月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


筑豊探訪の話

最近遠出ばかりが続きますが、色々と事情があったりなかったり。
財布が即物的な意味で大破したので、新しいのを購入した結果金銭的に大破したりもしてますが、後ろを振り向いては行けません。
そんな訳で先週も元気に九州旅行でした。諸々の都合で一眼レフはお留守番ですが、仕方ないですね。


行って来たるは鉄冷えの町、北九州は小倉地区。製鉄所はお隣さんに吸収合併され、都市間競争は博多に苦戦を強いられ――と辛い噂を耳にする街ですが、行ってみれば流石は何と言っても城下町。
繁華と文化と何かを孕んだ町がちゃんとそこにはありました。
2016_05@北九州とか0001 2016_05@北九州とか0005
最初に訪れたのは当然ながら、小倉城。
本来の城は幕末、長州征伐の折に焼失してしまい現在の小倉城は昭和期に再建されたもの。
大阪城と同様、コンクリート製の見かけだけな代物で、内部は立派な博物館となっています。
2016_05@北九州とか0007 2016_05@北九州とか0009
もっとも、見掛け倒しと侮る無かれ。展示内容はそれだけで十分価値ある資料館レベル。城下を眺め回す展望も楽しめて、行った価値は十二分にありました。

また城の敷地内にはレンガ製のモダンな門柱も見られます。
なんでも陸軍第2師団司令部の門柱だったとか。後年、主力は久留里に移転するのですが、師団数も少ない草創期の陸軍が拠点を置いたことは小倉の重要性を暗に物語っているようです。
2016_05@北九州とか0014 2016_05@北九州とか0016
傍らには記念品という4式15センチ榴弾砲も置いてありました。旧式化していたとはいえWW2まで活躍した貴重な重砲です。

お城の傍らには城下鎮護の八坂神社が鎮座しています。
2016_05@北九州とか0024 2016_05@北九州とか0027
一般的に城下鎮護というと武神である八幡宮や東照宮が多い印象なのですが、こちらはスサノオ系統というパターン。珍しいのかなと思ったら、どうやら城が出来る前から祀られていたそうです。
由緒としては曖昧なところもあるようですが、城内の一角、密に詰まった建造物群が立派な印象を与える神社でした。

小倉城を巡ったら、町を後にして鹿児島本線に乗り込み博多方面へ。
車中で地図を眺めていると、ふと面白そうな神社を見つけたので直行の予定を変更し、途中の福間駅で下車してしまいました。
駅からタイミングよく乗り継げたバスに乗り込んで、行ってきたのは宮地嶽神社。
後背の宮地岳にて神功皇后が三韓征伐の戦勝を祈願したことに端を発すると、由緒に語られる古社です。
2016_05@北九州とか0036 2016_05@北九州とか0039
もっとも、式内社では無いようなので実際の由緒は些か不明なところもありそうです。それでも神体山を擁し、境内地に古墳もあるのですから、古くから祭祀されていた地だったのだと思います。
もう一つ有名なのが、海へと続く一直線の参道。条件が良いと正面に夕日を見据えた大層神秘的な光景を拝むことができるのだそうです。
この日は生憎とかすみ気味な空でしたが、それでも一直線に連なる道は一瞬目を奪われる迫力がありました。

またこの神社の特徴として“日本一の大注連縄”も挙げられます。巨大しめ縄というと、出雲大社や諏訪大社のような国津神系の神社を思い浮かべるのですが……そうでないところもやるものなのですね。
日本一を自称するだけある立派なしめ縄です。
2016_05@北九州とか0044 2016_05@北九州とか0057
また先述の古墳は江戸時代に石室が発見されて以来、修験道の修行場にされていたとかで……現在は不動神社の本殿として際しされています。
古墳なのに、不動明王で、神社……もうちょっと色んな信仰が混淆していてわかりませんが、実に日本らしいです。ちなみに出土品は九州国立博物館に寄託されています。

ぐるりと宮地嶽神社を巡ったら、帰路もちょうど良くやってきたコミュニティバスに乗って福間駅へ戻り、列車に乗り込んで無事に博多駅へ。
幸運なことにフォロワーさんと合流できる話となったので、博多からさらに地下鉄で移動して福岡城のお膝元たる大濠公園駅へ向かいました。
2016_05@北九州とか0084 2016_05@北九州とか0088
少し早めに着いたので、駅近くの銭湯で汗を流してから福岡城見物で時間調整して、この日は“かめいとみお”さんと合流して福岡の魚で一杯。
さらには彼の家に泊めていただいて、夜を越すことができました。


翌日は8時半頃に起床して、起き抜けから真っ直ぐに太宰府へ。
2016_05@北九州とか0095 2016_05@北九州とか0104
7年ぶりくらいの参拝でしょうか……前回訪れた時はまだ御朱印集めも写真撮影もあんまりしてない頃でしたね。
久しぶりと言っても、神社ですから特段に変わることがないのが実際のところ。懐かしく思いながら前回は行き損ねた宝物館などを見学です。

あとは裏手の天開稲荷にも当然参拝です。
2016_05@北九州とか0114 2016_05@北九州とか0115
お稲荷さん、こんなに天満宮本殿から距離があっただろうか……などと記憶との齟齬を感じながらもさらりと参拝して、気付いたのがさらに山奥の神社の存在でした。

見つけてしまったのは稲荷さんの裏手の車道を20分ほど歩いた先にある宝満山竈門神社。
太宰府の鬼門を守るため、イザナギを祀った神社なのだとか。
2016_05@北九州とか0118 2016_05@北九州とか0123
割りと政治的な由緒だけに創建年代は明確ですが、式内社にも列する古社には違いありません。
今では縁結びの神としても高名だそうで、折角ですから切実な祈りを捧げておきました。

竈門神社から太宰府天満宮界隈に戻ってきたら、念願の九州国立博物館を見学です。
前回訪れた際に、偶然にも月曜休館日に被ってしまって以来、念願だった博物館。これで東京・京都・奈良に続き全ての国立博物館を見学したことになります。
京都は……中学の修学旅行だったので、記憶も曖昧ですからまた行きたいところですが……それはまた別の話。
2016_05@北九州とか0128
残念ながら内部は撮影禁止だったのですが、大陸との玄関口という大宰府の特徴を反映してか、大陸との繋がりや九州にまつわる展示が多かった印象です。
歴史的な遺物や展示が中心で、非常に興味深い内容揃いでとても良い博物館でありました。

博物館の見学の後は、福岡市街に取って返し、市街地の神社巡りへ。
最初に向かったのは筑前一宮の住吉神社。住吉神社というと大阪のものが最も名高いですが、博多の住吉社も最古級――あるいは最古の住吉神社なのだとか。
2016_05@北九州とか0151 2016_05@北九州とか0143
元来はこの近隣が博多の海岸線に位置し、大陸との航海の安全を祈願する社だったとか何とか。一説には博多、下関、住之江と大陸航路の要衝で住吉三神を祭祀したのが住吉信仰の始まりだったとか。
真偽の程を調べるほど専門家でもなければ、特段に歴史を感じさせる神社でも無かったのですが……想像が膨らむ社でありました。

住吉神社の次は北へ歩いて10分ほど、祇園界隈の櫛田神社に行きました。
2016_05@北九州とか0156 2016_05@北九州とか0161
神社の格としては住吉神社に一歩譲るところでしょうが、博多山笠の要地として名高く賑わう社です。
ギュッと詰まった雰囲気が結構いいものでありました。

また櫛田神社の門前には、博多の町家を遺した公共施設もあります。
2016_05@北九州とか0167 2016_05@北九州とか0170
博多の町の歴史や山笠、博多にわかを紹介する展示をした資料館と、伝統工芸の体験施設を兼ねた公開町家に、お土産物屋さんがくっついた一角。どの建物も興味深かったのですが、一番の驚きはパンチカード式の手動織機の実物でしょうか。
京都の西陣織の資料館などで写真を見ることはありましたが、実物を見るのは初めての経験です。
思ったよりも大きな装置に、木製のパンチカードが連なるさまは何とも言えぬ和風SFを思わせる雰囲気があり魅力的でした。

天神界隈から再び地下鉄で移動して最後に参ったのは日本三大八幡宮と称される筥崎宮です。
こちらもかつては博多から続く海岸線にあったと言われている海を見やる立地の社。元寇の折に賜ったという「敵国降伏」のパワフルな扁額が印象的な楼門を擁する神社です。
2016_05@北九州とか0177 2016_05@北九州とか0179
社名こそ“宮”ですが、祭神は神功皇后と応神天皇という八幡宮の系譜。扁額からもわかるように戦勝祈願の神様です。
2016_05@北九州とか0182 2016_05@北九州とか0183
境内には地元スポーツチームの絵馬が大々的に展示されていました。


筥崎宮を参拝し終えたら、この日は夕方の新幹線に乗り込んで大阪へワープ。友人の元下宿生と彼の友人でフォロワーの影巫さんと合流して、軽く飲んだ後に下宿生邸でガルパンの劇場版のBDを観る会に。
久しぶりに寝落ちするまで動画見ながら酒を飲むやつをやらかし、気持よく寝て日曜日を迎えました。

そしてそんな日曜日は朝から銭湯で一息入れて京都の鉄道博物館を見学。
2016_05@北九州とか0200 2016_05@北九州とか0212
つい先月に開館したばかりの真新しい鉄道展示群を満喫して関東へと帰ることになりました。
時間の都合もあって、全体隈なく見学することこそ出来ませんでしたが……それでも大宮の鉄道博物館に勝るとも劣らない展示密度と、梅小路機関区以来の蒸気機関車の充実ぶりには眼を見張るものがありました。
時間と機会があれば、願わくばもう少し空いた頃合いにじっくり時間を取って見学したいものです。


余談ながら、東京に戻った後も直行では帰らず、大学院時代の後輩と軽く飲んでから帰る流れ。
自分より余程いい賞与が出そうな後輩相手に、先輩面して多めに払ってしまう流れは……ようやく奢ってくれていた諸先輩方の苦労を自分も味わう側になったかと感慨深いものがありました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad