月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


師走の多忙録

先週に引き続き、今週も未だ諸々が忙しい現況。
特筆すべき事項としては、電車移動の時間が多いためか、物凄い勢いで「この素晴らしい世界に祝福を」シリーズを読み進めていることでしょうか。
アニメ放送当時はなんとなく見逃していたのですが、後追いで評判を聞いて観てしまったのが運の尽き。ドハマリして原作、スピンオフと書籍を買い漁ってる状況です。
相変わらず、この手の絶妙に頭が悪くテンポの早い物語が大好きです。


頭が悪くテンポが早いと言えば、先の土曜日は人生初のビール掛けを体験してしまいました。
この日は田村ゆかりさんのファンクラブイベントがあるとかで、フォロワーの王国民連中の活動が活発。
岩手のアリソンも東京まで出張ってヘク猫氏と遊んでいるとのことだったので、夜更かしからの朝寝坊をかましていた私も、昼食にご帯同しようと頃合いを見て都内へ向かい、彼らと軽く昼食。開演時間が近づきイベント参加する2人と別れたら、両国近隣の江島杉山神社と銀杏岡八幡神社の御朱印をもらって、一旦実家で荷物整理して本題のある横浜は関内へと向かいました。

そういう次第で、イベント終わりの王国民連中とも合流したら、生まれて初めてのビール掛けです。
冷静に考えて冬空でビール掛けたら寒いのですが、企画した当時は夏場だったので気付きませんでした。本当に迂闊ですね。
始まる前、駅から会場へ移動している段階で、既に怖気づいている面々が、足取りも重いまま案内されたのは平時はバーベキュー営業しているという飲み屋の屋上みたいな場所。そこにはまさに並ぶ70本のビール類。
一応、冬場なので隔壁が用意され、内側では暖房や温水のシャワーも用意されています。
しかし、ビールを掛ける会場には、もちろん、暖房も何もありません。さらに言えば完全な屋根なし、風が吹き込んできてちょっと寒いです。
大変なことになったと思いながらも、ここまで来ては後には退けないのでヤケクソですよね。
ビール瓶って振ると意外と簡単に吹き出すのは新発見でした。
途中からテンションも上がり、さっさと使い切って早く温まろうとの打算も働いて、大盤振る舞いでビールを掛け合いました。
都合にして15分ほども騒いだら、無事にビールも無くなったので、みんな揃ってストーブの前に集合し順次シャワーを浴びる流れになりました。
気分としては寒中水泳でしょうか、意外と体が温まってテンションも上がり、シャワーを浴びた後は妙にホコホコした気分で二次会代わりの普通の宴会へと移行することができました。

初冬のビール掛け、いい勉強になりました。


一転して日曜日は灰色の資格試験日。多くを語ることはないでしょう。
想定外に時間が押して大変だったとだけ、書き残せましょうか。来週もまだまだこの調子……飽きてきたのですが。

師走の機材更新

古くから忙しさが増すという師走、12月。
これまでの人生、師走と言えど精々が忘年会ラッシュ。忙しさと言えど週末が埋まる程度だったのですが、こと今年に至っては降って湧いたかのような繁忙期に苛まれています。
なにがどうしてこうなったのか……資格試験と通常業務に加えて研修まで乗ってしまい近年まれに見る過密課題ぶりです。

そんな訳で私事を広げる事もままならない状況ですが、それでもただで大人しくしていては腹の虫が収まらないというもの。
多忙明けには年末になってしまう事も踏まえて、衝動買いがてらに賞与を設備更新に投入してしまいました。

購入したのは今年発売のペンタックスのカメラ“K-70”。方々で評価が高く値段も手頃だったので、5年目を迎えた“K-r”の更新にはちょうどよいかと思った次第です。
ただし、未だに買っただけ……箱から出てくるのは、もうしばらく先になりそうです。

滞留する週末の話

今年は紅葉の色合いが今ひとつ冴えないと、風のうわさに聞いていたのですが、豈図らんや相応に色づいた木々を名古屋の街角で見掛けたこの週末。

金曜は所用で名古屋まで赴き、行き掛けの駄賃にと最近好評な映画「この世界の片隅に」も鑑賞してきました。
論評諸々は筆上手な方々の名文が山とあるので、今更何もないのですが……今年は映画の当たり年ですね。

所用も映画も済ませたら、土日は毎年恒例と化してる晩秋の木こり作業のため、今年も静岡の親の実家に出頭です。
とは言っても、土曜日は残念なことに生憎の雨模様。
庭木の伐採ごときで雨天決行の気合など持ち合わせていないので、実家でゴロゴロとこたつに入りながら読書でもして優雅に過ごすことになりました。
読書はそのまま、ちょっと早めから酒飲みの夕飯に移行……。熱燗とこたつでのんびりとやり、途中からBSで放送していた「獄門島」をみながら寝落ちまで過ごしました。
ちなみに酒の場での目下の話題の中心は昨年、J2に降格してしまった清水エスパルス。
今シーズン序盤こそ、酷い言われようでしたが終盤に差し掛かって奇跡の快進撃を見せ、気付いたらJ1復帰できそうな気配なのだとか。
無事、日曜の試合で昇格を確定させて、今年の冬は良いタダ酒にありつけるかもしれません。


一転して晴れとなった日曜日は、朝から軽めに木々の伐採作業です。
帰路が控えているので、土曜日の場合ほど盛大な伐採はできませんでしたが、それでも枝をいくつか切り払って任務完了。
短く揃えた木々はおいおい私がキャンプで使う薪になる予定です。

そして昼下がりを迎えたらそのまま帰路へ。
北海道でも時期尚早の雪が降ったとニュースでも見ましたが、富士山もまた太平洋側から見るにしては珍しく、均等に整った雪化粧していたのが少し印象的でした。


斯様な次第でカメラも持たず、大人しくしていたこの週末。
週明けから、また色々とお出かけ案件もあるそうなので……忙しい日々が始まりそうです。

働く休日の書き置き

強烈な台風が沖縄に近づいていると聞く10月初頭の月曜日。
今年は本当に台風が多いですね。

世間ではノーベル賞の話題なんかも盛り上がっていますが……医学は門外漢なので、解説記事が出揃うまではなんのこっちゃとしか言いようがない話題みたいです。

それはそれとして、先の週末はついに恐れていた土日両日出勤の悪夢に見舞われてしまいました。
多く書き残すこともありませんが、やはり曜日感覚も時間間隔も狂い、疲れもたまるので百害あって一利なしです。
もちろん、ただでは起きない性分なので、合間を縫って土曜の夜は東京まで駆け出し、大学院の同期と飲みに行ったりしましたが……。
今週もその流れのまま平常運転。強く行きていきましょう。

関西出張と都内巡礼

懸案事項の第一がクリアされたことで、急激に気分が軽くなっているこの週末。
別段、如何な状況であろうと週末になれば外に出るのが人情なのですが……今週末は所用も兼ねて、少しだけ関西へ。

金曜日の夜から友人らと大阪界隈で飲み会をして、そのまま一泊。
土曜日はそのまま友人とラーメン屋で昼食を摂ってから別れて、長岡京市に向かいました。

諸般の事情でカメラ無しの観光ですが、駅前で自転車を借りてぶらりと乙訓郡めぐり。秋の好天に恵まれて、久しぶりのサイクリングを満喫です。
手始めには駅の裏手の神足神社から。
2016_09@関西と東京017 2016_09@関西と東京018
式内社だそうで桓武天皇の御代の伝承があるとかなんとか。周辺は更に遡る古い遺跡もあるそうです。

続いて向かったのは駅の北側から更に阪急線を越えた先、花と池で名高き長岡天満宮です。
2016_09@関西と東京027 2016_09@関西と東京032
今の季節はちょうど中間期なのか、花はあまり見受けられませんでしたが、それでも緑の木々が目麗しく居心地の良い境内。
休息スペースも多く、天気の良い日にふらりとのんびりするには良い雰囲気を感じました。

3社目に訪れたのは、こちらも式内の走田神社。長岡天満宮から更に平野の端を越えて丘に上がった先にあります。
2016_09@関西と東京051 2016_09@関西と東京053
由緒書き曰く、その名の由来は走り穂、すなわち初穂を作る田を意味するのだとか。
つまりどういうことなのか……今ひとつわかりかねますが、つまるところ田の守護神なのでしょう。
鳥居の向こう、参道の途中に榊を吊るしたしめ縄があるのが印象的でした。
この縄、後で調べたところ米の出来か何かを占うのに用いたものだとか。さらに調べると“勧請縄”と呼んで、京都奈良では古くから集落や神域の入り口に結界として注連縄を張る文化があったのだとか。2年住んでたはずなのに、全く知らなかった風習があるのですから、民俗は奥が深いですね。

走田神社まで巡った後は待ち合わせがあったので、来た道を下って電車に乗り込み京都駅へ。
フォロワーのぼややん氏と京都駅前で飲んでから、最終少し前の新幹線に飛び乗って関東へと帰りました。


一転して、この日曜日は関東で体勢を整える日。
午前中は散髪などして過ごしてから、昼より東京へ移動して「君の名は。」のスタンプラリーを消化です。
東京駅と四ツ谷駅を列車移動で確保したら、残りの信濃町、千駄木、代々木、新宿は徒歩移動で攻略します。
なんやかやで列車で通過することは数あれど、用事がない地域など滅多なことでは近づく機会もない界隈です。
下手をすれば前日の長岡京より目印となるポイントのない領域、少々不安なところはありましたが……そこはまぁ、何やかやでも知ってる地名が多数ある場所。行ってみれば案外できるものですね。
作中の都会生活の片鱗を垣間見るようで、羨ましく思いながらの東京散歩となりました。
2016_09@関西と東京069 2016_09@関西と東京070
道中ではキービジュアルや作中での重要なシーンに登場した四谷の須賀神社にも参拝。ファンがわらわらと居て、揃って同じ方向を撮影していたのは……自分もその一部だったとはいえ、苦笑を禁じ得ない光景ではありました。

ずいっと新宿まで巡ったら、最後に山手線で上野に向かい、フォロワーさんが出展してるという美術展を鑑賞して帰路へつきました。


さぁ……勉強しましょうね。

««  | ホーム |  »»

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad