月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


江戸巡りと新たな生音

豪壮な雨が北関東を襲ったという先の週末。
千葉の一帯は大きな被害もなかったようですが、常識の通じない私の部屋は、何故か1階のはずなのに雨が漏ってくる事件がありました……。
しかしながら、それはそれ、これはこれ。

諸用で早めに職場を解放された金曜日は、思うとこもあったので両国の江戸東京博物館へ行ってみることに。
名前の通り、江戸と呼ばれた時代からの東京一帯について、地勢から習俗まで広く展示している博物館です。
2015_09@東京巡り0001 2015_09@東京巡り0006
フロアにして2階程度と侮っていましたが、なかなかどうして見応えのある博物館。
規模も展示も充実し、都合2時間以上も眺めまわっていましたが、まだまだ楽しめる気がするものでした。
ちなみに博物館の後は前職の同期との飲み会をして、千葉へは戻らず実家へ。


翌土曜日は天候もよく絶好のお出かけ日和。
この日もまた都内に用事があったので、少し早めに出発して散歩することにしましょう。
東急線を乗り継いで、大井町で下車したらフラリといざ出発。進路を北北東に向け目指すは昨日覚えた江戸の入り口、品川宿の界隈です。
ハイソな住宅街を抜けて行き着いたのは品川の北の鎮守、品川神社です。
2015_09@東京巡り0041 2015_09@東京巡り0045
祭神は天比理乃咩命なる神、先日行った房総は洲崎神社の祭神です。
由緒書きに曰く、源頼朝が安房からこの地に勧請したとか……真偽はさておいても、巡り合わせのようなものを感じる話です。
しかしながら、この神社の名所はそのような歴史よりも参道脇に聳え立つ小高い丘のほう。
2015_09@東京巡り0049 2015_09@東京巡り0050
「品川富士」と呼ばれ、江戸七富士にも数えられる関東有数の富士塚です。
富士登山を疑似体験するための人工の山ですが、登れば京急越しに下町と大都会を一望することが出来ます。
古風な塚の上から大都会を眺めるのも、何とも不思議な気分ながら面白いものでありました。

ちなみに北の品川神社と対になるのは、南側の荏原神社。
2015_09@東京巡り0052 2015_09@東京巡り0053
高台に堂々とある品川神社に対して、川縁にある風の心地よい小さな社が宿場町の複雑な路地に隠れるようにあったのが印象的でした。

荏原神社に参拝したら、京急の北馬場駅から再び電車移動して本題のある赤坂へ。
ただし赤坂ブリッツへは直行せず、ここでもちょっとだけお祭りに寄り道です。
東京市中の氷川神社の代表格たる赤坂氷川神社は、偶然にもこの週末がお祭りです。
2015_09@東京巡り0055 2015_09@東京巡り0060
露天が立ち並び山車がある光景は、大都会の真中とは思えない程にノスタルジックな風景です。
2015_09@東京巡り0063 2015_09@東京巡り0065
こういう風景に出くわすと、繁華街やイベントばかりしか用事のない私のような田舎者が見落としがちな、この大都会の真中でも日常生活を送ってる地元民がいるという事実を思い出させてくれるようでした。


そんなこんなで、だいぶ長めに遠回りして行って来たるは赤坂ブリッツ。
岸田教団&THE明星ロケッツと共演者達のライブに参戦です。
ただ最大のお目当ては分島花音さんの方。ダンまちのEDを聴いて惚れ込んで以来、ずっとライブに行く機会を伺ってやっと掴んだチャンスでした。
そして行って聴いて本当に良かった次第です。
最初に本人を観た印象は細身の美人さん、そしてCDから期待していた以上に上手い歌です。
さらには本職(?)のチェロの演奏に、テルミンも飛び出し何よりもジャズ調の曲、初めてオールスタンディングのライブ会場で客を掻き分け前へ出たいと思ってしまったほどに楽しいパフォーマンスでした。
ライブ好きで良かったと心から思えるひと時を貰い、ワンマンがあれば必ず行こうと心に誓う経験をして家へ帰ることになりました。


斯様な次第で恍惚とするような土曜日から、日曜日は一転して実家に引きこもって部屋の掃除。
いい加減に住まなくなった部屋を明け渡せと妹から重圧がのしかかり、妥結せざるを得なくなった次第です。
数年ぶりに中を調べる引き出しなど、自分でも記憶に無いガラクタが次から次へと出てきてしまい、何とも呆れるばかりのうちに日曜の日は暮れていってしまいました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad