月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


2つの映画の週末

あれよあれよと8月も終りを迎え、夜には秋の虫が鳴く週末。残暑も無いままに秋の風情です。
9月になれば、いよいよ今年も後半戦の風情です。
焼き物に、鍋に……日本酒が美味しい季節が近づいてきました。

そんな風流を味わいたかったこの週末ですが、悲しいかな諸用により土曜は休日出勤です。
休日を譲り渡すことだけは何としても避けたかったのですが……仕事が相手では如何ともしがたき、辛さです。
幸いに昼過ぎには要件も済んで解放されたのが救いでしょうか。


仕事が終わり、逃げるように会社のある町を離れて、向かった先は大都会渋谷です。
目的は『野火』なる映画を観ること。レイテ戦線の日本兵を扱った自主製作映画なのですが、ツイッターでフォローしている作家系統の方々が非常に絶賛していたので、興味がわいた次第です。
気付いたのが遅かったため、関東圏で上映してたのはユーロスペースなる繁華街の路地裏にある映画館くらいなもの。
初めて入るシネコンではない映画館の雰囲気に気圧されながらも、無事にチケットを手に入れて鑑賞です。

『野火』の内容はといえば、とにかく陰惨で憂鬱としか言えない代物。
従軍記で読むような南方戦線の生き地獄を、大画面と大音量で容赦なく目の当たりにさせられた感覚です。
痩せこけ息も絶え絶えの兵隊に、容赦なく襲い来る米軍機の銃撃、照明弾と制圧射撃や、醜い仲間内での争い……血も内臓も容赦無い描写に、終始身動ぎをしながら早く映画が終わることを望むことしか出来ませんでした。
確かに、作家連中が賞賛するのもわかる良い映画でしたが……自分の耐性を過大評価していたことを思い知らされました。

鑑賞後、本当は渋谷でいっぱい引っ掛けて帰るかと思ってたのですが、流石に意気を挫かれて大人しく実家へ退散する方向へ。
尤も、隣街まで戻ってきた段階ではすっかり精神も回復し、フォロワーの焼き肉の誘いに乗っかって少しばかり肉を焼いてから帰る流れとなりましたが。


翌日は気分は土曜でも現実は日曜な中途半端な日。昼前まで惰眠を貪り、人間的に起動したのは午後も一段落した頃合いのこと。
ここから行動を開始して、この日も向かうは大都会新宿です。目的は高校の同級生と映画を見ること。2日続けての映画鑑賞です。
合流する前に、少しばかり花園神社なる芸能の神様を祭った歌舞伎町の神社に参拝して時間調整をし、この日もシネコンではない小さな映画館へ。

友人と合流して観てきたのは『デート・ア・ライブ』の劇場版です。
このアニメ、正直2期の後半からグダグダとなり映画まで観るのはどうかと思ってたのですが、舞台が隣街をモデルとしてるだけに義務感的なものに突き動かされて観に行く事になった次第です。
なので、観るまではさほど期待していませんでした……が、観てみれば期待以上の代物。
ストーリーはあって無いようなものですが、各ヒロインともに見せ場があり終始楽しく見れるアニメです。最後は少し切なくしてくるのは映画らしいところですが、そこまで湿っぽくないのがとても良いです。
関心が薄れていたのですが、原作を読んでいる友人の話しと合わせると3期を期待したくなるものでした。

また、話の本筋とは関係ないのですが舞台が隣街だけに、登場する背景が終始見慣れたものだったのも印象深いところ。
高校以来、何年も歩き回っている街だけに、誰がどこで何をしたか……地図も資料も無くたって概ねプロットできてしまいそうで、嬉しくなってしまいました。
――が、それは裏を返せば、そんな舞台の中で高校生くらいのデートを見せつけられるアニメであるということ。
本編を観てる間は自覚症状が無かったのですが、一晩明けるとじわじわと精神に効いてきます。
極個人的な理由とはいえ、他のアニメとは一線を画すレベルで過去の思い出と地続きな描写。アニメとして綺麗に描かれた馴染みの街の中で楽しげに過ごす様子は、ストレートに「こんな経験したかったなぁ」と言う思いを抉り、前日に観た『野火』以上にある意味ではSAN値を削る映像でもありました。

もっとも、それはそれ、これはこれ。
アニメとしては面白かったので、機会があればもう一度くらい観たいかなと思えるものでした。

そして、映画の後はこの日も新宿の街で軽く一杯。翌日があるので、軽めに飲みながらアニメやラノベ談義を繰り広げて帰路へとつきました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad