月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


逢魔が時の散歩の話

台風の当たり年だそうで、2週に1回は台風直撃の話題を聞く今日このごろ。
今週もまた一発来るとか来ないとか話題になっておりますが、空を見上げればそんな噂はどこ吹く風と秋雲が天高く、秋も一番過ごしやすい頃合いなようです。

先週末は研究室にお客さんが来た関係で、遅くまで残る日の連続。
なんだかんだと夜更かしの習慣が強化されてしまい、お客さんが去った後も真夜中まで寝付けない次第。
流石に生活環を矯正せねばと運動がてらに、寮の外に出て刈り取られた田んぼまで行ってみると、満点の星空に驚かされました。
そう遠くないところに街灯もある道端ですら、実家や埼玉に居た頃とは比べ物にならない星の数です。
条件が整った場所に冬場行けばもっと凄いことでしょう。
そのうち、カメラに三脚立てて夜に挑んでみたいことです。


そんな晩から一晩明けた日曜日は、昼下がりまで特に予定もなくのんびりとゲームやら買い出しやら。
昼も15時を過ぎてから駅に向かい行動開始です。

近鉄を乗り継いで京都方面へ。とりあえずは桃山御陵前駅まで向かいました。
この日の目的地は別ですが時間に余裕があったので、前座とばかり夜祭見物。
IMGP1095.jpg IMGP1097_2013100721501006c.jpg
境内には所狭しと露店が並び、学生風のカップルからあまりカタギでなさそうな人まで色んなのが行き交う猥雑とした雰囲気。
拝殿前の神楽殿か何かにはご進物が積み上げられていて、祭礼らしい実にいい雰囲気です。
IMGP1099.jpg IMGP1102.jpg
滞在はふらりと境内を一周する10分ほどでしたが、久しぶりに秋祭り探索できて気分上々。
ここから京阪電車に乗り換えて、再び移動を開始し数駅向こうの伏見稲荷駅で下車です。

参道前にて友人達と合流する頃には、日もとっぷりと暮れて黄昏時の到来してましたが、今回はそれが目的。
夕闇に沈む伏見稲荷大社の境内を散策です。
IMGP1112_20131007221011145.jpg IMGP1119.jpg
生憎と一眼レフカメラが故障中なので、撮影はポケットサイズのコンデジ一択。
闇中の撮影では画質もお察しですが、どちらにしても三脚なしでは手ブレの餌食となるのでしゃーなしです。

イメージとしては日没をすぎれば人気もなく、肝試しの気分でめぐることになるだろうと予期して来たのですが、案に相違して人通りは多め。
本殿を抜けて奥宮へ向かう参道は、同じような肝試し風の人から、運動場代わりに参道を使う体育会の輩、三脚を立ててガッツリ夜景を狙う人まで、逆に人ならざる者が紛れても気付かないのではと思えるほど賑わっており拍子抜けしてしまいました。

しかし、特に予定もないままに上へと続く道を見かけたら引き返すことを知らないのが好奇心というもの。
奥宮では飽きたらず、迷うこと無く山頂へ向かう参道をさらに進みます。
IMGP1127.jpg IMGP1128.jpg
途中、眺望の素晴らしき四ツ辻で一休み。こうやって見ると伏見も都会なのですね、京都駅の南側は脳内地図では空白地帯だったのですが……認識を改めないといけないみたいです。
ここまで来るとさすがに人影もまばらになり、同じように考えなしで登ってきた若者か参道の茶店の住民らしき方としか遭遇しなくなってきます。

四つ辻を過ぎると、そこから先は峰を巡る完全な昼の参拝コース。
ようやく肝試しらしい雰囲気も出てきて、不思議と話す声も小さくなってしまいながらも順調に歩を進めます。
不穏な空気より直接的な脅威としては、街灯と鳥居が作り出す影に石段が紛れて、足元が惑わされてしまう事故もありましたが……。
IMGP1135.jpg IMGP1133_2013100722525820b.jpg
何はさておき、無事に山頂まで辿り着き上社に参拝して、そのまま下山へ。

行きはよいよい帰りは辛いといいますが、足元の暗いなかでの階段下りは実際辛いですよね。
目線が違えば新たな発見もあって然るべきなのですが、鳥居の寄進者名くらいしか意識を向ける余裕もなく、早々に麓に戻り、呆気無く夜の参拝は終了となりました。

締めは稲荷駅前の居酒屋でビールで乾杯。
思いのほか、開いているお店が少なく財布の覚悟を決めてオシャレな居酒屋に入ったのですが、それなりに良心的な値段で美味しく日本酒も飲めたので幸運といえるでしょう。
そんなこんなでさすがに早く寝たい夜。
帰宅後、寝る前にもう一回だけ酒を入れてそのまま倒れこむように今日の朝を迎えました。


余談ながら、今週はボスを始め研究室の上役が海外出張で居ないので、先週の本気モードとは一転した気抜けた空気。
期末のレポート課題の山もありますし、いいタイミングなので、早々に課題をかたして肩の荷をおろしたいのです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad