月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


比叡山の簡易回峰行

初夏らしい好天が続く今日このごろ。
南のほうで梅雨入りの話題も出始めたそうなので、この隙に一杯お出かけしたいところです。


行きたい場所は多々ありますが、さしあたり今回向かったのは京都北麓、比叡山。
2月頃訪れた際にはケーブルカーが運休していたため断念する羽目となった、琵琶湖岸への横断行への再挑戦です。

例によって金曜の夜に研究室の新歓で調子に乗って飲んでしまい、若干のお酒が残ってる感を抱えたまま、これまた例によって大阪の友人を誘って、いざ出撃です。

スタートは今回も同じくケーブル八瀬駅から。今回はしっかり賑やかに営業しております。
IMGP2106.jpg IMGP2116.jpg
ケーブルカー日本一の急勾配を登り切った先にあるのは、八瀬を越えて鞍馬へ続く山々を見下ろす光景です。
眺望の地の定番アトラクション、かわらけ投げもやっぱりあります。なお「お嫁さん下さい」と書いて投げましたが……はい。

ちなみにケーブルカーの終点から頂上までは歩いて10分ほど。
ロープウェイで行くことも出来ますが、今回はそのまま初夏のハイキングコースを歩いて、そのまま峠を越えた向こう側に向かいました。
IMGP2120.jpg IMGP2139_20140519010014c59.jpg
新緑から段々と濃い緑に変わってきた山々が実に綺麗です。また、どうやらちょうどいい季節に行き当たったらしく、ツツジか何かピンク色の花が見事に咲いている光景もありました。

山道を暫く行くと分水嶺を越えたあたりで「国家鎮護」と書かれた石碑に行き当たります。
正確なところはわかりませんが、おそらくそこから先、滋賀県側の斜面が延暦寺の境内地なのでしょう。
さらに少し行けば、東塔と西塔・横川方面へ別れる分岐点にたどり着きます。

延暦寺は大きく東塔と西塔、横川と比叡山中の3つの区域に別れており、それぞれの間はハイキングコースの様な小道で繋がれています。
横川地区は少しばかり離れたところにありますが、西塔と東塔の2つは歩いて15分ほどの距離。位置的にも滋賀側へ下山するルートと概ね一致してくれます。
IMGP2149.jpg IMGP2153_20140519011612541.jpg
そんな訳で先に訪れたのは京都に近い西塔方面から。
分岐路から西塔の中心部までの道中には山王様を祀ったお堂や、天台宗の開祖最澄の墓所である浄土院が点在します。
IMGP2162.jpg IMGP2161.jpg
山中にお堂が点在する有り様は、まさにわびさびの世界と言うべきものなのでしょうか。
意外なことに、参拝客もあまり多くなく静謐な雰囲気に包まれた風情のある空間です。

そんな訳で静謐な山中をさらに少し進むと、“にない堂”と呼ばれる道を挟むように建つお堂や、本堂にあたる釈迦堂が建つ西塔の中心部に到着です。
IMGP2167.jpg IMGP2172.jpg
後から気付いたのですが、どうも東塔に比べて西塔はマイナーな区画な様子。
中心部である釈迦堂一帯でも参拝客は多くなく、時折お経や鐘の音が聞こえてくるだけの静かな雰囲気は、不思議と話し声まで小さくしたくなるような厳かな空気を湛えていました。
IMGP2173.jpg IMGP2189.jpg
西塔の雰囲気を満喫したら、再び分岐路まで来た道を戻り次は東塔方面へ足を運びます。

東塔は国宝の根本中堂をはじめ、延暦寺の主要な機能が集中する中心部。
僧侶や観光客が行き交い、お堂も鮮やかに彩られたものが多く、西塔と比べると侘び寂びというより華やかさのある境内です。
IMGP2197.jpg IMGP2206.jpg
惜しむらくは根本中堂は撮影禁止だったこと。荘厳で独特な作りの堂内では、ちょうど良くお坊さんによる内部の解説も行われており、興味深い話なども聴くことが出来ました。

お堂や国宝殿を巡ったら、締めに境内のお土産物店で少々買い物を下山の行程へ。
下りは京都とは真反対側、叡山の表口である滋賀県の坂本へ通じる坂本ケーブルカーを利用です。
IMGP2221.jpg IMGP2227.jpg
八瀬側が日本一の急勾配なら、こちらは日本最長のケーブルカーなのだとか。
加えて路線としての歴史も長く、駅舎などは非常にモダンな雰囲気を醸した格好いい建物です。
また琵琶湖側だけに眺望も抜群、新緑の山並みの向こうに果ての見えない湖がある光景は、まさに絶景でありました。
IMGP2231.jpg IMGP2248.jpg

坂本に降りた後も、当然ただそのまま帰るなんてありえない話。
古くから比叡山の表口として栄えた坂本の町も、古い町並みや寺社仏閣が残るある意味では比叡山の一部です。
なかでも延暦寺の守護神にあたり、全国の日吉神社や日枝神社の総本山に当たる日吉大社は有名どころ。
ここまで来て、寄らない理由がどこにもありません。既に日が傾き始め、強いて言えば御朱印がもらえるか心配なくらいでしたが、それはそれとしてとにかく参拝です。
IMGP2254.jpg IMGP2264.jpg
ただし、こちらも参拝料はバッチリ徴収。神社の割には珍しいです。

ちなみに日吉大社は東西2つの本宮と数多の摂社から成り立ちます。
今回は日も傾き始め閉門時間が迫っていた関係上、東西の本宮しか参拝できませんでしたが、その分夕暮れ時の境内のいい雰囲気を堪能です。
IMGP2267.jpg IMGP2289.jpg
思った以上に広く複雑な境内地には、摂社だけでなく石橋や滝、猿の檻など色々と見所が多々ある様子。
また時間に余裕があるときに改めて来てみたいところですが、今回は致し方なしです。

IMGP2321_201405190215273a4.jpg IMGP2326_201405190215295f3.jpg
最後は帰りがけに見つけた古そうな蕎麦屋さんで一服してから帰路へ。
延暦寺内のお土産物屋さんあたりから、所々で「日吉そば」というキーワードを見かけるようになり、なんとなく気になっていた次第。
後で調べたら、少し有名な蕎麦屋さんだったようですが、確かに美味しい蕎麦でありました。


余談ながら、この後は奈良へは帰らず友人邸に向かい、奈々さんのMVを眺めながらの飲み会と相成りました。
そして、翌日曜日もまた出掛けたのですが……それはまた別の話。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad