月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


酒精怠惰のお祭り

記録的な猛暑酷暑と、集中豪雨の連携技が猛威を振るう8月半ば。
今年もまた例年通り、有明で夏休みの恒例行事が開催されました。
学生の身分に逆戻りし、投入可能な予算こそ少なめですが、何はさておき参加するのに意味があるもの。

意識も高く前日から関東に帰還して、同じくコミケ目当てに関東入りしていたアリソンとマイミクの柊さんの3人で前夜祭的な飲み会から、夏休みが始まりました。


飲み会明けの初日土曜日は、特にこれといって急ぎの買い物もないのでにもーと(小)を連れて、まったりと10時頃に出発です。
半年ぶりのビックサイトに到着したのは、11時半を回った頃合い。
例年通りであれば、もう余裕綽々の入場だろうと踏んでいたのですが、さにあらず。
今年の初日は企業ブースの入場列を特殊な動線で扱ったため、西1階の入場列もとばっちりのように大混雑してしまい、少々手こずる自体に。
もっとも30分も待たずに入れたので、朝から並ぶことを思えば誤差の範囲でしょう。
ツイッターでお馴染みの半月クラスタがサークル参加しているので、彼らに差し入れ兼挨拶に顔見せをしてから、同じくサークル参加のフォロワー冴さんところへもご挨拶。

これでこの日の目的の大半を片してしまったら、後は妹とも別れてアリソンと合流し暫く冴さんのサークルの所で世間話。
その後は、フォロワーの優月さんとも合流し、3人でフードコートにて雑談です。
優月さんの興味深い発掘体験談などなど聞きながら、なんやかんやで盛り上がっているうちに閉会時間もとうに過ぎて、サークル参加組すらあらかた撤収してしまう時間に。
慌ててビックサイトを後にしてお二人と別れ、今度は東京駅近辺で焼肉をやっているという半月クラスタのもとに合流。
一緒に焼肉飲み会を満喫した挙句に、その足のまま横浜に向かいいつもの長野人、元寮生、元下宿生との飲み会に移行して、夜を明かしました。


そんなこんなで酒精にまみれて、起きたら9時を回っていたコミケ2日目。
今回は例年とは異なり、この日がメインイベントたるエロと創作の日です。
元下宿生は既に会場入りして待機列についているとの情報でしたが、私の方の目当ては2日目の台風の目たる鉄道ミリタリー方面。
慌てず騒がず、着いたら10時半ですが大した列もなく11時前には会場内に展開完了です。
人通りも決して多くない快適な西ホールを早々に巡り、欲しいものの大半を手に入れたら、割と満ち足りた気持ちのまま創作島や妖怪島を見物に、東ホールへ移動へ。
しかし西の順調さに、娑婆っ気を持ったまま入った東は恐ろしいまでにサウナそのもの。
立ってるだけでじっとりと全身から汗がにじみ出て、密集した人と人は互いに妙な湿り気を帯びる狂気の空間。
天井の方は何故か白く霞んで見える有様です。これが世に言うコミケ雲か……と、現実と化した都市伝説に驚嘆しながらも、堪能する余裕もなく移動するだけで手一杯。
道中、艦これ本を求めて寄り道することが出来ただけでも、思い返せば奇跡に近い事象だと思えた有様でした。

主だったものの購入後は、例年通り大量に買い込んで集積している友人連中の元へ合流。
しばらく挨拶を兼ねた雑談をしてから、数人で先に離脱しコスプレ広場の見物へ。
酷暑の影響もあってか、露出度高めのコスプレも多い中をあれやこれやと適当に眺めながら、見て回っているとにわかに北西の空が怪しく曇りだし、ツイッター上でもゲリラ豪雨の情報が飛び交い始める状況に。
間を置かず、コミケスタッフからもゲリラ豪雨接近の情報が告げられます。
その頃には空では雷鳴が轟き、風はいい具合に吹き始め、素人でも雨が近いことが感じられる有様。
屋根の下に入るなりさっさと帰るなりしてくださいとの通告もあって、撤退することにしたのですが、今度は同じような人たちで駅前が大混雑。
このまま、駅への入場を待っている間に降られては最も悲惨だと、近場の飯屋に逃げ込んで、窓際の席から高みの見物と決め込んだのですが……あに図らんや、結局雨は降らずじまいで我々も適当なタイミングでお店を後に秋葉原へ向かうこととしました。
コミケで雨は降らない――と一昔前に都市伝説のように言われてましたが、そんな伝説の片鱗でも見せられた気分です。

秋葉原へ移動後は、例のごとく友人連中と軽く打ち上げ。
コミケ日程的には翌日を残しているのですが、メインの買い物も終わり、月曜は来れない方も多いので日曜のうちにやってしまおうとなった次第です。
毎度のごとく待機列や戦利品分配のあれこれから、将来のことまで、深いようなそうでもないような話をしつつ夜は更けて終電を逃したのはご愛嬌でしょう。
しょうがないので、隣街から実家まで歩いて帰ったのは誤差の範囲です。


斯様な次第でガッツリと疲労を溜め込んでいたコミケ3日目。
東方と同人ソフトとエロゲ同人等の日。
朝はどうにも起きれず、気付けば8時半。朝の気付けにとアニメを見ながら艦これをしていたら10時を回る有様。
かつての私だったらありえない余裕ぶりですが、今回は大丈夫という根拠のない確信のもと、適当に見計らって出発です。
会場についた11時過ぎには、既に入場規制も解除され列らしい列もないままに目的の西ホールへ。
この日も、先に西を回ってから東に移動する戦術でした。

目的は無事に達成され、予定通り西の妹のお使いを片して東にてふわりふわり。
東方やなのは、艦これの本を眺めたり、フォロワーののりしろみちろさんのサークルへ挨拶に行ったり。
途中から珍しく参加していた元寮生と合流して、二人して東方島や同人ゲーム島を巡っているうちに、時刻は14時過ぎになりました。

本当であれば、まだまだ眺めたいものも行きたい場所もあったのですが、この日は静岡の親の実家に行く予定があったので、タイムリミットがちょっと早め。
15時前には東海道本線に乗らないといけない事情から、後ろ髪を引かれながら会場離脱と相成りました。
IMGP1017.jpg
離脱後は元寮生とも別れて、1人鈍行列車に乗り込み西へ進むのみ。
戦利品を紐解く体力もなく、ロングシートで至高の居眠りを貪りながら、タダ酒と刺身の待つ静岡へと行きました。


そんなこんなで前後4日間まるごと毎晩、どこかしらで飲んでいたようなアル中的コミケ。
昨年辺りから、もはや早朝に並ぶ体力気力ともになく、非主流派の強みというべきか搦手的に少し遅れたタイミングで行って目的を果たすことが多くなったコミケですが、今回はその色がより濃く出た3日間となりました。
財布の余裕もないことから、戦利品は乏し目ですが、当初から欲しいと思っていたものは概ね買うことも出来ましたし、奈良に行って以来会うことも出来なかった方々と久しぶりに飲むことも出来たので、非常に満足の行く結果です。

学生の頃は、こんな無茶な遊びをやっている大人の体力を底知れぬと思っていたのですが、体力がないならそれなりの遊び方があるんだと改めて実感した気分です。
裏を返せば、足を洗う機会を逸したとも言えますが……趣味の話をそうそう止めれるものでもないですしね!!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad