FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


暇じゃないのに――

久しぶりの休みである。
昨日は再び、知人のアパートで集まりをしました。
ゲームしてアニソン聴いて酒盛りして……堕ちてる感じです。

そんな訳で、あまり勉強していない。
一応、化学実験のレポートは済ましたので、後はゆるゆる出来るのだが……。
外人教師が気違ったことぬかしていたのが、気にかかる。
どうにかなるといいのだが、面倒なものになりそうな気がするので早めに済ましたい。


そういえば、今日は久しぶりに雷付きの夕立が来た。
遠方の景色がぼやけて、水彩画みたいなシルエットになります。
今まではなんとも思わなかった光景ですが、ボケっと見てたら妙に落ち着きました。
ついでに近所にも何度か落雷してるようで、ベランダで見物してたら空気の振動が直接伝わってきました。
夏が近づいてますね~♪



以下は危険。ご用とお急ぎのない方は、流し読みしてください。
そうでない方は……。

さて、ゼロの使い魔、面白いですね。
流行ったのも良くわかる…………。
アルビオンは共和国なのに皇帝がいるのが不思議だが……まぁいいや。
ちなみに"クロムウェル"は現在のイギリスとなる地域を動乱の渦に巻き込んだ清教徒革命の中心と同じ名前ですね。
ちなみに彼は後に"護国卿"となり独裁体制をしきましたが、彼の死後、王政復古が行われました。
って訳で、たまには知ったかぶりな話を。


まずは彼らの軍制・政体。比較的、近世に近い雰囲気ですよね。
中世の封建制においては、あまり忠誠は重視されません。
諸侯は自前で領地農奴を所有し、騎士も雇用して率いています。
権威として高位にある王とも、対等に近い契約関係なので、契約内容を履行することこそが重要。
どちらかと言うと傭兵に近く、契約分の働きをしたら戦時下でも帰ってしまいます。
…………むしろ、お給料のために信用を重視する傭兵の方が頑張るかも……です。
(さらに言えば、一定のルールの下に戦闘が進むので、それでもどうにかなってしまうようです)

諸侯が貴族として王の飼い犬になるのは中世後半から。
長弓や銃器のように鎧を貫き、庶民でも扱える武器が開発され普及しはじめたためです。
人民を兵にしたり傭兵を雇ったりした方が、安く従順で強力な軍隊が作れますからね……。
ただしその後も、貴族は貴族として軍では指揮官としての地位を保ちました。
連隊級の部隊制度が出来上がったのもこのころだった気がする……。

艦隊についても同様。
中世の海軍は商船や海賊など、航海のノウハウを持ったものたちを雇用して、敵勢力に対する武力行使(≒略奪)を許可したような程度のものでした。
かつては酔わせて拉致った市民を、水兵に仕立て上げるようなあったそうです。
専門技術を多く要するため、陸軍より早く教育体制が整ったのそうですが、体系づいたのは中世以降だったとか。


ゼロ戦vs竜騎士について――

"零式艦上戦闘機"(れいしき と読みます。日本製なので)と言えば旧軍の代表みたいに有名な戦闘機ですよね。
工業力的に圧倒的に劣っていた(荷物運びに牛車を使うような国でした)日本が、知恵と根性と幾人かの天才で作り上げた世界有数の優秀機です。

とりあえず、操縦と整備については設定が設定なので不問に付しますが――
離着陸について言えば、流石に草むらは怖いです。車輪に草を巻き込んだら何が起こるかわかったものではありません。
しかもそれは技量ではなく運がものを言う話。万一、滑走路にでこぼこでもあった場合には、それだけで壊れる可能性のある代物ですからね……。
(もちろん、爆撃直後の穴あき滑走路で離着陸した例もあるので、全く不可ではないです)

竜騎士は150km/hほどで飛行し、敵に火球を浴びせる存在なそうですが、これは間違いなく地上兵力には脅威ですよね♪
現在の戦闘ヘリと大差ない働きですから。
整備が楽で数が揃えやすい分、下手すると現代でも実現すれば有効な兵力かもしれません
(ゲリラにでも渡したら楽しいことになりそう……)

さて、そんな"ヘリ"の天敵は地上からの対空砲と戦闘機……。
竜騎士がどのような訓練を受けているかは知りませんが、対竜騎士向けの対空戦闘は受けてるようですがm空対空戦で勝てる訳ありませんよね。
もちろん、ろくな防火設備のないゼロ戦に、運よく火球が直撃すればよく燃えるでしょうが……描写にもあったとおり速度差は絶大ですのでまずないでしょう。

ただし、このとき速度差が意外と厄介です。
かつてのベテランパイロットも頑丈な爆撃機だけでなく、圧倒的に鈍足な複翼機にてこずった記述があります。
その理由は簡単――足が遅すぎるから。
速度差がありすぎるため、あっという間に追い越してしまい、攻撃可能な時間が短くなってしまうのです。
戦闘機の機関銃は連続発射能力が限られているので、これが意外と問題となってしまうそうです。

コメント

コメント返し

トロンベ師匠>
マッハでヘリが飛んだらひどい事になるかと……w
さすがドラマ♪

哲殿>
そうですね~。あと平民は農奴としてお持ち帰りもあったとか無いとか……。

ぴょんさん>
満喫してます♪
でも中に実習と実験があるのがネックです。
ぴょんさんは忙しいのですか……。
でもまだ休みは前半です。
後半を楽しんでください。

ゴールデンウイークを謳歌しているみたいですね。
僕も同じくゴールデンウイークに入ったはずですがちょいちょい忙しいです。
せっかくのお休みが・・・

中世のヨーロッパの封建制度は確かに傭兵って感じですよねぇ・・・御館様のために討ち死になんてことはそうめったにあるもんではないですよね。ましてや捕虜を殺すなんて勿体無い!身代金を要求して要求して・・・搾り取ります。
零式艦上戦闘機・・・確かにある程度平らな滑走路、空母でなくては着陸は難しい。第一車輪が格納式だし。

そういえば…

昔、俺がまだ小学生の頃、マッハで飛ぶヘリコプターが確かあったな。

名はエアウルフ。

アメリカのドラマだったが…

そういえば…

昔、俺がまだ小学校の頃、マッハで飛ぶヘリコプターが確かあったな。

名はエアウルフ。

アメリカのドラマだったが…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2019-04 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad