月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


空と海のお盆の話

真夏の暑さも夕方には落ち着くようになってきたお盆休み明けの研究室生活の再開初日。
初っ端からゼミで発表だったり何だったりと、休みボケも相まって、なんだか目を回しているうちに終わってしまった印象です。
明日からは、気合、入れて、行きたいものです。


暑さと艦これ欲に休日に溜め込んだアニメ消化も相まって、ついつい後回しにしたくなりますが、自分ルール的に忘れないうちに、この休み後半のこと。

具体的には静岡から静岡の実家へ帰還した翌日、夏休みの真ん中14日。
この日は午前中をゆっくりと惰眠に割り当て、午後から行動開始です。
中央線から西武線を乗り継いで、先日は奈々さんがライブしたばかりの西武ドームをかすりもせずに、向かったのは所沢の航空公園駅。
かつて、日本で初めて飛行機を飛ばしたという飛行場跡地に、今は航空機の博物館があります。
今夏、ここに”風立ちぬ”や艦これ……実写の映画も公開とやらで、何故か今、妙に流行っているゼロ戦の稼働機が到来です。
悲しいかな、横田基地の夏祭りが開催されない今年、夏のミリタリ熱を発散するためにも、これは何としても見に行かねばと、是も非もなくやってきた次第です。

そんなわけで駅前で下宿生と合流したら、屋外展示の戦後の輸送機を横目に館内へ。
IMGP8908.jpg IMGP8909.jpg
ゼロ戦は別料金……稼働機なんて貴重品、よくもまぁ連れてきたものです。

常設展示スペースは”カブのイサキ”で見知ったパイパーカブのような民生機から、軍用のヘリや練習機まで。
お世辞にも広いとは言い難い屋内に、ところ狭しと航空機が展示されています。
IMGP8911.jpg IMGP8917.jpg
一部にあまり保存状態が良いとはいえないものも見受けられましたが、これだけ真近に飛行機を眺められるのはなかなか良いもの。
操縦席の内部や、後部の荷物室に入れるものもあり、普段目にする機会のないスロットルやペダルの配置まで体感できたのは、頭でっかちになりがちな本読みにはいい刺激になりました。

そうして博物館の奥まで行ったら、そこはお待ち兼ねのゼロ戦ブース。
囲いをくぐって見学ブースの中に入れば、そこには一機の英雄がご鎮座なさいます。
IMGP8931.jpg IMGP8935.jpg
想像以上に薄平べったいと思ったのが、正直な印象。
スマートな見た目と言えば聞こえはいいですが、戦闘機といえば力強いジェット機を見てきた現代っ子には、ちょっと頼りなく見えてしまいます。
余談ながら胴体下部に敷いてある板は、鏡になっていて機体下部を拝見できるスグレモノ。なんとなく予想はしてましたが、あまり面白みのないツルリとした下部もしっかり確認できました。
この敷物、エンジンや引き込み脚回りから漏れ落ちる機械油を受ける意図もあるようで、あまりに垂れてくる場所には雨漏りを受けるようなカップが置いてありました。

また、武装の7.7mmと20mmの機銃は、取り外したものも展示中。
胴体前部の7.7mmはともかく、20mmの取り付け位置は翼の中央部当たり。実物で見ると意外と外側にあるのが印象的でした。
こんなに離れていてもちゃんと弾丸は収束してくれるのかと、心配になってしまいますが実際戦果を上げているのですから大丈夫だったのでしょう。
照準器も展示してあり、覗くことが出来たのですが、これまた予想外にモダンな雰囲気を感じさせるものだったのが印象的。
IMGP8938.jpg IMGP8948.jpg
本やその他の文章、ネットの写真でどれだけ眺めてもやっぱり実見に勝るものはないのだと実感するゼロ戦見学。
非常に面白いものを見ることが出来て、いい勉強になりました。

ゼロ戦を一通り見終えた後も、この博物館の見どころは終わりでなく、日本の初飛行の地らしい飛行機の黎明期に関する展示や、原理に関する展示もあります。
IMGP8952.jpg IMGP8956.jpg
初めて飛んだ機体の模型もさることながら、原理を紹介するコーナーに有ったベルヌーイの定理を実感する装置は、子供向けながら地味に面白い逸品でした。


所沢の博物館の後は、その足で新宿へ向かい暫く時間つぶしながらフォロワーのなすたさん待ち。
無事に仕事を終えたガタイの良い男前を面子に加えたら、3人で新宿の飲み屋でビールを呷る夜と相成りました。
ついった上では絡むことも度々のなすたさんでしたが、顔合わせは初めてのこと。
最初は話題の探りあい感もありましたが、気付けばツイッタと大差ない他愛のない話で盛り上がることが出来て、楽しいお酒の席でした。
次は他の共通のフォロワーを混ぜて飲んでみたいところです。


かような次第でつい飲み過ぎてしまった翌日は、大人しく家でゲームとアニメに勤しむうちに過ぎ去ってしまい、更に一晩明けた金曜16日。

この日も飲み会の予定が入っていたのですが、それは夜のこと。
予定の空白だった日中は、何か暑さに追い立てられたかのようにふらりと鎌倉は鶴ヶ岡八幡宮まで来てしまいました。
IMGP8961.jpg IMGP8963.jpg
目的は単純明快に巫女さんを見て御朱印を貰うことでしたが、そのままそれだけで帰るのも惜しいもの。
さりとて、鎌倉観光には初動が遅れて時間が足りないところ。
気付けば、神社のあとは海に居ました。
由比ガ浜のリア充の喧騒から砂浜伝いに西へ逃れて、長谷駅近くの浜の端っこまで。
IMGP8969.jpg IMGP8974.jpg
ウィンドサーフィンを組み立てるお兄さんを眺めながら、ぼんやりと黄昏て、頃合いを見計らい都内の待ち合わせ場所へと向かいました。

ちなみにこの日の飲み会は、コミケ明けと面子も大差ないビールを飲む会の流れ。
社会人率が高く、会社の仄暗い話が多々飛び出る業の深い有意義なものでした。
帰路、先輩の家にてゲームをしながら夜を明かしたのも業が深い一環です。


そんなこんなで、気付けば緊縮財政も吹っ飛ぶアレな休日期間でしたが、最終日は久方ぶりに調達した18きっぷを活用して、のんびりと中央本線を鈍行で西へ。
信州木曽路の車窓を満喫しながら、13時間ほどかけて学校の寮へ。
帰着して間もなく友人から飲みの誘いがあり、田んぼの真中で晩酌をして……と、最後まで色々ありながら月曜を迎えました。

緊縮しないとダメです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad