月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


城下町と博物館の話

春爛漫に相応しい朗らかな季節は瞬く間に過ぎ去り、長く暑い季節を予感させる温く湿った空気が漂い始めた4月下旬。
何となく刺激の少ない微温湯の様な雰囲気、何があるわけでもないのですが不思議と外に出掛けたくなりますよね。

つまり出掛けます。天気もまずまずの曇天だった土曜日のこと。
行って来たるは我が千葉県は下総国側にある佐倉市。かつての佐倉城、後に陸軍佐倉連隊の駐屯地、今は国立歴史民俗博物館を擁する歴史と文化の香る印旛沼畔の小都市です。
IMGP8061.jpg IMGP8070.jpg
JRの佐倉駅を降りて、佐倉城と京成佐倉駅のある北方へ歩くこと10分少々。手始めに訪れたのは佐倉藩の幹部クラスの武士が居住したという武家屋敷です。
往時は城下町を見下ろす小高い丘の上に屋敷が連なっていたとか、後の世には連隊幹部の官舎も建っていたとか。そんなハイソで武断な時代の面影を、街路や地割に留めた細い小路を抜けると3棟だけ当時の建物が一般公開されています。
佐倉の武家屋敷は階級に応じて規模が規定されているそうなのですが、ここでは親切なことに大中小と代表的な屋敷が一括で見学することができます。
IMGP8066.jpg IMGP8112.jpg
今回は折もよくボランティアガイドのツアーともタイミングが合い、郷土史家の解説を聞きながらじっくり見て回ることができました。
逆に写真を撮る暇が無かったのですが……それはそれ。風情のある建屋に、それぞれの家々の設えや調度がもつ意味合いを聞きながら巡るのもいいものです。
最も印象深かったのは移動式竈の存在でしょう。この地域では竈は屋敷の一部ではなく家財道具の一つと見做され、引っ越す際には前の家主は竈を持ち去り、新しい家主が自前で持ち込ものなのだとか。
そのため、かまどの下には足がついており生活スタイルに応じて場所を変えることもできたのだそうです。
今でもガスコンロは家付きの場合と持ち込む場合がありますが……似たような感覚なのかも知れません。住む人の無くなった今でも、藁葺き屋根の維持のため竈の火は絶やさずに居られるそうです。

武家屋敷の見学を終えたら暗がり坂なる薄暗い路地を下って、麻賀多神社に参拝です。
IMGP8117.jpg IMGP8121.jpg
麻賀多神社は成田に所在する式内社に端を発するとされ、印旛沼沿岸に偏在的に分布するお社。五穀の神ワクムスビを祭神とし、佐倉の社は藩の鎮守として祀られたものだそうです。
立地の都合か、麻賀多神社で検索すると成田の総本社よりも佐倉の社の方が検索上位に来るのはご愛嬌でしょうか。
IMGP8123.jpg IMGP8136.jpg
立地こそ普通の町中の神社ですが、落ち着いた歴史を感じさせる境内のある神社でした。寛ぎきった猫が印象的です。

麻賀多神社で御朱印を頂戴したら、進路をいよいよ城址に向けましょう。
IMGP8154.jpg IMGP8156.jpg
佐倉城址は残念ながら復元建造物こそないのですが、土塁や空堀といった遺構が綺麗な公園として整備されています。
遺跡らしいのは連隊所在地の記念碑や所々の解説板とビジターハウスの展示くらい。芝生の広場や木漏れ日差す木立など、どちらかと言うとピクニックするような場所という方が適切でしょう。
IMGP8166.jpg IMGP8167.jpg
サトザクラも見頃を迎えて、晩春の新緑と合わさりのんびり歩いてるだけで楽しいような空間でありました。

斯様な次第でなんやかやと、その気になれば30分ほどの道のりを3時間ほどかけて、城内の目的地、国立歴史民俗博物館へ到着です。
民俗学を展示した第4展示室が改装されてからは初めての見学。久しぶりということもあって、改装されてない展示も含めて閉館ギリギリまで見物して、ようやくに実家へと足を向ける流れで土曜日の日中は終りを迎えました。


この日の晩は、実家へ戻ってから中学時代の友人と飲み会へ。
積み上げてきた者とそうでない者の差、人間のスキルポイント、誇れる趣味はあるのだろうか――そんな愚にもつかない様な悩みを話してた気がしますが、思い返すと黒い井戸を掘り返しそうなので、また今度。

飲むだけ飲んで実家で一泊したら、翌日は雨模様を口実に家に引き篭もり、散髪と来週以降の荷造りで終えて帰路へつきました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad