月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


宇宙と里山の週末

幾週間かぶりの青空な週末に恵まれた首都圏。
天気予報が吉兆を伝えだしたころから、どこか遠出をしようかと思案していたのですが、週末近づいて静岡の友人“えめろん”氏から飲みに行こうと連絡が。
一も二もなく関東近隣に留まることに決し、一転して近場で観光先を選定しながら青空の週末を迎え撃つことになりました。


金曜日は内房に留まり、近くのスーパー銭湯など開拓しつつ、早寝をして迎えた土曜日。
金曜日10月14日が「鉄道の日」だったこともあり、其方此方で鉄道関連の催し物も開催されていたのですが、今回選定したのはつくばで開催されたJAXAの特別公開。
宇宙ロマンと学究的好奇心が行き先を指し示しました。
つくばエクスプレスとシャトルバスを乗り継いで、あれよあれよと雲一つない打ち上げ日和(?)なJAXA筑波へ。
バスを降りれば、早速“宇宙兄弟”で見覚えのある感じの建物とか目に入りますね。
IMGP2749_201610162138250df.jpg IMGP2756.jpg
パンフレットを受け取ったら、早速見学の始まりです。出鼻は出入り口に置いてあるH-IIAさん、職員によるロケット紹介ツアーについて回ります。
本体のハニカム構造や、燃料タンク内の断熱材、エンジンノズルの冷却機構や方向調整機構等々……展示と解説板だけでは窺い知れない事まで教えてもらい、冒頭から勉強になる内容です。

続いていったのは人工衛星等の展示館。原寸大の人工衛星やISSの実験棟“きぼう”の内装を見学できます。
IMGP2759.jpg IMGP2792.jpg
そして一番大好きな研究テーマをポスター形式で紹介するコーナーへ向かいました。
写真を撮ったときは何か講演会が終わったタイミングで、人がいっぱいでしたが……ちょうど訪れたときは、ちょうど人出の谷間のような時間帯。
深いことを考えずにポスターを眺めていると、次から次へと研究者の方から声をかけて頂き、周囲を気にかけずに色々と質問することができました。接客的な意味もあるのでしょうが、物分りの悪い問いかけにも終始にこやかに答えていただき、感謝の限りです。
すっかり学術の世界からは離れてしまいましたが、技術的な話を気兼ねなく聞ける場というのは本当に楽しいものでした。

なんだかんだで、このポスター発表の場でほとんどの時間を消費です。
最後にISSの管制室見学ツアーに参加して、JAXAの公開時間はおしまい。
帰りがけにつくば駅前の日本酒フェア的なイベントで一杯ひっかけてから、内房方面へと足を向けました。

千葉駅でえめろん氏と合流して、一杯飲んでから私の家で一泊。気付けば日曜日になってしまいました。


学術的な土曜日から一転して、日曜日は昼前くらいにゆったりと起床して、何はなくともとりあえずは電車に。
木更津まで行った先で、思いつくように久留里線に乗り換えて、いざ旅の始まりです。
秋晴れの長閑なローカル線に揺られて、ひとまずは終着の久留里駅へ。
久留里は房総半島の内陸部、戦国期に里見氏が支配した久留里城の城下町であり、街道筋の有力都市であったそうです。
今も往時の面影を城址や道筋に遺し、山間部の湧水を活かした酒蔵やカフェで文化の面影を感じさせてくれました。
IMGP2812.jpg IMGP2820.jpg
そんな古いふるい久留里城下の外れに、房総の三大妙見(?)が一つ、久留里神社が鎮座します。
生憎と神職さんは居らず御朱印はもらえませんでしたが、山中の小さな社は静謐な雰囲気を湛えており、良いところでありました。

神社の参拝を終えたら、列車の時間の都合もあったのでお城には向かわず駅へ戻って再度久留里線へ。
とは言っても、来た道を引き返すのではなく更に歩を進めて久留里線の真の終点、上総亀山までの追加乗車です。
IMGP2863.jpg IMGP2873.jpg
日に10本足らずしか列車の来ない、関東屈指のローカル線の終点。
房総と聞いて想起するような海を一切感じさせない、山奥の最果て感ある駅へと行き着きました。
上総亀山駅は千葉県下最大のダム湖、亀山湖の最寄り駅。このような晴天麗日にはハイキングや釣りの名所として名高いそうなのですが、私達が来たのは午後も既に日が傾き始めた頃合い。
行く人はおらず、しかして帰るには早い頃合い。乗り合わせた乗客は大体、同類の鉄道好きといった風情で……なんか少し辛い気持ちになったのはご愛嬌でしょう。

折り返しの列車で久留里駅に戻ったら、駅周辺の酒蔵巡りで時間を潰して少しばかり時間調整。
ここから今秋から運行を開始した“さとやまバス”に乗って養老渓谷駅まで移動します。
久留里線は行ったきりのどん詰まりになっている路線、今までは行ったら戻るしかなかったのですが、このバスの運用開始で一山越えた向こう側、小湊鉄道の駅まで出ることができるようになりました。
折角なので使わない手はないでしょう。
IMGP2901.jpg IMGP2906.jpg
直線距離では10kmも無いはずなのですが、渓谷沿いに少し回り道をして小一時間。風光明媚な道程を堪能して、駅へと至りました。

斯様な次第で養老渓谷駅でフラフラと電車が来るまで鄙びた駅と房総内陸の雰囲気を再び味わい、五井方面の列車を捕まえて帰路へと着きました。
IMGP2919.jpg IMGP2936.jpg
冷房もない気動車で、窓を開けながら車窓を眺めれば黄昏時の秋空は絶景以外の言葉が出てこないほど。
なかなか落ち着いて写真を撮れなかったのが残念な限りです……。

何はさておき、夜の帳が下がりきり赤い満月が黄色くなり始めた頃に五井駅に到着。
えめろん氏と別れたら、日曜日の行程は正しく終わりを迎えました。


遠出こそ成らなかったものの、近隣の土地でもローカルな雰囲気を味わうことができ、思いの外秋空を満喫した今週末。
先週に続いて今週も田舎の旅、空前のマイブームが来たように感じたり無かったり……ですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad