月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


雪見の話

年も明けて最初の三連休となった今週末。
月曜には横浜市の成人式があったようで、新横浜駅前は振袖姿の集団で賑わっていたり。
成人式も遠い過去になってしまいましたねぇ~とか適当なこと言ってみたりみなかったりしましょう。


そんな三連休前半の土日のこと。年末以来、豪雪の話題に事欠かない今冬。
何となく雪見もしたくなったので、親父さんを言いくるめてスポンサーになってもらい、1泊2日の雪見旅行に行ってみました。


そんなこんなで土曜日は朝も5時過ぎから列車に乗り込み、東北本線をまずは北上です。
郡山から会津若松に向けて磐越西線に乗り換えると、いよいよ雪もチラホラと見え始め、気づけばすっかり雪景色に変わります。

会津若松で昼食をとったら、ここで今回の主役、只見線に乗り換えです。
只見線は、会津若松から国内有数の豪雪地帯や俗に秘境駅と呼ばれる山間の小さな駅を抜けて、新潟県の小出に至る典型的なローカル線です。
IMGP0073 (2) IMGP0078 (2)
全線を通り抜けるのは日に3往復しか無い程の過疎路線ですが、この季節には返ってその過疎ぶりが人気を呼んでかこの混雑具合。
個人的な経験則として、18きっぷシーズンの土日は本数の少ない絵に書いたようなローカル線よりも、時間1本程度は走っている地方幹線の方が落ち着いている……ような気がします。あくまで私の主観ですが。

そんなことはさておいて、出発の時刻となったらいざ雪深し奥会津に出発です。
途中の会津宮下駅での時間調整風景はこんな感じ。
IMGP0094 (2) IMGP0096 (2)
私らと同族の暇人たちが列車にカメラを向けて群がり、まるで何かの見世物のよう。

そしてまた沿線の雪景もかなりの素晴らしさ。
IMGP0135 (2) IMGP0145 (2)
雪に閉ざされた駅共々、漠然とした「雪国」のイメージそのままの光景に見入るばかりです。
列車が上流に向かうほど、雪もまた深くなっていく様子。
IMGP0166 (2) IMGP0167 (2)
雪原かと思ったら、道路だったり墓場だったり……辛うじて雪から頭を出している部分だけが本来の役割を示しているような状態でした。

そんなこんなで列車はこの日の目的地、只見駅に到着です。
IMGP0180_20110110225612.jpg IMGP0190.jpg
積雪1mオーバーとか……ホントに都市伝説の領域。
この駅では唯一の列車交換も行われました。本来はもう少し手前の駅で行われる予定だったのですが、除雪の影響で反対方向の列車が遅れ、只見駅になったのだとか。
IMGP0194.jpg IMGP0199.jpg
雪を掻き分けるディーゼルカーは本当に力強い。
そして列車も去り、誰も居なくなった駅のホームも風情があります。
IMGP0205.jpg IMGP0208.jpg
あとポイントの融雪装置がちょっと気に入ったり。
ちなみにこの駅で降りたのは私と親父さんともう一人の3人だけ。ここまで来た大半の乗客はこのまま小出へ向かうようでした。
上越線を経由すると、ギリギリで関東に帰れるのだとかなんとか。

そんなこんなで到着しました只見町。駅前から続く道は絵に描いたような雪の田舎。
IMGP0213.jpg IMGP0217_20110110230746.jpg
国道が融雪用のスプリンクラーで濡れてる光景も生で見るのは初めてです。
5cmも積もれば町が混乱に陥る神奈川の人間としては、どれもこれも憧れと驚きを持って見る風景。
一々、凄い雪国だ! とTwitter上ではしゃいでいたら、雪国在住のフォロワーさんに"当たり前過ぎて……”と言われてしまいましたが……こちらは初めて見るのですから興奮せざるを得ませんでした。

この日はこの雪道を辿って、予約していた宿に向かい一泊。
地酒と山の幸で一杯やって早々に就寝と致しました。


翌朝はミゾレ混じりの雨模様からスタート。
この季節に雨が振るのは珍しいという宿の方の言のとおり、程なくして降ってくるものは雪に変わりました。
朝食を採って一息ついたのはいいものの、列車の時間まではまだ暫く間があります。
始発列車が9時少し前ですから、選択肢はありません。
とりあえず散歩がてらに駅の裏手に神社を見つけたので、参拝しに行きました。
IMGP0024_20110110232423.jpg IMGP0018.jpg
雪中行軍!
これでも先駆者がいたようで、どうにか踏み跡があるからいいようなものの……よく見ると踏切のところには"冬の間 通行止めになります”の文言が。

この後は、来た道をもどって駅に向かい、小出行きの列車をお出迎えです。
IMGP0028_20110110232810.jpg IMGP0032.jpg
写真には写りにくいのですが、実は割と吹雪いてました。
幸いなことに定刻通り到着した列車に乗り込んで、昨日に引き続き雪景鑑賞。
IMGP0050_20110110233145.jpg IMGP0078.jpg
小出駅で上越線に乗り換え、六日町からはほくほく線を経由して十日町へ移動です。

ここから再び豪雪路線の飯山線に乗車。
こちらの車両は国鉄型では無くJRになってからの新型車ですが、雪に彩られると十分に迫力ありますね。
IMGP0093.jpg IMGP0109.jpg
新潟から県境をまたいで長野の盆地に入ると、みるみる雪が少なくなって線路も見慣れたバラストの色に。
こうやってみると長野は意外と雪が降らないということなのでしょうか。

この後はしなの鉄道経由で小諸に向かい、小海線に乗って鉄道日本最高地点を経由し小淵沢駅へ。
これだけでも初乗車区間ばかりで、十分に乗り鉄が成り立つのですが、今回の旅行はここまでのインパクトが強すぎたので軽く流す感じに過ぎてゆきました。


そんなこんなで駆け足旅行。小淵沢以降は乗り慣れた中央東線を乗り継いで地元に帰還。
お土産は適当に家で飲む用の地酒のみです。
一息ついたら、ふらっと飲み会に行ってしまったのは余談となりましょう。
特にオチもないです、はい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad