月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


彼岸花の季節

キャンプに台湾にと方々彷徨いた先の連休の後半戦。
土曜日は友人の結婚式ということで、めかし込んで都会に出向き、スッと椅子に座って儀式をやり過ごす一日。
自分なりに愛想よく祝福できたとは思うのですが、まぁ昔から自覚はありましたが……やはり私は改まった儀式の場は苦手ですね。


そこから一点、日曜日。久しぶりの晴れ間が連休の最終日を祝福する朝から、電車に乗って今度は進路を北に向けます。
途中の駅で大学の先輩、kugkugi氏と合流しつつ、電車に揺られて西武秩父線の高麗駅で下車しました。

目的は今が見頃の彼岸花こと曼珠沙華の群生地として名高き巾着田見物です。
以前より噂は時折、大学の先輩などから聞いていたのですが、なかなか都合が合わずに行けずにいた場所でした。今年はついに機会が巡ってきたようで、都合もついたのでカメラ片手にいざ撮影会です!
IMGP1914_20160926232345678.jpg IMGP1925.jpg
駅から混み合った田舎道を少しばかり歩いて、川沿いに巾着田の公園に見学料を払って入れば……いきなり一面の赤い絨毯が出迎えます。
多くを語ることはありませんが、ただ一面の赤が眩しい光景です。
IMGP1933.jpg IMGP1957_20160926232349e92.jpg
彼岸花というと少しジメッとした日陰に陰気に咲く印象ですが、この日は天気も良好。真っ赤な数の威力も相まって、燃えるような陽気を感じる有様でした。
秋口、冬に備える季節ということもあってか、花の上にはトカゲやバッタなどの影もちらほら。
IMGP1992_20160926233225a23.jpg IMGP2008.jpg
ハグロトンボやカマキリは特に印象的な姿を見せてくれました。

ちなみに巾着田の“巾着”の由来はその地形から。川が「Ω」の字型に歪曲した内側に位置するために、その形が口をすぼめた巾着に見えるからだとかなんと。
彼岸花の群落は主にその内側の川岸沿いに広がるのですが、更に内側は元来は田んぼでありました。
もっとも、今はそれも過去の話。この彼岸花の期間中は駐車場だったりイベント会場だったり……一部では馬を飼っていたりもします。
IMGP2017.jpg IMGP2022.jpg
もしくは蕎麦畑もあったりなかったり。彼岸花畑の賑わいからは少し離れた、田舎の風情もありました。

もちろん、この日は大半の時間を彼岸花の方で過ごし、後はイベント広場でお酒でも飲みながら日が傾くまで。
帰りがけに池袋駅近くの中華屋で夕飯を食べてから、内房へと帰る運びとなりました。


そんなこんなで濃厚な連休も終わりを告げ、会社生活が還ってきてしまいます。
出勤早々、今週末の土日出勤を告げられたときは……流石に天を仰がざるを得ませんでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad