月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


芸備家族旅行の備忘録

春前の不安定な天気が続く3月初旬。ここ数年、恒例になっている春の家族旅行の季節です。
今年の一番の目的地は安芸の宮島。
親父が「日本三景、まだ松島しか見たことない」と言い始めたのが事の発端となり、ならばまずはアクセスの比較的良い方からだと相成った次第です。

資格試験を控えて忙しめなので手短に備忘録を。


そんな訳で、先の土曜日はほとんど始発の新幹線に乗り込んで、西へ西へと4時間ほど。
降り来るは広島の一つ手前、福山駅です。ここで列車からレンタカーに切り替えて、初めに向かったのは福山郊外に鎮座する備後国一宮の吉備津神社。
往古、岡山周辺が吉備国から前中後の三国に分割された頃、分立された備後国に祖霊たる吉備津彦の神社を分祀したのが始まりだとか。
本当の由緒は知れませんが、山際の風情ある神社でありました。
IMGP6527.jpg IMGP6547.jpg
一方で、もう一つ備後の一宮を名乗るのが素盞鳴神社。こちらも由来はよくわかりませんが、蘇民将来の説話の由来になったと伝わる古社だそうです。川縁の平野に鎮座する開放的な神社でした。

この辺りは地名を府中というそうで、おそらく2社とも国府の近くにあったのでしょう。海が広かった時代には、案外海が近かったのかもしれません。
2社を巡った後は進路を一点、南の方へ。これまた福山郊外、瀬戸内海の要衝、鞆の浦を見物です。
とりあえずは氏神にして式内社の沼名前神社に参拝した後、市街地散策へ。
IMGP6583.jpg IMGP6624.jpg
この辺は潮目の変わりやすいところだそうで、近代以前には潮待ちの船が集い賑わう港湾都市だったのだそうです。
その要衝振りは京都を追われた足利義昭がこの地に居を構えて、一種の亡命政権を建てた程だとかなんとか。
鉄道の開通に伴って交通の流れから切り離されてしまい、一転ただの田舎に成り下がってしまったものの、そのお蔭で現在も往時の街区を遺す希少な町としての地位を手に入れている次第です。
複雑で細い街路や黒光りする瓦が風情ある町でありました。

鞆の浦の後は、少し駆け足で蛇足気味ですがしまなみ海道を突き抜けて大三島の大山祇神社へ。
山当てで航海していた時代、山の神は航海の神であり交通の神でもあったのだそうです。
IMGP6695.jpg IMGP6702.jpg
内海の島に山の神様というのも少し不思議な感じもしますが、大三島の険しい山並みを見ると神性を感じたのもあり得ることかと感じた次第でありました。

そんなこんなでこの日の宿は尾道市街のホテル。
IMGP6718.jpg IMGP6728.jpg
折角なので尾道夜景を楽しんで夜を迎えました。


翌日も朝から尾道観光。
IMGP6751.jpg IMGP6845.jpg
夜景もいいですが、やはり坂の街は明るい時間もいいですね。

尾道の後は車を小一時間ほど転がして、たまゆらの聖地竹原へ。
深い意図はなかったのですが、前回訪れた時に続きまたしてもひな祭りの季節だったのは少し因果を感じますね
IMGP6926_20160308235306437.jpg IMGP6900.jpg
今回は家族の同行もあり少し慌ただしい観光となってしまいましたが、それでも来ただけで何故か他所にはないのんびりとした風情を感じてしまいます。
可能ならまた近いうちに、今度はゆっくりじっくり個人的に回りたいなと思う次第です。

竹原を後にしたらいよいよもって今回の本命、宮島へ向かったのですが、道中に安芸国の式内社が2つも鎮座するので寄り道がてらに山陽道を西進しました。
IMGP6954_201603090004159c4.jpg IMGP6962.jpg
1つ目は安芸の府中にある多家神社、2つ目は廿日市の速谷神社。
駆け足気味になってしまいましたが、どちらも由緒ある神社だそうで……もう少しゆっくり見ていけなかったのが残念です。

そんなこんなで、この日は夕刻から宮島入りし厳島神社に参拝して宿泊です。
日没後の宮島も灯籠が灯り風情のある場所だったことを初めて知ることが出来ました。
IMGP6974[2] IMGP7056.jpg
斯様な次第で、宮島の宿で広島の地酒を堪能して日曜日もお終いです。


月曜日は有給を取得して家族旅行の最終日に。
朝から「せっかく近くまで来たのだから」のロジックで、少し足を伸ばして岩国の錦帯橋を観光。
IMGP7152.jpg IMGP7161.jpg
その後は広島の市街地に舞い戻り、両親は平和資料館へ行ったのですが私は以前にも行ったことがあるので別行動へ。
レンタカーを返したら、徒歩で広島駅の北側へ向かい神社めぐりです。なんでも広島駅の北側、二葉の里の界隈は歴史的な事物が多く残る土地なのだとか。
残念ながら建造物自体は戦火に失われているものも多いのですが、そこはそれ。地形や風情にも大事な意味があります。
広島の東照宮やイザナミイザナギを祀る鶴羽根神社のような古社も並びます。
IMGP7167.jpg IMGP7195.jpg
また明治以降に建立された藩祖を祀る神社もあり、この一体が信仰面でどれほど重視されているかが伝わってくるようでありました。


そんなこんなで駆け足気味でしたが2泊3日の広島行。楽しい時間でありまして……やはり社会復帰が面倒になるものですね。
会社に行くのがひどく億劫でしたが頑張りました。
そんな帰宅翌日ですが、定時後にも行ける圏内の映画館でガルパンの4DXが上映されるというので見てきてしまったのがハイライトでしょう。
資格試験で忙しいと言いましたがね、そんな日もあるものです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad