月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


初秋の津軽渡海行・本州の日

季節も巡ってようやく昼の暑さも落ち着き始めた頃合い。
仕事が積もって首が回らなくなり始め、ただひたすら待ち焦がれるばかりであった3連休。

そういえば今年はまだ東北に行ってないと思い立ち、珍しく一週間も前から手配や準備を初めてちょっと北までお出かけしてきました。


気分と諸々の都合で日程は一泊二日。本州の日と北海道の日の二分割です。

少々残業気味で仕事を終え寮で青息吐息のまま眠り、朝を迎えた土曜日。
バスはおろか人影も疎らな午前5時から、現実を見せつける部屋を出てまずは東京駅に向かいます。
朝一番の東北新幹線に乗り込んだら、早起きにうつらうつらしながら一路、新青森駅へ。
IMGP5663.jpg IMGP5666.jpg
新青森駅から2分の乗り継ぎで土休日限定の快速「リゾートあすなろ下北」に乗り換えです。
本来はこの列車、青森駅で後続列車を待ってから出発する設定なので、慌てることもなかったのですが、折角乗り換え出来てしまったのは仕方ない。
青森駅で出来た乗り継ぎ待ちの余裕で、朝食の駅そばを食べておつまみとビールを購入したら、後は乗っているだけで下北駅へ一直線です。
7時過ぎの東京駅から、あれよあれよと1回の乗り換えと半日足らずの時間でもう最果て近き陸奥湾岸へ。
あまりにもあっさり過ぎて、旅の感慨もなく電車賃以外は「ちょっとお出かけ」の感覚でもう下北駅へ到着です。
昨年の冬に津軽半島に行った時も思いましたが、新幹線の偉大さも過ぎるものです……。
IMGP5687.jpg IMGP5694.jpg
下北駅からは路線バスにゆらり揺られて恐山へ。
町を外れて鬱蒼とした森の中に入ると、バスの案内も恐山の紹介に変わり始め、ようやく旅の風情が出てきたというものです。
バスは沿道に地蔵が立つ参詣道を進むと、急に森が開けて左手に湖が見えてきます。暫く行って三途の川を渡って霊場に到着です。
IMGP5698.jpg IMGP5704.jpg
入山料を払って立派な山門をくぐり、本堂と地蔵殿にお参りしたら、いざ地獄めぐりの観光です。

煙を吐く岩や硫黄まみれの穴、あちこちに積み上げられた石や仏像に供えられた風車。
IMGP5712.jpg IMGP5730.jpg
この独特な雰囲気の中では私のような観光客も大人しくなり、境内は静けさに包まれていて良いものです。
死者が登るという鶏頭山の麓の木には、死者が使うためにと手ぬぐいや草鞋が結び付けられているのだとか。
IMGP5733.jpg IMGP5744.jpg
湖岸に出て山を眺められる場所に来れば、文字通り風の音だけが聴こえる様な静けさ。
休憩用のベンチに腰掛けたら、いつまでも風景を眺めて居られそうで、つい帰りのバスの時間までのんびり寛いでしまいました。
IMGP5753.jpg IMGP5759.jpg
帰り際に気になった霊場アイスを購入し、バスの出発ギリギリに食べきったら、再び麓へ戻りました。

今度は下北駅までは戻らず、むつバスターミナルで途中下車。
ここにて更に北へ向かうバスへと乗換えです。
IMGP5766.jpg IMGP5764.jpg
3階建てのターミナルは窓口まであるこの辺りのバスの一大拠点。待合室まで風情があって良い感じでした。
ついでに乗り換えまでは少し時間があったので、ふらりと周囲のスーパーやら物産館やらを見物。
所変われば品変わるとスーパーの売り物見物が面白いのですが、郷土料理の味噌貝焼き用にと綺麗に洗われたホタテの貝殻(!)が売り物だったのには驚きました。

そんなこんなで乗り込んだバスは下北半島の北辺をなぞるように走り、本州の北の果て、大間崎まで連れて行ってくれました。
IMGP5779.jpg IMGP5781.jpg
ちなみにバスで大間崎に降りたのは私だけでしたが、お客さんは他にもちらほら。
大きなバイクのツーリスト風の人や、レンタカーのカップル、よくわからない一人のおじさん……日没も差し迫り薄暗くなってきた大間崎は良い感じの最果て感です。
IMGP5782.jpg IMGP5785.jpg
閉店間際の土産物店に駆け込んで、店のおばあさんの試食攻勢に負けて土産と地酒のカップを買ったら、広場の階段に腰掛けてゆっくり日没を眺めながら一杯と洒落こみました。


日没後はフェリーターミナル近くの予約したホテルまで、ぶらり徒歩移動。
道中でご飯でもと思ったのですが、お店どころか人通り、車通りも殆ど無い有様。家々からは人の気配がするのに、外は静まり返った不思議な空気には、本当に遠くまで来たのだと思わずワクワクしてしまいました。
結局、ホテルのレストランで夕食を摂りふらりと外に出て星を眺めたりしながら、夜は日付の変わる前に就寝と致しました。

北海道の日→

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad