月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


冬晴れと外房

あれよあれよと11月も最後の週末でした。
突き抜けるような心地良い冬晴れに彩られ、窓を開ければ日差しが心地よい土曜日。
久しぶりに窓を開け放った部屋で、のんびりと音楽でも聴きながら漫画を読むのも悪くない感じでしたが、時計の針が正午を過ぎる前には外へと呼び出されてしまいました。

雲ひとつ無い空に誘われて列車に乗り込み、なんとはなしに降り立ったのは上総一ノ宮駅です。
2015_11@上総一ノ宮0006 2015_11@上総一ノ宮0009
上総一ノ宮は名前のごとく、上総国の一宮の門前町。かつては別荘地としても、江戸から昭和にかけての由緒ある建物が市街地に点在しています。
このどことなく風格のある駅舎も、比較的古いものなのだとかなんとか。

そして駅から歩いて10分ほどで一宮の玉前神社に至ります。
玉依比売命を祀る古社だそうですが、中世の戦乱により社殿も記録も消失してしまったのだとか。
境内地もお世辞にも広いとは言い難く、今では風情ある町の神社といった風格です。
2015_11@上総一ノ宮0014 2015_11@上総一ノ宮0024
一つ面白かったのは、境内の一角に設けられた裸足で玉砂利を味わうコーナー。
当然のごとく靴も靴下も脱いで体験してみたのですが、玉砂利の名に違わずよく丸まった石がひんやりと気持ちよく足にめり込み感覚です。
俗っぽい例えですが、青竹か何か足つぼマッサージをやる健康グッズを踏んでいるような心地よさがありました。

神社のあとはふらりと市街を散策して見かけた古民家へ。
観光協会的なものが運営しているらしい喫茶店だったのですが、内部の見学ができるとの案内につい後先考えず入ってしまった次第です。
2015_11@上総一ノ宮0037 2015_11@上総一ノ宮0046
店内の風情は古民家の外観に違わぬ落ち着いていて格好いい雰囲気なのですが、この日のメニューは何故か新蕎麦とのこと。
嫌いではない、むしろ大歓迎なのですが……拭えないチグハグさがまたいい味だと思いました。
付け加えると、蕎麦はちゃんと美味しかったです。そば湯まで出てきて、久しぶりに「ちゃんとした蕎麦」を食べた気分になれました。

昼食の後は駅前まで戻って観光案内所で自転車を借りて、2km程東に行った一宮海岸まで。
風の強い冬晴れの日にはなんとはなしに海が見に行きたくなりますよね。
2015_11@上総一ノ宮0051 2015_11@上総一ノ宮0054
この日の太平洋は本当に青い空と蒼い海が綺麗で、しばらく魅入ってしまいました。
近くではサーフィンに興じる人たちや、ハンモックでうたた寝している人もいて、本当にのんびりとした幸せな空気を感じるようでした。

そんなこんなで、日も傾いてきた頃合いを見てこの日の外房は撤収へ。
実家へ向かう道中、新宿にて“たまゆら”OVAの劇場上映を鑑賞して、一日が終わりました。


斯様にして幸せを感じ入っていた土曜日から続き、日曜日は午後から活動を初めて立川へ。
高校の友人と2度目のガルパン観賞を立川シネマシティの“極上爆音上映”で満喫です。
戦車映画特有の砲撃やエンジンや履帯の音が、普通の映画館以上の大音量重低音で味わえると評判の映画館だったのですが、その感想は最高のヒトコトでしょう。
何やら砲撃音のときには劇場の隅っこがビリビリなっているような気もしましたが、それほどの臨場感と圧力。
2回めだというのに手に汗握らされる展開と相まって、鑑賞後も感想の言い合いで盛り上がれる非常に良い映画経験を出来ました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad