FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


週末の西国迷走帰路

お馴染み、連休を塗りつぶす出張案件も無事に終わりを告げた土曜の朝。
見事に寝坊して、起きたら宿のチェックアウトぎりぎりな時間。慌てて荷物をまとめたら、来た列車に乗り込んで山口県とおさらばです。

もちろん、そのまま関東に帰る気など毛頭ないので途中下車先を適当に選定して山陽新幹線のきっぷを確保したら、いよいよ初夏らしい週末が始まります。
今回、目に止まったのは岡山県の倉敷。かの美観地区で名高い街ですが、実は今まで行ったことが無かったことに気付いてしまいました。
この機会です、寄り道先としては持って来いですよね。

新倉敷から山陽本線で少しばかり行けば、美観地区のある倉敷駅に到着です。
駅から10分ほど、街中を歩けば建物に歴史的な古めかしさが漂い始めて、目的の界隈に着いたことを教えてくれました。
IMGP4696_20170508223533a3d.jpg IMGP4700_2017050822353581e.jpg
白い漆喰の壁と黒ずんだ木造部の引き締まったモノトーンが美しい光景です。これで晴れていれば文句はなかったのですが……。
天気ばかりは詮無きもの、ひとまず案内地図を確認し、街のすぐ脇にある阿智神社へと向かうことにしました。
曰く、古来この一帯は内海であり神社のある小高い丘こそが、当時は島として航路の目印となり入植民にも神聖視されたのだとかなんとか。
“阿智”の地名の方が由緒は古く、倉敷の地名は町が形作られ、蔵が立ち並ぶようになってからの呼称なのだそうです。
爾来、隆起と堆積により倉敷の町が規模を増す中、この一帯を見守る鎮護として、また参道から町並みを一望できる景勝地として今も参拝客が絶えない神社となっています。
IMGP4714_201705082235360d5.jpg IMGP4733.jpg
丘をまわり込むように裏参道から入り込んで、阿智神社に参拝。久しぶりに御朱印も頂きました。
境内地は立派の一言。本殿の裏からは丘一帯に連なる鎮守の森や、そこかしこに紛れる岩座群があり、本殿の前側は文明的な木造の大灯籠に能舞台。多様な文物の配置に信仰の篤さと歴史の深さが伺えます。
IMGP4731.jpg IMGP4736.jpg
特に絵馬殿は町を見下ろす絶好のロケーション。休憩用の椅子もあり、歩き疲れた観光客や寛ぎに来た地元民もいて程よい賑わいを感じさせます。
観光地らしい明るさと歴史の奥深さを兼ね備えた神社でありました。

神社の参拝を満喫したら、町並みを見下ろす石段を伝って美観地区へ戻りましょう。
IMGP4752.jpg IMGP4759_201705082250543c2.jpg
かの有名な水路からは少し距離がありますが、神社の下の界隈も古い門前町の風情があり趣深いです。
ここからは町並みを適当に散策。酒屋さんで試飲したり、地ビールを飲んだりしながらふらりふらりと水路方面を目指します。
IMGP4787.jpg IMGP4793.jpg
道中、倉敷紡績の記念館や倉敷考古館を見学。
倉敷紡績の方は名前の通り、クラボウの歴史と町の発展を絡めて紹介する企業博物館。工場や付随する設備の発展や、往年の書類などを見ることができ興味深かったです。
一方の考古館は水路際にある建物自体が古風で魅惑的な考古博物館。岡山県下で発掘された縄文から平安期の遺物が展示されていました。
小さく古風な博物館であり解説などは控えめでしたが、なかなか見ることのない発掘ままの銅矛なども置かれていて、こちらも面白い資料館でありました。

そうこうしているうちに、観光写真などでもよく見かける水路に到着。
IMGP4813.jpg IMGP4825.jpg
この日はGWの終盤ということもあり、何やら催し物が行われていたようで、花嫁姿の方が船で周囲をぐるりと巡っていました。
周囲には観光客が鈴なり、風情と言うには賑やかすぎますが、それでも新緑の並木と水路の取り合わせは実に良い景色です。
新幹線の時間の都合もあったので、花嫁船見物も途中で切り上げざるを得ませんでしたが……後ろ髪引かれる思い。
狭いからすぐ見終わるなどと噂に聞いていたのですが、とんでもない。とても半日では見て回りきれず、もう一度来なければと心に誓って、倉敷の町を後にすることになりました。


斯様な次第で岡山から再び新幹線に乗り、次に降りたのは新大阪駅。地下鉄に乗り換えて新世界に向かい、友人の元下宿生やその友人連中と合流です。
特に何がある訳でもないですが、串カツ屋で飲み会などしながら過ごして大阪の夜を更けさせました。

明けて日曜日は連休最終日ですが、私にとっては普通の日曜日。
朝食を食べたら、そのまま帰るのはまだ足りないので奈良へ向かいます。
IMGP4840.jpg IMGP4850.jpg
天気が良かったので、そのまま若草山に登頂。実は表側から若草山に登ったのは初めて。
以前に裏側のドライブウェイから山頂に回ったことはあるのですが、一重目の芝生にきたことはありませんでした。
こんなに景色が良いと知っていれば、もう少し早く来ても良かったかもしれません。

若草山でこの日もビールを飲んだりして過ごしたら、下山して昼から日本酒バーでちょい飲みし、いよいよもって関東へ。
京都から新幹線に乗ったものの、考えるまでもなく席は満席。しかたなしに東京駅まで立ち続けて、内房へと到りました。


そういう次第で、連休明けのダメージが少ないこの週明け。
振替休日のストックがたくさんあるので、使わないといけません。遠くに行きたいですよね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad