月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


秋の多摩を回った話

秋も深まり始めた11月半ば。
北の方では紅葉も終盤を迎えているそうですが、南関東はこれから色付く頃合いだとか。
一足早いですが、そろそろフラっと木々を眺めてまわりたくなる季節です。
既に寒い有様の財布と相談し、安上がりな親の車で近場を回ることにしてみたました。


例によって金曜夜に帰省し、土曜日の出発は実家から。
自転車では帰りがゲンナリする多摩丘陵を、直角に横断して向かうのは武蔵国のかつての中心地、府中。
東京湾岸が湿地帯であった律令時代には、国府が置かれ武蔵一番の大都会であったとか。
やって来たるはそんな古の政庁の跡に遺された由緒正しき大國魂神社です。
古代もさる事ながら、立地は今も街のど真ん中。
神社が必然的に町外れとなるような門前町とも、自然崇拝の神社にありがちな山奥とも、郊外に作られがちな城下町の神社とも違うなかなか興味深い立地です。
IMGP0041_20111114205733.jpg IMGP0014_20111114205732.jpg
元々は六所宮と呼ばれ、国府の近くに武蔵国の主たる6つの神社の分霊を祀った神社だったとか。
一般にこの手の律令国内の神社を一箇所に分祀したものを総社と言い、他の地域にもある代物。
創建1900年を名乗ってますが、総社の制度ができるのはずっと後の時代のこと。
総社の性質上、人為的な立地のはずですが、母体となる祭祀でもあったのかもしれないと想像するとロマンがあります。
残念ながら、市街地ど真ん中に建つ神社のため地形までは見て回れませんでしたが、小高い丘でもあったのかなと想像が膨らみます。

それにしても驚いたのは圧倒的な人の数。さすがに町のど真ん中です。
七五三のシーズンだったようで、お祓い用の待機列ができている有様でした。
参道には露店も並び、巫女さんが往来し、ちょっとしたお祭りの雰囲気。
葉も少しばかり色付いて彩りを添え、とても良い華やかさがありました。
IMGP0038_20111114205731.jpg IMGP0045_20111114205731.jpg
ちなみに参道の脇にはちょっとした資料館も。律令以降の発掘物などが展示してあり、無料で小規模な割には見応えがありました。



そんなこんなで巫女さんを満喫したら、時間が少し余ったのでハイキングに進路変更。
IMGP0047.jpg IMGP0050_20111114205729.jpg
八王子にある戦国期の山城、八王子城跡を見物です。
城跡といっても江戸時代はずっと放置されたままであり、遺構はこれから発掘されるであろうただの城山。
入り口からして、鳥居なんか立ってたりとか気合入ってます。

鳥居といえば当然、神社。山頂近くの二の丸に八王子神社が祀ってありました。
いい具合に古びた木製の社が落ち葉を被っているさまはそれなりに絵になる様子。
背後に気を付けたい感覚です。
IMGP0058_20111114212559.jpg IMGP0053_20111114212559.jpg
近くの展望台からの景色は良かったのですが、空が曇り始めてしまったのが少し惜しいです。
足場の整備が悪く少々怖い思いもしましたが、次は天気の良い時にでも再挑戦したいです。

山頂まで行ったら、麓に戻り沢筋の御殿跡も見物。
ちなみに、いくら山城とはいえど平時から山の上では生活が成り立たないので、通常のお屋敷は麓にあるのが普通です。
IMGP0066.jpg IMGP0069_20111114212557.jpg
とはいえ、橋をかけたり石垣で守ったりと防備はそれなりに整ってる様子。
裏手には落城時に女子供が自決して血に染めたと伝わる滝があり、真新しい花と卒塔婆が置かれておりました。
この一体はオカルトサイトでは割と名高いあれなスポットだそうですが、まだ時間も早かったせいか特に不気味さを感じることもなく帰路に着くこととなりました。


そんなこんなで土曜日も終りを告げ、アニメを眺めながら日付をまたいだ日曜日。
東京MXの化物語が佳境に入った1時頃、唐突に高校の友人”代行”からスカイプ経由で飲みに来いよとのお誘い。
アルコールの匂いにつられて参上したら、随分と久しぶりに夜も更けるまでとっくりと飲み明かすことになりました。
お陰様で仮眠のつもりが目覚めると昼過ぎの次第。5時前まで飲んでも9時には起きる若さはもはや無いようです……。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad