月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


宴席と奥多摩

秋空にうろこ雲が高く、鍋物が恋しい肌寒さが日に日に日常になってきた今日この頃。
気付けばもうすぐ11月ですよ、あと2ヶ月ばかしで今年も終わりです。光陰矢の如しとは本当に至言です。
毎年、この頃になると紅葉の色付き具合が気になりだすのですが……関東近縁の見頃は11月頃、短いようで秋も意外と長いですよね。


意外と長い秋の真ん中のこの週末、土曜日は朝からスーツを着込んで横浜にお出かけです。
昼前から桜木町に展開し、野毛山側の伊勢山皇大神宮に参拝してから、みなとみらいの三菱重工の技術館を見学して時間調整。
約束の時間に駅前に戻って、友人の結婚式出席のため高校の友人達と合流です。
流石にフォーマルなイベントだけあってか、いつもは遅刻する面々も定刻には全員集合。何年来の快挙でしょうか。
むしろ、いつも通りの遅刻を織り込んだ集合時間が裏目に出てしまい、少しばかり寄り道遠回りを経てさらなる時間調整を加えてから、会場へ向かう流れで宴席は始まりました。

もちろん、結婚式も披露宴も本番は恙無し。式次第も平和裏に済んでしまい「お前らがこんな真人間だとは思わなかった(意訳)」とありがたい感想も貰い、無事に帰路につきました。
高校の忘年会メンツで初めての結婚式。もう一人ばかりは結婚のアテがあるものの、他は梨の礫……そろそろ将来を身につまされる頃合いですが、どうにもなりませんね。


ビシっとキマった式典の日から一転して、日曜日は朝から電車を乗り継いで青梅線の御嶽山駅まで。
ここからケーブルカーの滝本駅まで移動して、行って来たるは数年ぶりの奥多摩は武蔵御嶽神社です。
IMGP2954_20161024213742358.jpg IMGP2959.jpg
秋晴れの空が本当に気持ち良い午前中でした。
山頂側の駅から等高線沿いに続くかのような参道を抜けて、御坊集落の路地を過ぎたら、門前の売店街。
IMGP2962.jpg IMGP2975.jpg
レトロな雰囲気の天空の町を過ぎて、石段を登った先に目的の社は鎮座しています。
IMGP2977.jpg IMGP2983.jpg
まぁ、工事中だったのですが……。ちょうどここでも式年造替の年頃だったようです。こればっかりは致し方なしですね。
武蔵御嶽神社は山岳信仰の霊地、蔵王権現を祀っていた修験道の社です。
一応は式内社の大麻止乃豆天神社に比定されており、由来不詳の櫛真智命が主祭神ですが……本殿裏に祀られた大口真神ことオオカミの神の方が雰囲気はしっくり来るように感じます。

さて、参拝後はそのまま帰っても良かったのですが、それでは全くつまらないので少しばかり山歩きをしましょう。
石段下の脇道から奥宮や近隣の峰へ続く登山道が伸びています。その中の一つに、斜面を下った先、七代の滝を抜けて沢を遡り、御嶽岩石園なる一帯の遊歩道を経由して、綾広の滝から別の登山道を経由して、ぐるりと同じ場所へ戻ってくる周遊コースがあります。
IMGP3026.jpg IMGP3061.jpg
そんな訳で、空はじわじわと雲が増えてきたものの、装備も一応は整えてある次第、軽くトレッキングに行きました。
天狗岩なるおっかないシチュエーションの岩で記念撮影して、岩石園の奇岩群を抜けながら小一時間。
IMGP3082_2016102421571569d.jpg IMGP3090.jpg
岩と清水の合間を縫うように歩いていきますが、存外平坦で子供も多いことに驚かされます。
綾広の滝までくれば、岩石園はもうオシマイ。ここから少しだけ坂を登って、等高線沿いの登山道に戻ったら、後はひたすら神社方面へと歩みを進めます。
IMGP3112.jpg IMGP3129_201610242157199f2.jpg
途中で奥社への参道を見かけましたが、今回は日暮れも近づいてきていたので見送りに。またの機会を伺いましょう。

奥社参道を過ぎたら10分足らずで、神社に戻りこの日の散歩道はゴールとなりました。


この後はケーブルカーとバスを伝って駅まで戻って一旦、実家へ。
車を借りて千葉に戻って……また一週間のお仕事です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad