月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


夏季恒例の湖畔の生音

最近、年齢のせいか高速バスの苛酷さが以前にも増して身に染みます。
目的地まで辿り着いた後、半日程度は露骨に寝不足からくる体調不良を味わい、動くことも億劫になる次第。
体力が足りないのでしょうか……困ったものです。


そんな訳で、今ひとつ本調子じゃない有り様のまま、夜行バスに乗って神奈川に帰ってきた日曜日の話。
実家において、少々の仮眠を経てから直ぐ様、中央線と富士急行線を乗り継いで、この日に向かったのは毎度おなじみ河口湖駅。
2014_08@河口湖とか0005 2014_08@河口湖とか0006
今年も8月の始まりを彩る茅原実里さんの河口湖ライブが、無事に開催されました! 行かない理由がありません。
青い空に白い綿雲が映える絶好の夏空! 駅を降りれば、これまた恒例となった感のある駅の横断幕や等身大パネルが参加者を迎え、否が応でもテンションは上がってしまいます。
2014_08@河口湖とか0010 2014_08@河口湖とか0012
加えて、今年は電車(鉄道?)をテーマにしているのか、例年にも増して鉄道駅に合った格好や広告が目を引きます。

もっとも始めに行ったのは、今晩の宿となる河口湖畔のキャンプ場。
今回はテントではなくコテージを利用することとなったので、設営の手間が省けて荷物を置くだけで準備完了。外を見遣れば……雲域は怪しいですが致し方なし。
2014_08@河口湖とか0013 2014_08@河口湖とか0017
同行の“総統代行”とライブ会場近くのスーパーで夕餉の買い出しを済ませたら、ライブには参加しない代行と別れて会場のステラシアターへ。
この光景も、もはや6年目……見慣れたを通り越して「帰ってきた」感覚です。
フラッと辿り着けば直ぐ様、友人のコータさんと遭遇し、そのまま今日の連番者のアッシーさんの元へ連行されるほど。

そしてお待ちかねのライブ本編は、例によって例のごとく「最高に楽しかった」の一言に尽きるでしょう。
何曲か望んでた曲が聞けなかったり、光物の準備不足に直面したりしましたが、それでも“お祭り”らしいくだけた雰囲気のライブに、みのりんのとぼけたMC、いつも通りに最高でした。
特に今回は曲の途中でトチったりして、歌い直しにまで至るシーンが多々あり、プロとしてどうなのかと自らツッコんでた程でしたが、それもまた夏の思い出です。
河口湖ライブでは何故か許せてしまうどころか、面白さの隠し味にまでなるように感じました。

そんなこんなで非常に楽しい時間を送り、上機嫌でキャンプ場に戻ったら、先に飲み始めてた代行と高校の友人カブラの二人と合流。
一旦は近くの日帰り温泉で汗を流してから、改めて夜の湖畔で一献です。
2014_08@河口湖とか0025 2014_08@河口湖とか0048
何のことはない夜のお酒、薄暗いなかで星や街明かりを眺めながら、とりとめのない事を語りつつ夜は更けていきました。

2014_08@河口湖とか0050 2014_08@河口湖とか0064
翌日は予算の都合もあって、ライブ参加は涙を飲みながら断念し、代わりに近隣観光へ。
いい加減に行き尽くした感も否めないので、少し足を伸ばして富士山駅からバスに乗り込み、忍野八海まで来てみました。

富士山麓屈指の景勝地と名高い忍野八海。いくつかの若干の歴史を有した池と、絵に描いたような透明な水が流れる川と、いかにもな観光地らしい観光地が広がります。
2014_08@河口湖とか0068 2014_08@河口湖とか0080
訪れるには一癖ある場所でありながら、思った以上に外国人が多かったのも印象的。そんな彼ら向けと思われる、日本人向けには到底売りそうもないような、寿司ネタTシャツや温めると絵柄の服が透けるタオル等も土産物店では目に付きます。突き抜けて頭の悪そうな、そんな土産品の数々は一周回ってちょっと欲しくなってしまう程でした。
2014_08@河口湖とか0132 2014_08@河口湖とか0139
観光地化による景観の変化等々、種々の問題の噂を聞く忍野八海ですが、水も綺麗で活気もあり悪いとこではなかった印象です。
2014_08@河口湖とか0145 2014_08@河口湖とか0164
風情のある神社もありましたし、また訪れてもいいと思える楽しげなところでありました。


2014_08@河口湖とか0171
余談ながら、この河口湖訪問で富士山を拝めたのは帰り際の一回きり。
この季節ではいつものことですが……やはりちょっと残念です。

そして河口湖から帰還した日曜日の夜は、そのまま横浜で飲み会に。
横浜スタジアムで行われた水樹奈々さんのライブ終わりに合わせた流れです。
久しぶりに大学の友人と学生時代の様なアレな飲み方をして、翌日に鈍行列車で奈良へと帰りました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad