月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


房総暮らしの話

梅雨の長雨も一段落し、久々の青空に恵まれた先の週末。
思うところはあるにせよ、夏の陽光は眺めるだけで外に飛び出したくなる魅力があります。


金曜は予定もあって自宅に留まり、のんびりと昼まで寝太郎をかまして動き始めた土曜の昼下がり。
想定以上に気持ちのよい夏空に、朝寝を悔いながらも朝ごはんを食べたら考えなしに出撃です。

この日の予定は夕方から池袋でフォロワーのちろさんと飲み会があることくらい。
時間は十二分だ、内房線に揺られてどこへ行こう? と軽い気持ちで降り立ち乗り換えたのは証城寺の狸囃子の発メロが流れる木更津駅です。
久留里線が呼んでる気がしたので、つい乗ってしまいました。
2015_07@房総いろいろ0001 2015_07@房総いろいろ0011
しかしながら、呼ばれた気がしてつい乗ったはいいものの、案に相違して久留里線の路線長はなかなかのもの。
本数も少なく、念のためにと調べてみたら終点まで行くと約束の時間に都会に出られない様子。
途中の駅で折り返さなくてはと何となく降りてしまったのが、驚くほど何もない下郡駅です。

これも何かの縁……なんて脳天気なことも言ってられないほどの、夏の房総を実感させる開放感溢れる光景。
線路の向こうにコンビニが見えるくらいしか何もありません。
2015_07@房総いろいろ0021 2015_07@房総いろいろ0028
真夏のローカル線の小さな駅、驚くほど青春の空気感が似合う素晴らしい光景です。
コンビニついでに、線路を挟んでホームの反対側に行けば、並ぶ自転車と「線路を渡るな」のJRの看板が、ほのぼのとした違法行為を容易に連想させます。
まるでアニメやドラマの中で見るような私の知らない世界ですが、ここではきっと今もそれが息づいているのでしょう……知りませんが。
しかし、私が来た頃合いは未だ帰宅の時間には少し早め。生憎と折り返しの電車まで、誰もいないホームで途方に暮れる事しかありません。
2015_07@房総いろいろ0035 2015_07@房総いろいろ0037
とは言え、たまには何もないところで途方に暮れるのも悪くはないもの。
本当に“たまには”なのかは一考の余地が、真夏の陽光に照らされた田んぼを眺めながらコーヒーをちびちびと飲んでる時間は、間違いなく不毛で、幸せです。
陽炎のごとく揺らいだ鉄路の向こうから、鉄輪の音を響かせて折り返しの列車が来る光景をホッとしながら迎えるのも、乙なものでありました。

久留里線を取って返して木更津駅まで戻れば、電車の本数も増えるので時間的には再び余裕が戻る計算に。
折角なので、もう少しだけ寄り道です。とても心地よい響きの姉ヶ崎なる地名の駅で下車し、駅から歩いて10分ほど。
小高い丘に面した姉崎神社に行き着きます。
2015_07@房総いろいろ0041 2015_07@房総いろいろ0044
姉崎神社は上総国の式内社の一つに数えられる古社で、新居からは最も近い式内社の一つでもあります。
社の立つ丘は、弥生から古墳時代にこの海上郡一帯を支配したという有力氏族の墳墓だと言われ、古くから栄えた土地であることを窺わせます。

季節もちょうど7月になったばかり。夏越の祓の茅の輪がまだ残っていたので、今年も後半の健康を祈願して輪をくぐり参拝としました。
2015_07@房総いろいろ0046 2015_07@房総いろいろ0048
ちなみにこの神社、境内には富士塚もあります。
富士山を模した塚を拵え、富士信仰の拠り所にするという関東で盛んだった信仰形態だそうです。
関東で盛んという割には、今一つ実家近辺では見たことがなかったのですが……特徴的なおわん型の丘に富士講の石碑。
初めて実物を見たのに、ひと目でこれだとわかってしまいました。いい勉強になります。
余談に余談の上乗せですが、新居の近くからも遠く遠い富士山が大きな影のように見ることが出来ます。最初はあまりの大きさに、本当に富士山なのかと信じられないものでした……。


そんなこんなで、寄り道の後は無事に時間通りに池袋に到着し、ちろさんと夜まで一杯。
色々と面白い話を聞くことが出来ました。

そして、あくる日曜日は待ちに待ったいきものがかりのライブの日。
喜び勇んで横浜アリーナに向かい、数年ぶりのいきものがかりのライブを満喫することが出来ました。
曲の良さは当然として、MCも面白ければカメラとモニタを使って観客を弄る軽さまで……本当に、久しぶりでしたが、配属先が見えない頃からダメ元で確保しといてよかったと思える良いライブでした。
小刻みなジャンプを連発しすぎてしまい、足先が筋肉痛なのはご愛嬌です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad