月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


房総海釣り堀の話

合間の平日に台風の強烈な洗礼を浴びることとなったシルバーウィーク後半戦。
台風が去った関東は先日までの夏日から一転して肌寒い空気に包まれた次第。
色濃い秋の気配に長袖の上着を半年ぶりに復活です。


そんな晩夏が初秋に変わった9月終わりの連休初日は、朝から実家の車を動かして千葉へお出かけです。

一旦、横浜へ寄って学校の友人を拾い集めたら、アクアラインを抜けて館山道を南進。
京葉地帯とはまるっきり違うのどかな風景と”ぼうそう”の名に恥じないフリーダムな道路事情を満喫しながら、わいわいガヤガヤと目的地へ。
IMGP0002_20110924233316.jpg IMGP0008_20110924233315.jpg
着いたのは房総半島の先端から少し東京湾側に行った小さな漁港、富浦です。
予定より少し早く到着してしまったので、まずは郊外の道の駅で一服。
昼食を食べたり、土産物店を巡って情報収集がてらの時間つぶしです。
海産物の他にビワもだとかで土産物店にはビワのお酒やビワのアイスがおいてあったり。
アイスは意外と美味でありました。

1時間半ほど道の駅でのたうち回ったら、頃合いを見計らって港へ移動。
IMGP0024_20110924233314.jpg IMGP0031.jpg
大きな埠頭の真ん中に漁協の簡素な建物が堂々とある様子は、呑まれる前に見た宮古の漁港を小さくしたようなイメージでしょうか。
漁村と言うには設備が整っているのですが、港町と言うには小さい不思議な感じのする港でした。
今回はここから更に渡し舟で沖合へ。向かったのは筏を組んで作られた海上釣り堀というところです。

ちなみに海上釣り堀へ向かったのは私と釣り好きの友人の2人だけ。
残りの同行者は車に乗って房総観光へ旅立ちました。
この一緒にドライブしながら現地解散する奔放さが気楽でいいのです。

そんな訳で海上釣り堀。
そもそも一般的な釣り堀を知らないので何とも言えませんが、海上にあるので生簀に入ってるのは当然、海水魚です。
それ以外は、おそらくたぶん普通の釣り堀と同じなはず。
IMGP0033_20110924233313.jpg IMGP0035_20110924233307.jpg
波に揺られながら釣り糸を垂れてのんびり過ごす……つもりだったのですが、釣りなんぞ殆ど経験のない私はスタッフに餌の付け方から釣竿の扱い方までレクチャーしてもらうことに。
海の男然とした強そうなスタッフの面々ですが、対応はまさに気のいいあんちゃんと言ったもの。
親切にあれこれと教わったからには、多少なりとも成果を挙げないと申し訳ない気分になり頑張ってみました。

まぁ結論から言えば「坊主じゃなかった」訳ですが……。
IMGP0045_20110925000742.jpg IMGP0048.jpg
始めは生憎の曇り空だったのですが、段々と雲が流れていき後半には気持の良い秋空に。
釣り堀とは言え海上なので景色もよく気持ち良い。終始、波に揺られているのは流石に疲れましたがいい経験でした。

釣り堀を撤収後、観光組と合流したら道の駅で地酒やおつまみをお土産にして一路横浜へ。
IMGP0062_20110925000741.jpg IMGP0070_20110925000740.jpg
帰りは趣向を変えて東京湾フェリーを利用です。
船旅というのは何時もながら妙にテンションが上がります。
何故かオタ芸動画を撮り始めたりと……でも考えようによっては、いつも通りの厄介具合。
個人的には偶然、目の前を航行していた飛鳥Ⅱを間近で見れたのが感激の一言。いつぞや、大桟橋埠頭で見たときは純白の船体が本当に綺麗でしたが、この晩は洋上で光輝いているまさに豪華客船。
少しでいいので、いつか乗ってみたいものです。


横浜到着後は友人達に飲み会の準備を丸投げして、私は一旦実家に車を返却。
その後、電車で戻ってきて合流し、釣った魚を肴に寝落ちするまで飲み会。
刺身に塩焼き、ひれ酒や白子を試したりと、海の幸を満喫するちょっと豪勢な晩餐と相成りました。



ちなみに翌日曜日は寝るだけ寝て正午頃に帰宅。
夕方から隣町の天神さんの例大祭を見物に行きました。
露店が立ち並び、祭り囃子が響く非日常の空間。特にこの天神さんのお祭りは、新興のお祭りばかりのこの近辺では珍しく露店が境内にあって独特の風情があります。
隔離された空間内にギュッと非日常が詰まっている雰囲気は、普段の静かな境内とは真逆のただひたすらに雑然とした空気。
一歩外に出ると急に静かになるギャップも合わせて、妖怪モノの物語などの「お祭りの日は人以外も集まる」というモチーフの元になった風景を初めて実感した様な気がしました。

まぁ……何だかんだ言って、ぼっちだったんですけどね!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad