月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


清らかなる水辺の週末

今年も初夏の陽気とともに月が変わって大型連休の華やぐ4月末と5月頭が到来です。
去年に続いて、出張案件やら諸々の事情が重なり見事に消し飛ぶ予定ではありますが……それでもどうにか間隙をついて引き寄せた休日くらいはフル活用したいところ。
土曜日こそ、社用で流れましたが日曜と月曜は頑張って楽しみます。


手始めに4月最終日の30日(日)は10年来の念願叶ってARIAのイベントに参加です。
学生時代のコンサートイベから始まり、先年の10周年コンサートや劇場版の舞台挨拶まで……種々の用事から抽選漏れまで、多種多様な理由が重なって参加できなかったARIA関連のイベント群、ついにようやく参加できる日がやってきた次第です。
チケットを配分してくれた朔・ヘク猫コンビにはいくら感謝しても足りないことでしょう。

そんな訳で、この日曜日は昼から新橋に件の2人と合流し、竹芝の会場にてイベント参加です。
初めて聞くショーロ・クラブの生演奏は言葉にならない感激だったという他ないです。
ARIAの声優陣による朗読劇もARIAの世界そのまま。無いはずの映像が自然と頭に思い浮かぶような一時は、声優の技量と待ち望んだ世界の再来に深く感じ入る事ができる時間となりました。
余韻に浸ったまま、夜の部にも出席する2人を待って、初めての東京タワーで時間つぶしをしつつ再合流して一杯。
幸せな一時の情報交換をしながら過ごす最高に楽しい一夜を味わって、終電まで粘りながら実家へと帰りました。


斯様な素晴らしきイベントを味わった翌日の月曜日は、会社カレンダーではメーデーとなる月曜日。
実際には出張異動日に指定され、中国地方は山口県まで出張らなければ行けないのですが、ただ行くだけでは面白くないというもの。
少しくらいの寄り道は約得ですよね?

新幹線を新岩国駅で降りて、乗り換え連絡通路少し歩けば、錦川鉄道の清流新岩国駅に至ります。
特に他意はないですが、初夏の陽気と清流沿いに走るローカル線、最高の組み合わせだと思ったら居てもたっても居られなくなってしまいました。
IMGP4558[1] IMGP4573[1]
清流新岩国駅からして、新幹線停車駅に隣接するとは思えない風格ながら、そこから列車に乗り込めば期待通りの光景が広がります。
陽光が新緑を照らし出す渓谷、川底が透けて見えるほど澄んだ水、どうやって開削したのかも不思議なほどの急斜面に貼り付く鉄路――思い描く清流のローカル線です。

夢に観るが如き光景を目の当たりにしながら小一時間ほど揺られれば、終点の錦町駅に到着。
この錦川鉄道清流線はかつて、国鉄の岩日線と呼ばれたそうで、全線開通することもないままに廃止の憂き目にあって今に至るのだとか。
IMGP4588[1] IMGP4597[1]
今も錦町駅から線路の終わりを見やれば、いつでも引き伸ばせるかのように道が続いており、未成線のままにあるトンネルも遺っているのだとWikipediaには載っています。
そんな線路の果ての田舎町、一足早い夏の訪れを感じさせる雰囲気を味わいながら、折り返しの電車が動き出すまでしばしの散策です。

曲になりにもローカル線の最果て。お世辞にも活気があるとは言えずとも、かつて街があったことは確信できる風情がそこにはあります。
少しばかり歩けば地酒の酒蔵にも遭遇。おみやげに一本とも思ったのですが、直売所があるのか確信が持てなかったのが難点でしょうか。
IMGP4610[1] IMGP4613[1]
さらに少し行けば、八幡宮もあります。
初夏の神社というシチュエーション、なにがどうと前提があるわけではないのですが……不思議と何か物語が始まりそうなワクワク感がありますよね。
巫女さんはおろか、神職さんも見当たらなかったのですが、誰もいない境内もそれはそれで趣あるというもの。
寂れた遊具や、戦前の絵馬も見受けられ、古くは歴史と活気に満ちた神社であったことを感じさせます。
願わくば、また再びの賑わいを――とも思いますが、やはり、こう……エロゲとかラノベのプロローグを感じさせてしまうので、もう少し年相応の健全な精神を取り戻したいです。
IMGP4619[1] IMGP4637[1]
斯様な次第で30分強ほどほっつき歩いて、折り返しの列車に乗るため駅へと戻ります。
チェーン店のない古典的な商店街、意外と「時代に取り残された」と形容されるような昭和の街並みも、今の“ファスト風土”的風景と五十歩百歩な全国変わらぬ光景な気がする今日この頃ですが、それで「もかつての日本ではありふれた光景」というやつでしょうか。
平成の都市郊外育ちの私としては、新鮮で特殊な風景に変わりなく興味深くあることが出来ました。

この後は折り返しの列車で岩国に至り、山陽本線で出張先へ。


短い連休は終わりを告げて、休出週間の始まりです……がんばるぞい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad