FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


南総野営徒然

秋も深まり、木々によっては徐々に色づき始めた10月末の週末。
絵に描いたような秋空が気持ち良い……と、旅情が募る平日から一転して、どうにもどんより曇り空となってしまった土日ですが、それでも寒い時期には寒い時期の遊びがしたいなと思う次第。
昨冬から買い集め始めた“ゆるキャン”なるマンガに誘われて、防寒を整えてまたキャンプに行きました。


出発は内房から友人の合流を待って、実家から拝借した車を転がし南の方へ。
向かったのは南房総市の富浦町、大房岬の自然公園です。

大房岬は館山のすぐ北に位置する起伏の大きな岬、南側の洲崎から大きく弧を描いて館山湾を形作る東京湾の要衝です。
かつては陸軍の東京湾要塞の一部に組み込まれ、地図からも存在が消されたとか。今も往時の要塞遺構が残っているのですが、その海上に切り立った岩場と洞窟の織りなす風情は、遺構を抜きにしても「天然の要塞」という言葉を想起させるものがあります。
IMGP3153.jpg IMGP3167_20161031205932ae5.jpg
そんな岬の一帯も、今は風光明媚で自然豊かな公園に。“自然の家”やキャンプ場もあり、家族連れが自然と触れ合うにはもってこいの場所になっています。
また遺構の一部、探照灯の格納庫などは今でも見学することができるので、歴史好きとしても興味深い代物でしょう。
IMGP3179.jpg IMGP3193.jpg
一転して、海辺によれば館山湾を一望することもできます。洲の崎も目と鼻の先に見え、天気の良い夜など星空もさぞ綺麗なことでしょう。
この日はまた、海保の大型巡視船「あきつしま」が館山に寄港していたようで、その勇姿を遠望ながら拝めることもできました。
そんな訳で、僻遠ながらも比較的整備された公園地で、寒い時期のキャンプを練習です。
到着早々の公園探索を終えたら、キャンプ地に戻り粛々と食料の生産に励みます。
具体的にはカマドに火を起こして、鍋で野菜を煮込んでシチューづくり。
IMGP3205.jpg IMGP3220_201610312113287c2.jpg
出来上がった頃にはすっかり周囲に夜の帳が下りていましたが、涼しい秋の夜に美味しそうな夕飯ができました。
残り火は焚き火台に移して、もう一回盛大に炊き上げ、熱燗や焼き物の熱源に。
もうこの時期なら空いているだろうと思っていましたが、意外と人出のあったキャンプ場の片隅。家族連れの賑やかな声を背に、野郎2人でのんびりと火遊びしながら酒を飲む夜を過ごしました。


明け方の雨にだいぶやられながらも、起きた頃には幸いに天候が回復した翌日曜日。
強風に難儀しながらも朝食を拵えて、キャンプ場をチェックアウトしたら、せっかくここまで来たのだからと南房総観光です。
前日の買い出し時に目について気になっていた“崖の観音”なるお寺に行ってみることにしました。
IMGP3234.jpgIMGP3246.jpg
崖の観音は文字通り崖にある観音。投入堂を近代化したようなお堂には崖に掘り込まれた観音様が安置されています。
一帯、いつ誰がこのようなものを作り上げたのか、由緒書を見てもWikipediaを見ても今ひとつ判然としないのですが、唯一わかるのは江戸時代にはこのお寺があったらしいということ。
相応に由緒あるお寺なのでしょう。
崖の観音堂からは那古船形の港町が一望できます。
IMGP3254.jpg IMGP3257_201610312122592f2.jpg
隣接する諏訪神社も崖を彫り込んだような形跡があり、きっと江戸時代には神仏混淆してたのかなと想像させられます。
綺麗に掘り込まれた様は鋸山一帯の石切場も思い出す風情ですが……わからないものは知りません。


そんなこんなで、この後は軽く洲崎の辺りまでドライブしてから、日帰り湯で一息入れて帰路へ。
出張等々の都合で夜まで居れなかったのが恨めしい限りですが、こればかりはどうしようもない事態です。
晴天にこそ恵まれませんでしたが、総じて涼しい季節のキャンプも存分に満喫した次第。次こそは天気の良いときに! と心に決めて、週末は終りを迎えて……今は一転、出張先で外泊中です。
家で寝てない今日このごろ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad