月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


週末酒精はまだ続く

先週に引き続き、首都圏に大人しく篭って忘年会が続く今週末。
驚くべきほどの寒さで、遠出する気概も挫かれる……なんて説もありますが、両方正解です。

土曜日は日中に資格の試験があったため、最初から遠出する選択肢などありません。
そのまま試験終わりの足で都下のある街へ向かい、1年強ぶりに中学の同級生連中と合流しての忘年会となりました。
忘年会と言っても、アラサーの悲哀は仕事による遅刻や体調不良による禁酒に集積され、実際に酒を飲んでいるのは私くらいなものですから、また世話ない話です。
半月クラスタや大学の友人連中は健康でタフな生き物だったのだと、妙に関心してしまいます。
そうは言っても久しぶりの再会とあれば、積もる話もあるもの。ぐだぐだと終電に近い時間までお茶でもしながら過ごして土曜の夜を流していきました。


翌日は昼過ぎまで実家で過ごしてから活動を開始し、例に漏れず新宿方面へ向かいます。
小学校時代の友人の“えめろん”、“番長”と合流して、まだまだ陽も高い14時過ぎから忘年会となりました。
新宿といえどこの時間帯では驚くほどに選択肢の少ないのが悩みモノ。なんとか見つけた場末の焼き鳥屋さんで、しばらくビールを舐めていましたが、結局は新宿から遠くない番長邸に河岸を変えて、続きの飲み会といたしました。

久しぶりにテレビでも眺めながら、のんびりと宅飲み。この間も宅飲みしたような気がしますが、やはり気楽ですね。
仕事の都合等もあるので夕方にはお開きにする予定だったのですが、気付けば終電を気にする時間になっていたのも仕方のないことでしょう。


帰路についてみれば、日付が変わる前に家に戻れただけでも御の字なタイミング。
だいぶ肝臓に過酷な週末でしたし、平日は大人しくしたい所存ですね。

高濃度の忘年行脚

強烈な寒波が襲い来たった12月半ばの週末。
空は突き抜けるほどの快晴で、正しく文句なしの冬晴れでした。
2017年も残すところ2週間と少しです。
「あっと言う間の――」と言いたいところですが、1年の半分以上を外泊で過ごしてしまった今年は、年明けの会津旅行も遥か昔の出来事かのように錯覚してしまう充実ぶりです。

年末までに更にもう一声、何かお出かけを仕込みたいところですが……当座の週末は忘年会に勤しむのが年の瀬の有り様ですね。

そういう次第もあって、土曜は夕方からの約束に備えて昼前から都内方面へ進出。時間調整代わりに山手線の北側の辺りを探索です。
decphoto(7).jpg decphoto(17).jpg
初めて訪れる巣鴨駅から、とげぬき地蔵尊の前を抜けて都電に乗り込み大塚駅へ。
天祖神社で御朱印を頂戴したら、雑司ヶ谷方面に南下して大鳥神社でも御朱印を頂きます。
折角の好天ですし――と、最近入手した単焦点レンズをカメラに付けて持ってきたのですが、案外に出番が無かったのはご愛嬌でしょう。
巣鴨の商店街くらいならいざ知らず、流石に普通の住宅街で大きなカメラを振り回すのは気が引けてしまいました。
都会の中をふらつくときには、手軽なポケットサイズのカメラが欲しくなりますね。
decphoto(22).jpg decphoto(25).jpg
閑話休題。
神社巡りに満足したら、新宿から小田急に乗ってフォロワーの朔さんの邸宅がある駅へ。
駅前で半月クラスタの面々と合流したら、鍋の買い出しをして毎冬恒例の“朔邸鍋”で忘年会です。

この日の鍋は奮発してすき焼きに。良いお酒もちゃんと買い込んで「三者三葉」や「ふらいんぐうぃっち」を上映しながら、ぐだぐだと往年のノリのままに過ごします。
学生時代はいつでもやっていた誰かの家での宅飲みも、気付けばこの朔邸鍋くらいしか機会がない状況。
気楽で割安で好きなのですが、家主の負担やら、そもそもの交通の便やらを考える年齢になってしまうと、ままならないものです。
もっとも、最終的にはアニメを見ながら奇声を上げているうちに寝落ちしてしまったので、これもまた年に何度もやるような話ではないのかもしれません。

翌朝は若干お酒が残っているものの、何とか朝ごはんが食べれる程度の体調で起床。朔邸でニチアサを見てから、駅前のカフェでモーニングコーヒーを嗜みます。
昨日の惨状の反省に、不毛なアニメ談義に、今後の飲み会や旅行の予定――などなど、普段からツイッターで話してる気もしますが、顔を合わせればまた積もる話があるものですから、面白いものです。
結局、2時間くらい雑談をして過ごしてから、次の約束に向けて半月クラスタに別れを告げて都内に戻ることになりました。


次の約束とは言っても、内容は何の事はない映画鑑賞。
「ガルパン最終章」が公開になったので、高校の友人と無理くり予定を擦り合わせて観に行ってきました。
非常に良いアニメ、まだネタバレは憚られるタイミングですが、もう一度観に行きたい迫力を久しぶりに味わいました。

映画を見たら早々に高校の友人と別れて、今度は大学の友人連中と合流です。
大阪で働いていた元下宿生がつい先日に関東へ戻ってきたということで、関東復帰祝(?)も兼ねて久々のアル中4人揃いで飲み会の流れです。
元寮生の最寄り駅ということで東中野の駅周辺に集合したら、16時頃からお店を探し始め、昼飲みができるラーメン屋を皮切りに都合3件のハシゴ酒。
益体のない話しのまま終電近くまで飲み散らかして、ちゃんと内房まで帰宅できただけでも褒められるべき長丁場です。
日曜日の自制心がなければ、そのまま電信柱毎にジャンケンをしながらお酒を飲んで、記憶をなくして誰かの家で目覚めるパターンだったことでしょう。
また4人揃って関東になりましたし、そのうちやらかしかねない気もしますが……。


斯様な次第で、飲んだり肝臓をいじめたりしてるうちに終わってしまった土日。
懐古の目で物事を捉えてしまう辺りに年齢を感じて辛くなりますが、昔と変わらない頭の悪さを楽しんでしまっては仕方のないことですよね。
こういう機会は大事にしていきたいとこですが、あまり頻繁でも身が持たないと感じるのが、これまた辛いです。

それはそれとして、平日は気楽な週末と打って変わって職場関連の忘年会が続く日々。無事に週末を迎えることができるのか……肝臓に良さそうなものを食べて備えなくてはいけません。
ご安全に、です。

使途不明品と年末進行

気がついたら年末進行、先立つものが求められる年末進行、月も師走に変わって年末進行。
出張の回数が減って手当も減少し、冬賞与との狭間に手元資金が覚束ない状況に陥った12月最初の週末。

土曜日は、前日から“絶対に早起きしない”と心に決めて、軽く晩酌をし布団に潜り込んで就寝下にもかかわらず、目覚めて時計を見れば平日の起床と同じ時間帯。
無慈悲な社畜本能につらい気持ちにになりながらも、意地で二度寝を決め込み再び布団から這い出しのは、空腹に堪えきれなくなった11時過ぎのことでした。
起床後はゆるゆると準備を初めて、正午過ぎたくらいからようやく行動開始です。

外は冬晴れの青空に、少し色あせた紅葉が映える、まさに晩秋と初冬の光景。お出かけが捗る空気なのですが、残念ながら向かう先は旅行ではなく多摩と川崎の境界が入り組んだ丘陵地帯。
先日、フォロワーのぼややん氏から譲り受けたシグマ製のレンズに、私の使用しているK-70へ装着すると本体に干渉してしまう不具合があるのだとか。
不具合自体は去年には既に発覚していたようで、無償改修をしてくれるのだそうですが、ぼややん氏は無関係だったため受け取った段階では未改修の状態。郵送でも改修依頼は可能だったのですが、ちょうど良い機会なのでシグマ本社の受付窓口に物見遊山してきました。

シグマの本社は小田急多摩線の黒川駅から歩いて10分ほどの工業団地の一角です。住所的には川崎市麻生区に当たるのですが、政令市の期待に反して駅前はコンビニ一つ無い殺風景極まる有様。多摩線の近代的な駅舎の前は未開発の更地が広がり、周囲は雑木林が見頃な風に色付いてます。
駅から工業団地への道のりも起伏やカーブが多く、先が見通せない地形。単純な道順なので迷うことこそないでしょうが、どことなく不安になる雰囲気です。
そういえば多摩の辺りってそういう所多いよな……となんとなく自転車で走り回っていた頃を思い出しながら歩けば、10分ほどで到着です。
土曜日なので最低限の店番要員しかいない受付。要件は明快なので、さっさと預けてしまえるかと思っていたのですが、案に相違して打ち合わせ室に通されてしまいます。
お茶まで出してもらって、こちらが恐縮するような丁寧な対応で一通りの必要書類を記入したら、ようやく依頼完了です。手土産にレンズクロスまで貰ってしまい、本当に一銭も払わなくて良かったのだろうかと、狐につままれたような気持ちでシグマを後にすることになりました。
修理受付といえど、一応は企業の本社、軽い気持ちで行くと対応に驚かされてしまいますね……。

レンズの件が済んだ後は、実家を経由して隣街でフォロワーのミフィさんと久しぶりの忘年会。数年ぶりの再会でしょうか、ツイッターではマメに見掛けているのですが、改めて飲むまでには随分と期間が空いてしまい、積もる話でも片付けながらの楽しい時間となりました。


一転して日曜日は両親に捕捉されてしまい、1年ぶりに実家の大掃除に参加です。
外は土曜に続いて好転、多摩丘陵の色付いた山並みが小旅行に誘っているような気分なのですが、年末に借用予定の機材もあるので選択権は無かった次第です。
一年経って使わなかったガラクタ類の箱にメスを入れ、古のパンフレット類やなんで買ったのかも忘れた使わぬ雑貨類を廃棄していきました。
いずれやらねば、無限に空間を埋めていくのはわかっていますが、それでも大学時代に旅先で貰ったパンフレット類は、いざ捨てるとなると寂しいものがあります。
内容チェックも兼ねて眺めてみれば、当時は「滅多に来れるところじゃない」と思いながら収集した土地のなかにも、後年には何度も通り掛かることになった場所が多々見受けられます。
遠い地だと思っていた場所のありがたみが失われていくのは、自分の行動圏が少しずつでも広がっていることの証左のようで嬉しい半面、捨ててしまえば次に思い返す機会が一つ失われるのかと思うと、やはり惜しいようにも感じられます。
また、あの頃は遠出ができない分、ARIAの薫陶も色濃く近場と日常の面白みを追いかけていたことも思い出されます。
昨今は遠出に力を入れてましたが、原点回帰。少し地元や近隣の季節の移り変わりにも、注目し直して生きたいかなと感じる大掃除になりました。


そうこう色々ありますが、なにはさておいても年末進行。忘年会がたくさんあるシーズンが始まりますね。
遠出はしたくてもできない日々が続きそうです。

厄日と台風

出張から帰還し、特段に何もないまま過ごした一週間。「自宅生活」が久しぶり過ぎて不思議な気持ちになってしまいます。
掃除も料理も全部自分でやらなければならないのは半年ぶりの経験、慣れるまで……しばらく掛かりそうです。


それはそれとして、二週続けて台風との対決を強いられるように迎えたこの週末。
色々と疲れもたまったので、久しぶりに理不尽な休暇が欲しいところです。
茨城出張の頃に出入りしていた飲み屋さんに、一ヶ月ぶりに行こうと、半休取得でプレミアムフライデーに望みました。

ところが世の中、星の巡りが悪いのか、昨今の天気運の反動か、切符を買って列車に乗り込みいざ飲み屋へと向かってみると臨時休業のお知らせです。
目的地がICカード非対応のため、予め紙の切符を買ってしまったのが運の尽き。行き先を失ったものの引き返すこともままならない状況。どこかへ行くしかないのですから、仕方ないと言いつつ進路を都内へ向けて秋葉原で下車します。
特段に目的もないまま降り立っても、当然行き先などないのが現実。仕方ないので、新宿方面へと気の向くままに夕方の都心を散策します。
御茶ノ水の楽器街から水道橋のドームシティーを抜けて、市ヶ谷では慰霊祭の準備に勤しむ防衛省を横目にひたすら西へ。片手間でこの夜の飲み相手を探しながら新宿に行き着き、しばらく時間を調整して"元寮生"と飲む流れになり、この夜を無事に終えることができました。

新宿まで来てしまえば、そのまま実家に帰るのが賢い行動なのですが、この晩は残念ながら内房に帰る前提で家を出てしまった状態。特段に困ることもないのですが、台風が来ると言いつつ洗濯物を干しっぱなしでは、流石に洒落にならないので再び千葉に戻りました。


前日の飲み屋空振りから、一夜明けて曇天が空を覆い何ともなしに気が重い土曜日。
天気予報も全国的に冴えないので、起き抜けてのんびりと朝ごはんを食べたら、東大柏キャンパスの一般公開でも見学に行こうと内房線に乗ったところまでは順調でした。
問題もなく乗り継いで船橋の辺りまで来たところで、気付いてはいけないことに気づいてしまいます。普段であれば後ろポケットにしまってある家の鍵が、どうにも今日に限って見当たりません。
おぼろげな記憶を辿れば、どうにも忘れ物を取るために玄関に鍵を刺したまま部屋に戻ったのが運の尽きとしか思えない状況です。
部屋に鍵を置きっぱなしであれば、慌てることもないのでしょうが、流石に玄関に挿しっぱなしは冗談にもなりません。
苦渋の決断ですが、引き返すより他に選択肢は無いと言い切れます。
片道1時間半の道のり、戻ればもう一般公開にも行けませんし土曜日の日中全部が溶けると言っても過言ではタイミングです。ツイてないタイミングというのは、とことん悪事とうっかりが重なるものです。
己の迂闊さを呪いながらも、泣く泣く引き返して鍵を回収し、都内に戻ってきたのは既に17路を過ぎた頃合いでありました。

ハロウィンと雨で混み合う渋谷にて下車し久しぶりにCDを借りたら、アメリカ出張のお土産を渡すため数カ月ぶりに実家へ。
途中、中学時代の友人と落ち合って一杯引っ掛けてから、実家に帰って土曜の夜も終わりました。


そういう次第で雨のひどい日曜日は、特段に何するでもなく実家でのんべんだらりと過ごして、内房へ。
一ヶ月ぶりにどこか遠くへ行きたいなどと考えていたはずでしたが……気付けば雨と不運に見舞われて、近場のイベントすらままならないままに過ぎてしまいました。

愚痴っぽくなってしまうのでしょうが……こんな日もあるということでしょう。
来週こそは遠くに行きたいものです。

帰国と台風

唐突に始まった出張は、終わりも唐突です。
なんだか気付いたら帰れることになり、土曜日に北太平洋をアラスカからアリューシャン列島と千島列島を沿うように飛んで、日本に帰ってきました。

シカゴからビジネスクラスで12時間の空の旅。広々とした座席空間に、大画面のモニターと豪華な機内食、何くれとなくサービスが提供される優遇ぶり……恐ろしいほどの贅沢を味わってしまい、分不相応の落ち着かない気分でした。

日本に帰ってきたのは土曜日の21時を過ぎた頃。何をする事もできない時間ですから、大人しく内房の自宅へと引っ込むことしかできませんでした。
日曜日も引き続き、台風の影響で自重推奨な状況ですが、帰国したらやっておきたい事の山があります。
ひとまずは雨のなか投票を済ませに行き、その足で電車に乗り込み千葉市街まで先週公開の映画「Fate/stay night Heaven's Feel」の第一部を観に行きました。
Fateシリーズの知識はufotable版アニメ程度と浅い部類ですが、それでも私が高校生の頃から騒がれていた物語。アニメも面白かったので、重い話だろうとわかっていても見てみたかった次第です。
3部作だそうですが、序盤から次々と脱落するサーヴァントに緊迫感のある展開の連続。多少、関連作品を知ってること前提の展開に置いてかれる場面もありましたが……物語を知らない分、手に汗握ってマジマジと観ることができました。
難しいアニメを真面目に観るのは久しぶりの経験、たまには良いですね。

映画の後は散髪して本屋で買い物をして帰宅。
溜まったマンガの消化と2週間強の荷物の解体をしていたら、この時間になってしまいました。


この帰国で、当面は出張のない生活に復帰できる……はず。来週あたりは久しぶりに国内の遠出がしたい気分です。

««  | ホーム |  »»

カレンダー

« | 2018-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad