月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


関東の果てに行く話

あれよあれよと気付けば西の方から順次、梅雨明けとなっていた週末。

嬉し恥ずかしの初賞与が支給された金曜日は、会社の同期と集まって焼肉パーティーを敢行です。
私の部屋に集まり、油は跳ねるし汁はこぼれるしの大騒ぎ。
あらかたの肉を食べ終えた頃には、お酒も入っていい感じに死体が積み上がる有様。
”魔女の宅急便”が中盤を迎える頃には私を除いて全滅していたので、起きない同期を横目に一人で後片付けとアニメ消化をしてるうちに日付が変わって土曜日が始まりました。

そんな土曜日の初めは同じ駅の圏内に住むマイミクのアッシー邸へ移動。
部屋の戸締りを寝込んでいる同期によろしく依頼して、そのまま去るという我ながらなかなかの暴挙です。
アッシー邸では呑み直しながらのアニメ鑑賞会。久しぶりに新アニメをリアルタイムで視聴です。
やっぱりアニメは誰かと感想言い合いながらリアルタイムで見るのが一番面白い……気がします。


一通り観るもの見たら、1時間半ほど仮眠して起床する午前5時過ぎ。
河口湖に行くというアッシーさんと共に移動を開始し、私は上野駅から京成線に乗り換えです。
成田空港行きの列車で寝直しながら成田まで。
つくづく思うのは私が”列車で寝る”のが大好きだということ。
よく効いた空調と程よい人の気配、寝ているだけなのにちゃんと目的地に向かっているという安心感。
寝てるんだか起きてるんだかわからない微睡んだ状態のまま、過ぎゆく車窓を眺めるの至福の時間です。

斯様な具合でうつらうつらとしているうちに成田駅でJR成田線に乗り換えて、辿り着いたは終点の銚子駅へ。
IMGP0040_20110711223748.jpg IMGP0063.jpg
やって参りました、あこがれの銚子電鉄です。
夏の陽光と吹きつける潮風、温暖な土地と地球の丸さを感じる広々とした地形。
昨年の夏辺りに犬吠埼まで車で行って以来、電車で行きたいと想い続けた銚子の町と、乗りたくて乗りたくてたまらなかったローカル線です。
ボーナスが出たせいで、調子にのってフリーきっぷではない普通乗車券で来てしまった次第。
IMGP0062.jpg IMGP0061_20110711223745.jpg
錆びついた列車と、鉄道むすめのステッカー。公共交通機関らしからぬ名状しがたい雰囲気がいい味出してます。

始発に近い時間で出発したせいか、到着したのは10時過ぎのこと。
休日といえども、まだ観光客の数も疎らで車内は閑散としローカル線の風情があります。
IMGP0074_20110711224433.jpg IMGP0075_20110711224432.jpg
味のある駅に、あまりの古さが平成生まれには新鮮な対向列車。
節電対策かもともとなのか、開け放たれた窓から車窓を眺めているうちに終点の外川駅に到着です。
IMGP0081_20110711224738.jpg IMGP0087.jpg
駅もまた流石にいい雰囲気です。

折り返しの列車にそのまま乗り込み、外川の一つ手前にある犬吠駅へ。
この駅は犬吠埼の最寄り駅でもあり売店や観光案内所も揃った一帯の観光拠点になっています。
本当の予定ではちょっとお土産でも買って帰ろうかと思っていたのですが、あまりの天気のよさに誘われるようにレンタルサイクルへ。
IMGP0092_20110711225400.jpg IMGP0096_20110711225359.jpg
自転車に乗り込み海を眺めに海岸線へ一直線!
犬吠埼の灯台を背負いながら坂を下り、眼前の漁港目がけて海岸沿いの道をひたすら走ります。
道の行き着く先は、海に突き出した砂州の上を堤防で固めたかのような小さくも存在感のある集落。
海岸沿い年中潮風の吹き付けそうな凄い土地でも、人は住みつくものだと感心しながら長崎町の集落を散策です。

集落のちょっと小高くなった土地に経つ小さい神社。ちらっと見掛けて興味が湧き、狭い路地で地元のおばあさんに道を教えて頂きながらたどり着いてみたり。
漁港につきものの海を望む祠はかのハルヒの聖地が本体となる西宮神社です。
西宮神社の祭神は蛭子神といい海の向こうから来る漂着物の神様。
港町では割とよく祀られる部類の神であり、ここの集落の場合もここを築いた西方からの移民が、故地を偲んで立てたとか何とか……。
IMGP0103.jpg IMGP0124.jpg
集落の端に植えられたサボテンが開花している辺りに、温暖な気候を実感します。

さらに海沿いを進むと、銚子電鉄の終点があった外川の集落へ。
こちらにも当然のごとく海を見据える神社があります。
IMGP0128.jpg IMGP0164.jpg
漁港といえば狭い路地。海に面した傾斜地にあるこの集落では急坂も相まってノスタルジックで旅情を誘う雰囲気満点です。
自転車で道路側から外川駅にアプローチし、近くの郷土資料館で一服。
IMGP0167.jpg IMGP0172.jpg
魚問屋が運営する無料の郷土資料館はなかなか興味深いところ。
地元で生まれ育った女将さんがいらっしゃり、外川の歴史にまつわる興味深いお話から孫の自慢話まで。地元の人の視点で語られる諸々を聞くことが出来、もう一度行ってもいいかと思う程度に面白かったです。

外川の町を見物したら、今度は進路を内陸へ。
”地球が丸く見える丘”を経由して、内陸側から犬吠駅へ戻る算段です。
IMGP0184.jpg IMGP0187.jpg
途中、渡海神社なる神社に遭遇。偶然にも近くの小さな集落の祭りの準備中でした。
集落があり、氏神があり、大人が集まって祭りをする。
予期せぬところで昔ながらの習俗が残っているのを確認できたのは運がいい感じです。
あったらあったで面倒くさいのでしょうが、ほとんどそういった習慣のない新興住宅街の住民としてはちょっと憧れるものがあります。

渡海神社から丘の頂上を抜けて犬吠側の下り坂へ。
IMGP0213_20110711232130.jpg IMGP0218.jpg
青い空、見渡す大地、照りつける日差しと風切る下り坂、その向こうには海。
自転車移動の醍醐味が詰まったような道路は、意外と空いていて気持よく走り抜けることが出来ました。
本当に、これだけでも自転車借りた甲斐があったというものです。

坂を下りきり、犬吠の駅で自転車を返却したら、その足で列車の待ち時間を利用し犬吠埼へ。
IMGP0225_20110711233253.jpg IMGP0229.jpg
前回は車だったので気付かなかったのですが、犬吠駅から犬吠埼までは歩いて10分足らずの距離。
もう少し距離があるのかとなんとなく思い込んでいたのですが、意外や意外と目と鼻の先です。
ただし、今回は灯台に登るお金をけちって外周見物のみ。
それでも灯台の海側に巡らされた遊歩道から望む光景は、陸地が途切れて太平洋となる文字通り地の果て。
水平線の向こうはハワイかアメリカまで陸地がないかと思うと、地球の雄大さを実感します。
まさに言葉が出ないといった状態だったのですが、それはどちらかというと海風が強かったせいだったり……。

電車の時間に合わせて犬吠駅に戻ったら、上り列車に乗り込み銚子駅へ。
駅前には特に観光名所もないので列車を待ちながら昼食を確保。少し行けば醤油工場などもあったのですが、流石に散々自転車と徒歩で動いた挙句のそれは気力が持ちませんでした。
そんな訳で、総武本線に乗車し千葉を経由して神奈川に。
IMGP0250.jpg IMGP0261.jpg
車窓の緑と青を満喫しながらうつらうつらと寝落ちし、起きたら横浜です。
いつの間に千葉の乗り換えを突破したのか……。


久方ぶりに小旅行を満喫できた梅雨明けの週末。
やっぱり気楽に電車で一人旅は最高に楽しいです。
これで時間制限さえ無ければ言う事なしだったのですが、それは言っても詮なきこと。

ただ今回の旅行から段々と今より良いカメラが欲しくなってきたり。
折良く手元にボーナスがあるわけで……しかし、今後の色々のためにも貯金しておきたいのも事実。
悩ましい問題です。

コメント

風月殿>
なんか、どうしても出かけなきゃいけないような衝動に駆られて、突き動かされるままに行っちゃった感じです。
雰囲気があってとってもいいところでしたので、ぜひお勧めです。
けいおんの場合、いまさら初回版が残ってるとも思えない以上、待ってみても損はない気がしたり・・・・・・。
BOXが出れば何かしらの特典もつきますし、最低限何らかのキャンペーンがありそうな予感がしますの

飲み会やって友人宅でアニメ見て小旅行って凄いバイタリティですね……でも港町やら神社には私も興味をそそられます。


けいおんのBlu-rayは確かにそんな気もしますが、今何の情報も無いなら恐らくは劇場版の発売に合わせそうな気がします。…どうしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad