月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


相州巡航のこと

待ちに待った給料を得て、どうにか一息ついたこの週末。
二十四節気は既に霜降、木枯らしも吹いて秋の気配などと思っていたらあれよあれよと晩秋から冬へと駆ける季節ですね。


そんな訳で少し肌寒くなってきたこの週末は、金曜から高校の友人の“総統代行”が我が家へ来訪。
房総の洗礼を浴びつつ、翌土曜日に軽くドライブして飲み会です。
高校の友人連中をさらに集め、この面子では珍しく横浜で飲み歩きをする流れに。
流石に横浜歩きなら機会の多い私が一番詳しい……はずで、面目躍如となれたでしょうか。


この晩は実家に帰り再起動した日曜日は、あろうことか突き抜けるほどの秋晴れ空です。
疲れた体を労る暇などありません、先週に引き続き相模国の式内社を巡るドライブに出発です。

初めに訪れたのは海老名市街から相模川の川縁に行った辺りに鎮座する有鹿神社。
2015_10@千葉と神奈川めぐり0018 2015_10@千葉と神奈川めぐり0020
ここでは訪れたタイミングが良かったのか、神職の方に色々と神社の話を教えていただきました。
「有鹿」の語についても「あるか」と読み、水を意味する古語だと言われつつも由来は不詳なのだとか。
相模国でも最古級と言われる神社だそうで、鎌倉時代辺りまでは関東でも有数の権勢を誇っていたそうですが、戦乱の中で見る影もなく衰亡してしまったのだとか。
その社地は古代には神聖視されていたという川と川の合流点にあたり、相模川に合流する支流の鳩川を遡れば有鹿神社の奥宮や縄文時代の遺跡もあるなど、先史時代から祭祀が行われたことを思わせる立地です。
さらには関東大震災の時にも周囲の土地と比べ揺れが少なかったりと、この古社の由緒正しさを窺わせる逸話もありました。
特別に拝殿の中も拝見させて頂いたりと、非常にありがたい対応をしていただき、この神社を後にしました。

続いて訪れたのはこれも式内社の高部屋神社。
2015_10@千葉と神奈川めぐり0034 2015_10@千葉と神奈川めぐり0041
社務所のおじさん曰く、住吉大神や八幡神を祀る武威と水にまつわる社だそうです。
しめ縄にホンダワラという海藻を吊るす風習があり、これを平塚の海まで採取しにいく神事もあるのだとか。
地元と近いと思っていても、知らない習俗があるものだと思い知らされます。

3ヶ所目は相模国の三宮を称する比々多神社です。
ここは何年も前に一度、訪れているのですが当時は御朱印集めをまだ始めていなかったので空欄のままでした。
2015_10@千葉と神奈川めぐり0047 2015_10@千葉と神奈川めぐり0054
こちらの神社も立地としては大山を北に遥拝する好立地な場所。
遷座前の旧社地からは古墳時代の祭祀跡が発掘されるなど、往古から人々が雄大な大山を眺めて神々しさを感じていたことが想像されます。
またこの日はなにか慰霊祭をやっていたようで、太鼓の音が終始響いていたのも印象深いものでした。

最後に立ち寄ったのは小野神社なる小さなお社。これも式内社のはずですが、他の神社よりグッと規模が小さくなる様です。
2015_10@千葉と神奈川めぐり0069
厚木の郊外の谷あいにひっそりと佇む静かな雰囲気の神社でありました。


斯様な次第で一気に回ってみた相模国の神社達。
行く先々の神社で「式内十三社巡り」のパンフレットを渡されたのですが、だいたい半分強を参拝したことになるでしょうか。
この勢いのまま、暇を見つけて一気に巡ってしまいところですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad