月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


大型連休のお出かけ・その5

←その4その6→

下関でどうにかこうにか夜を明かして迎えた5月2日。
始発列車のアナウンスがまるで福音かのごとく聞こえました……。

そんな上り始発列車を乗り継いで、この日に下車したのは広島駅。
ここでフォロワーのしろかえるさんと合流です。しろかえるさんとは初めての対面でしたが、まさかのイケメン好青年。いつもツイッターで「ひゅんひゅん」鳴いて真宵可愛いと言ってるのにびっくりデス。あと出雲お土産まで頂いちゃって感謝感激。

そんな彼と合流したら、路面電車に乗り込ん来た道を戻るかのごとく宮島口へ。
ここから宮島航路のフェリーに乗って、参道を進めば世界遺産でお馴染みの厳島神社です。
彼は何度か来ているそうですが、私は何年か前に旅行で行ったきり2回目の上陸です。
その前回行ったときには全く知らなかったのですが、厳島神社の象徴とも言える大鳥居は干潮時に間近まで歩いて行けるのだとか。
今回はタイミングよく干潮だったので、もちろん下に降りて見物です。
もっとも肝心の先の大風で海上の大鳥居が破損したとかで、生憎の修理中。
IMGP3954.jpg IMGP3958.jpg
しかし海上側正面から本殿が見れただけでも、なかなかに満足。やっぱり建物は本来想定された方向から見るのが一番、格好いいですよね。

遠目から建築美を堪能したら、いざ拝観料払って参拝です。
IMGP3960.jpg IMGP3975.jpg
流石にGWとあって観光客でごった返してはいましたが、適度な賑わいもお祭りみたいで悪くないもの。
朱塗りの柱が映える拝殿が美しいです。
IMGP3991.jpg IMGP3990.jpg
鳥居を見れたのはありがたかったのですが、やっぱり本殿に登ってしまうと下に水を湛えている方が見た目良さそうですよね。
そのうち、満潮時に行きたいものです。

参拝経路を抜けたら、裏手のお土産物街を通って最奥の大元神社まで参拝。
IMGP4003.jpg IMGP4004.jpg
朱塗りの厳島神社とは打って変わってこちらの境内は落ち着いた雰囲気。
奥の本殿だけはちゃんと綺麗に彩色されていましたが、手前の拝殿に隠れていてあまり目立たないので誤差の範囲でしょう。
余談ながら、このあたりには鹿がうろついていたり。なかなかイケメンです。
IMGP4016.jpg
おそらく神の使いか何かなのでしょう。

最奥まで行ったらあとは引き返すだけ。
昼食探索を兼ねつつ、土産物街をウロウロし適当なお店で名物だというあなご丼を頂きました。
その後は少しだけ高台にある千畳閣に昇殿。
IMGP4036.jpg IMGP4042.jpg
立派な太い柱と、分厚い床板の重厚な木造建築です。
靴を脱いで中に入り、一度腰を降ろしたらいつまででもマッタリ出来てしまいそうな風情と風格がありました。
しかも高台にあるので景色が良い。
IMGP4056.jpg IMGP4065.jpg
紅葉が有名ではありますが、新緑もなかなかどうして素晴らしいものです。
千畳閣でついつい長居をしてしまったら、時間は16時頃と電車の都合も気になる頃合いに。
最後の仕上げに表参道で軽くお土産を物色し、揚げもみじなるもみじ饅頭を揚げたものを食して島を後にしました。
IMGP4079.jpg IMGP4096.jpg
宮島口からは再び路面電車に乗り、広島駅にてしろかえるさんと別れて私は一路上り方面へ。

この日は一直線に大阪駅まで向かい、駅近くの繁華街にて一泊。
大阪に居るはずの下宿生を呼び出そうかとも考えましたが、夜も遅かったので自粛して翌朝に備えることといたしました。

←その4その6→

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad