月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


関西出張と都内巡礼

懸案事項の第一がクリアされたことで、急激に気分が軽くなっているこの週末。
別段、如何な状況であろうと週末になれば外に出るのが人情なのですが……今週末は所用も兼ねて、少しだけ関西へ。

金曜日の夜から友人らと大阪界隈で飲み会をして、そのまま一泊。
土曜日はそのまま友人とラーメン屋で昼食を摂ってから別れて、長岡京市に向かいました。

諸般の事情でカメラ無しの観光ですが、駅前で自転車を借りてぶらりと乙訓郡めぐり。秋の好天に恵まれて、久しぶりのサイクリングを満喫です。
手始めには駅の裏手の神足神社から。
2016_09@関西と東京017 2016_09@関西と東京018
式内社だそうで桓武天皇の御代の伝承があるとかなんとか。周辺は更に遡る古い遺跡もあるそうです。

続いて向かったのは駅の北側から更に阪急線を越えた先、花と池で名高き長岡天満宮です。
2016_09@関西と東京027 2016_09@関西と東京032
今の季節はちょうど中間期なのか、花はあまり見受けられませんでしたが、それでも緑の木々が目麗しく居心地の良い境内。
休息スペースも多く、天気の良い日にふらりとのんびりするには良い雰囲気を感じました。

3社目に訪れたのは、こちらも式内の走田神社。長岡天満宮から更に平野の端を越えて丘に上がった先にあります。
2016_09@関西と東京051 2016_09@関西と東京053
由緒書き曰く、その名の由来は走り穂、すなわち初穂を作る田を意味するのだとか。
つまりどういうことなのか……今ひとつわかりかねますが、つまるところ田の守護神なのでしょう。
鳥居の向こう、参道の途中に榊を吊るしたしめ縄があるのが印象的でした。
この縄、後で調べたところ米の出来か何かを占うのに用いたものだとか。さらに調べると“勧請縄”と呼んで、京都奈良では古くから集落や神域の入り口に結界として注連縄を張る文化があったのだとか。2年住んでたはずなのに、全く知らなかった風習があるのですから、民俗は奥が深いですね。

走田神社まで巡った後は待ち合わせがあったので、来た道を下って電車に乗り込み京都駅へ。
フォロワーのぼややん氏と京都駅前で飲んでから、最終少し前の新幹線に飛び乗って関東へと帰りました。


一転して、この日曜日は関東で体勢を整える日。
午前中は散髪などして過ごしてから、昼より東京へ移動して「君の名は。」のスタンプラリーを消化です。
東京駅と四ツ谷駅を列車移動で確保したら、残りの信濃町、千駄木、代々木、新宿は徒歩移動で攻略します。
なんやかやで列車で通過することは数あれど、用事がない地域など滅多なことでは近づく機会もない界隈です。
下手をすれば前日の長岡京より目印となるポイントのない領域、少々不安なところはありましたが……そこはまぁ、何やかやでも知ってる地名が多数ある場所。行ってみれば案外できるものですね。
作中の都会生活の片鱗を垣間見るようで、羨ましく思いながらの東京散歩となりました。
2016_09@関西と東京069 2016_09@関西と東京070
道中ではキービジュアルや作中での重要なシーンに登場した四谷の須賀神社にも参拝。ファンがわらわらと居て、揃って同じ方向を撮影していたのは……自分もその一部だったとはいえ、苦笑を禁じ得ない光景ではありました。

ずいっと新宿まで巡ったら、最後に山手線で上野に向かい、フォロワーさんが出展してるという美術展を鑑賞して帰路へつきました。


さぁ……勉強しましょうね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad