月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


そうだ、古都に行った・その1

梅雨らしいジトジト雨もあまり感じぬまま、いつの間にやら強烈に蒸し暑い日が続くようになった7月中旬。
部屋のPC前に座っているだけでも、じっとりと汗が滲んでくる有様に盛夏の到来を実感します。
もう少し待てば、セミもうるさくなることでしょう。


その1・その2
日記は遡って、微妙にすっきりしない空がサウナのような空気を漂わせた14日の土曜日のこと。
午前中に関西での諸用件を済ませたら、修学旅行以来となる近鉄列車に乗り込んで、向かったのは橿原神宮前駅です。
IMGP4742.jpg IMGP4743.jpg
橿原神宮前は名前の通り、橿原神宮なる神社の門前駅。
すぐ目の前から参道が始まるのですが、それとは別に飛鳥への玄関口の要素も兼ね備えた交通の結節点。
そして飛鳥と言えば大和三山をめぐるサイクリングです。

そんな訳で駅前の小さな写真屋兼業(?)のレンタサイクル店が目に入ったのでとりあえず入店。
特に何も考えてなかったのですが、丁寧に地図を出しておすすめルートを教えて下さったので、それに従うことに決めて出発進行です。

はじめに向かったのは駅前すぐの橿原神宮。
実のところ、それほど古い神社でもなく明治期に入ってから神武天皇の宮殿跡と伝えられる土地に創設されたのだとか。
IMGP4757.jpg IMGP4759.jpg
鬱蒼とした森やいい知れぬ神秘感はないですが、綺麗に整備された広々とした境内と大きな拝殿は立派の一言。
こういう荘厳な建築美を味わうのも、悪くないなと思いつつ、ふらりと境内や摂社を一巡り。

裏手に少し行った神武天皇陵にも参拝したら、進路を東へ向けて飛鳥地域へ向かいましょう。
IMGP4784.jpg IMGP4790.jpg
橿原の考古学研究所付属博物館を見物してから、元薬師寺跡を経由して一路、東方の飛鳥資料館方面へ。
道中は絵に描いたような田舎地帯。
田園地帯と如何にも古そうな集落、思い出したように現れる新興の住宅地がモザイク状に散らばり、良く言えばのどかな雰囲気。
要所に立つ少し塗装の禿げた案内板が、ここが有数の遺跡地帯であることを思い出させます。
IMGP4814.jpg IMGP4816.jpg
ちなみにこの日は、昼から走り始めて以来、外の気温は上昇の一途。
段々と晴れ間も見え始めて、夏の陽気は気持ち良いのですが滝のような汗が止まりません。
水のようにサラサラした汗がとめどなく流れ、久方ぶりに健康的な運動をしている気分になります。

南北に伸びる道を”雷”と名のついた交差点で東に曲がり、真っすぐ行った向こうがお待ちかねのクーラーがある建物……もとい、飛鳥資料館です。
IMGP4822.jpg IMGP4823.jpg
入場料を払い、展示物を見ながらクーラーを浴びてホッと一息。
この日は残念ながら展示物の半分が改装中で見れなかったのですが、何はともあれ助かります。

休憩ついでに向かいの葛を使ったお店で遅めの昼食も。
そういえば、飛鳥から少し南に行った吉野は葛の名産地だったそうですね、あまり奈良の食べ物は知らなかっただけに、こういう出会いで覚えることもよくあります。
IMGP4826.jpg IMGP4827.jpg
ちなみにメニューは葛うどんととろろご飯のセット。
流石に葛のお店だけあって、デザートの葛餅が逸品です。次に機会があったら葛まんじゅうと葛湯も食べてみたいところです。

一息ついて体力を回復させたら、進路を南に変えていよいよ飛鳥路です。
万葉集にも名を残す集落や、古から続く祠を横目に自転車を漕ぎ、引き寄せられるように神社に到着です。
IMGP4846.jpg IMGP4854.jpg
日本書紀にも記述のある古社、飛鳥坐神社は意外とこじんまりとした印象。
もっとも周囲を森に囲まれた斜面に建つだけに、境内の広さは今ひとつ判然としないところ。
奥に向かうと本殿の裏に摂社や奇妙な形の石を祀った広場があったりと、なかなかどうして面白いところです。
ドカッと陽の照る夏日でも、何となく涼しい雰囲気でしたし、季節と時間を選べばもっと神秘的な空気を味わえるのかも知れません。
余談ながら、社務所に銅鐸が吊るしてあったのには面食らいました。
IMGP4873.jpg IMGP4881.jpg
ちなみに門前の集落も、古式然とした落ち着いた雰囲気がありいいところ。
門前町のようなお土産物屋さんの並ぶ光景も嫌いじゃありませんが、こういうのも里のお宮といった風情で良いものです。

飛鳥路は更に続いて流れるように酒船石や亀形石造物を見学。
IMGP4886.jpg IMGP4891.jpg
この辺りの石造物は歴史の教科書で写真を見ても、今ひとつピンと来なかった代物立ち。
実物を見れば何か印象も変わるかとも思いましたが、本物を見てもやっぱり妙な形の石そのもの。
飛鳥人はこれをどんな風に使ったのか……想像すれば古代史のロマンそのものなのでしょうが、私にはまだまだ妄想を膨らませるための知識が足りないみたいです。

折角なのでそのまま初級者向きの不思議建造物、石舞台古墳へ。
IMGP4898.jpg IMGP4905.jpg
後代に盛土部分が失われたとかで石室部分がむき出しとなった有名な古墳です。
さぞ大きいのだろうとは思っていましたが、実物を見ると構成される石は人の大きさを優に超えるものばかり。
想像以上だったことに嘆息が漏れるばかりです。
写真や本で知った気になっていても、やっぱりスケール感はホンモノを見ないとダメですね。
作り方の説明書きもありましたが、本当に人力で運んだのかとニワカには信じられない程でありました。

そんなこんなで飛鳥路を満喫していたのですが、何分にも午後から動き出したので、持ち時間は時間は少なめでした。
全てを回り切らないうちでしたが、時計はまもなく17時を指し示しているのでこの日は撤退することに。
IMGP4909.jpg IMGP4915.jpg
道すがらにお寺や亀石を眺めながら北西に戻ります。

時間切れなどと言いつつも、岡寺駅のすぐ近くで妙に惹かれる小さな神社があったので、ちゃっかり寄り道はしてみたり。
IMGP4922.jpg IMGP4924.jpg
何も知らずに寄ったのですが、実は奈良時代の文献にも載った歴とした古社だったりするので、こういう土地は侮れません。


斯様な次第でどうにか無事に自転車の返却も済んで、再び近鉄電車に乗車。
もっとも、このまま明るいうちから撤収では気が済まないというもの。
二駅隣りの八木西口駅でさっと下車して、観光はエクストラステージです。
向かったのは駅から歩いて5分ほどの所にある今井町と呼ばれる一角。
江戸以前から続くとあるお寺の門前町にして、江戸時代には商業都市として栄えた歴史的建造物群を残す一帯です。
IMGP4928.jpg IMGP4942.jpg
江戸前期から幕末にかけての建造物がひしめくように建ち、多くは現役として機能している稀有な街並みです。
時間が遅かったために内部の見学は1軒しか出来ませんでしたが、街角をぶらりと散策です。
驚くべきは古い建物がギュっと詰まった光景が数区画では収まらず、一つの地域全体に渡っていることでしょうか。
通りを進んでも、路地を曲がっても古風な家並みと、家路を急ぐ人や路地で遊ぶ子供がいる光景は夕暮れの雰囲気とも相まって、ちょっと浮き足立った気分になるものでした。

そんなこんなで飛鳥・橿原を堪能したら、今度こそ近鉄電車で撤収です。
京都に向かい、京都タワー下の風呂で汗を流したら、時期が来るまで京都駅の大階段で一服。
IMGP4954.jpg IMGP4955.jpg
ビールを傾けながら夜風にあたり、夜の京都駅を見下ろしていると高校時代の初めての一人旅を思い出します。
その時も確か、帰りの夜行列車を待って夜の大階段でボーっとしてたなぁ……なんて考えていたら、フォロワーの沙耶さんが近くにいるとの一報。
折角の機会だし黄昏れている場合じゃないということで急遽、夕飯をご一緒することになり、駅ビルの串焼き屋さんで一杯。

その後、いつもの如く駅近くのネットカフェに転がり込んで夜を明かすこととなりました。

その2→

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad