風呂や、宿の管理する日帰り湯ですが、古くからあるものには無料で使用できる伝統的な形式の箇所も残っています。
IMGP1277.jpg IMGP1286.jpg
土曜日はそんな無料開放されている温泉の一つ、地蔵の湯に入ってみることにしました。
路地の一角にある源泉の前には、地蔵の湯の名前の通りお地蔵様が鎮座しています。雪に巻かれながらも、ちゃんと参拝してから建屋の中へ。
ここもやはり、洗い場といえるようなスペースはなく、それどころか脱衣所すら別段の仕切り無く湯船と同じ部屋にある形式です。
酸性蒸気にカメラや電子機器を晒したくは無かったのですが、仕方なし。意を決して全部リュックに押し込み、あとは“機械はそんなにやわじゃない”と自分に言い聞かせて雪中行軍に冷えた体を温めて過ごしました。

熱めのお湯に暫く浸かっていれば、機材が痛む前に自分が湯当たりします。20分程も過ごせば、満足してしまったので、風呂からあがって昼食探しに移行します。
湯畑近くまで戻って見つけた舞茸蕎麦と舞茸ご飯のお店で、お酒もつけて昼から風呂上がりの堕落のひととき。これを満喫し終えたら、いよいよ後ろ髪を引かれながらも撤収の時間になります。

土壇場になって晴れてきたのだけが、少しばかり恨みがましい気持ちでしたが、この日の晩は別の約束があったのでどうにもなりません。
IMGP1291.jpg IMGP1296.jpg
長野原草津口駅まで戻ったら、気持ちが良いほどの快晴になってしまいましたが……ローカル線で1本見送るのは死活問題に直結しますから、如何ともし難いです。


そんなこんなで、来た道を戻るように東京に向かい、この土曜の夜は友人の“えめろん”氏と合流。
神田で飲んでから、さらに秋葉原で共通の友人とも合流し、日本酒で新年会など催しながら、終電を捕まえて内房へと帰りました。

しかして、予定が皆無だったはずの日曜日。
南関東は風が強いものの小春日和、多少の二日酔いは押してでも出掛けたい陽気だったのですが……豈図らんや、急な仕事の依頼がかかってしまいました。
渋々ながらも断る理由もないのでOKした直後、今度は大学の友人から誘いがあったのですから、誰が悪いでもなくただため息が出てしまいます。
そういう次第で気力も削がれたので、今日は半日引き篭もり。日中からアニメを見る過ごし方を久しぶりに実施中です。

寒波の秩父散策の話

今冬一番の大寒波が日本を襲ったこの週末。日本中そこかしこで雪が降ったとか、電車が止まったとか、そんなニュースで持ちきりでした。
先週は雪見が半分空振りとなってしまった会津若松も、今週は真っ白になったと言うのですから……因果な話です。

ところが、これまた何の因果か、どこで雪が降ってもなぜか降らなかったのが南関東。
多少の小雪は舞ったようですが、積もる積もらないの次元にはおよそ程遠いまま終わってしまい、ただただ寒いだけ。
如何に気持ちのよい冬晴れと言えども、そんな寒さでは出掛ける気も削がれるというものです。
今週末はお家で大人しくしてましょうか――なんて、問屋はもちろん卸しません。


土曜日の午前中こそ、どうにか寝不足を取り戻すため惰眠を貪って引き篭もりを堅持しましたが、午後には気も変わって千葉方面へふらりとお出かけ。
“総統代行”と幕張のイオンモールで買い出しなどして過ごし、夜には実家に戻り日曜に備えます。
そんな日曜日は、暇を持て余した元寮生の要望が土曜の午前中に入ったせいで、適当な出先を選定して北西に足を伸ばすことになりました。

西武線を乗り継いで、行ってきたのは埼玉の小独立国、秩父盆地です。
西武秩父駅から秩父鉄道に乗り換えて、さらに数駅。荒川沿いに列車に揺られれば、夏には舟下りや渓谷散策で名高い長瀞駅に到着です。

長瀞駅は秩父三社の一つに数えられる宝登山神社の門前駅でもあります。
駅舎もどことなく神社を意識した和風の趣あるデザイン。ここから神社までは真っ直ぐな参道で10分ほどの距離です。
ほんの少しだけ雪の残る凍りついた歩道を歩いて、初詣シーズンの終りを迎えた神社に参拝しました。
IMGP0872.jpg IMGP0875_2017011622221330d.jpg
宝登山神社は名前の通り、宝登山を神名備とする古社。大山祇神を祭神とし、秩父神社、三峯神社と並び称される秩父を代表する神社です。
またヤマトタケルノミコトの東征にも縁があり、神使が炎を鎮めたとかで火伏せの神威も持ち合わせているとかなんとか。
社殿も立派に彩られ、風格を強く感じる神社でありました。
IMGP0878.jpg IMGP0892_2017011622221639d.jpg
そして、この手の山を祀った神社のお約束、山頂の奥宮も当然あります。
神社のすぐ裏手に位置する宝登山は、程よい標高と眺望から南関東では比較的すぐに名の挙がるハイキングスポットでもあります。
ここまで来たら、登らない手はないでしょう。
登山道は半ば車道と化した非舗装道を2kmちょっとの距離。麓の地図によれば標準的な時間では、片道1時間ほどです。
若干の雪や路面凍結は見られましたが、危険を感じるほどではないので、サクサクと登ってしまいましょう。
IMGP0899.jpg
IMGP0908.jpg
道中にはさほど見るべきものありませんでしたが……雑談しながら、自然の中を歩いていれば相応に楽しいですよね。
頂上には奥宮と社務所を兼ねた売店、茶店があります。
この茶店の前では焚き火が焚かれ、辿り着いた人たちに暖を提供してくれます。
併せて、甘酒やコーヒー、熱燗なんかも販売しているので、つい手が出てしまうのは仕方のないことでしょう。

寒い山頂で焚き火に当たりながら飲んだ熱燗、最高に美味しい一杯でありました。
また、一緒に食べたの“焼きみかん”なるあまり馴染みのない代物です。焚き火の横の七輪で、こんがりと皮を黒く焼かれていたのが、つい気になってしまいました。
茶店のおばちゃん曰く、皮まで食べれるということで、言われるままに丸ごと食べてしまいましたが、思った以上に甘くて美味しく驚きました。
焼くだけの簡単レシピなので、今度は家で試してみても良いかもしれません。

ちなみに本題の奥社は、山を祀った神社の例に漏れず小さな祠と行った風情。安心感がありますね。
IMGP0912_201701162232239d6.jpg IMGP0932.jpg
他方、鎮守の森かのような山頂の林を抜けて西側斜面。秩父盆地を見渡す展望台に出れば、正面に武甲山を見据える抜群の眺望が姿を表します。
新緑の春、空の濃い夏、紅葉の秋、きっといつ来ても綺麗なのでしょうが、空気が澄んだ冬も殺風景ながら悪くないものです。

また山頂近傍には蝋梅園も併設されています。名前こそ知っているものの、あまりイメージの湧かない花でしたが、何でも強い芳香を放つ黄色い小さな花だとか。
道中に幟まで立てて開花を宣伝していましたが、実際に登ってみると花開いてる木もあるものの、見頃はもう少し先といった様子。
無いよりマシ程度ではありましたが、それでも年明け一番の花見になりました。
IMGP0946.jpg IMGP0952.jpg
暫く山頂界隈を散策したら、帰路は凍結路面を恐れてロープウェイで。

下山後は麓の食堂で“おっきりこみうどん”なる上州から秩父にかけての名物料理を食べて一息。
その後、参道途中にあった重要文化財の旧家を見学です。
IMGP0959.jpg IMGP0966.jpg
秩父の豪農の家だそうですが、厩が一体化してるのが特徴なのだとか。
南部の曲家にも通じる寒い地域の特色なのでしょうか。間仕切りが少なく、寒い割に風通しが良さそうなのが印象的な建物でした。

文化財の見学後は長瀞駅に戻り、秩父鉄道を引き返して西武秩父駅の最寄りお花畑駅まで。
ここで下車して、秩父三社の3つ目、秩父神社を目指します。本当は一駅手前、秩父駅の方が近かったのですが……降りてから気付いたので処置なしですね。
駅から神社までは参道のような真っ直ぐな道が続き、周囲には風格ある建物が続きます。
IMGP0992.jpg
IMGP0993.jpg
古い街なので、町並みに趣があるのは期待通りなのですが……何よりここで驚きなのは、圧倒的な重要文化財指定の建物の多さ。
ある辻など、4つ角のうち3つまで重文なのですから驚かされます。
明治大正から昭和初期のレトロで剛健な都市建築が残り、明治以前の古い町並みともまた一味違った時代の重みを感じさせます。
今回は時間の都合もあったので、神社メインに通り過ぎただけですが、いずれは建築のわかる人と行ってみたくも思います。

そんなこんなで15分ほど街を巡って着いたのが、知恵の神様、八意思兼命を祀る秩父国造の祖神、秩父神社です。
秩父一帯は律令制でこそ武蔵国ですが、古く独立した地域として発展していた土地。その土着の豪族が祭祀し、今も崇敬を集めるのがこの古社です。
IMGP0997.jpg IMGP0998.jpg
今も街の中心部に鎮座し、12月の夜祭はそれはそれは盛大で華やかなものなのだと言います。
祭りの季節が過ぎ初詣も一段落した今週末でも、流石に終始参拝客がおり、観光地の強さと崇敬の厚さを感じさせました。

秩父神社での参拝も済ませたら、ここから30分ほど南の方、秩父盆地の玄関口の町、横瀬まで歩いて移動。
お出かけの最後は、この横瀬の日帰り温泉、武甲温泉で締めといたしました。
IMGP1028.jpg
武甲温泉、初めてきたところでしたが、広々とした露天風呂と庶民的な休憩スペースが居心地の良い穴場。
ビールも飲めますし、駅からも近いと至れり尽くせりです。
入湯料も手頃で、実にいいところを見つけたとご満悦ながらも、帰路の都合もあったので19時過ぎには撤収となったのが惜しいところでありました。


斯様な次第で、存外楽しかった寒波の外出から一転して、じわりじわりと現実に引き戻されて、今に至ります。
来週は何をしましょうか。

««  | ホーム |  »»

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad