月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


下町聖地散歩

気付けば12月も既に5日。
コミケカタログも発売され、世はクリスマスの彩りに飾られ、年の瀬が目前に迫ってるのがよく伝わってきます。
忘年会にイベントに……出費が厳しい季節の到来に、身も懐が一番寒いです。


さて、そんなこんなで師走も冒頭はイベントの空白期ということで久しぶりに関東近隣へおでかけ。
東急線を乗り継いで、降りるは東急多摩川線の武蔵新田駅です。
現地で友人Kと合流し、駅前商店街に繰り出しましょう。

今回の目的はこんな感じの街探し。
IMGP0038.jpg←→それでも町は廻っている #08[字]_11260329
右側は”それでも町は廻っている”のワンシーンですが、構図とかガン無視なことを除けば、だいたいイイ具合な一致ぶりです。
そんな訳で、久しぶりのお出かけは聖地巡礼の新ネタ探しにやって参りました。

――とは、言ったものの今回の聖地は比較的機能を残し、未だに人の賑わう商店街。
IMGP0008_20101205174012.jpg IMGP0036_20101205174011.jpg
巡礼必死系でもない私には、人目に耐えてまで構図を検証する気にはなれませんでした。
仕方ないので、ざっくりとした流れで気になった所だけ撮影して済ましてしまいました。

ハードルが低いのは武蔵新田駅の商店街をしばらく進んだ先にある新田神社。
IMGP0013.jpg IMGP0026.jpg
OPには狛犬が、EDでは正面からの絵が使われています。
祭神は新田義興。南北朝時代の南朝方の武将だそうで、祭神にしては新しめな感覚です。
何でも罠にはめられて矢口渡で殺害されて以来、犯人一族を祟ったり怪異を起こしたりするために祀られているのだとか。
ご由緒だけでは、どうにも執念深い怨霊としか読めませんが地域では英雄として祀られているのだとか。

他にもこの周辺には紺先輩のアパートの近所に使われた構図が何枚か。
IMGP0049_20101205175152.jpg IMGP0050_20101205175151.jpg
比較画像? そんなものありませんよ、えぇ……録画失敗ばかりでしたので。ごめんなさい。
余談ながら紺先輩のアパートそのものと思われる建物もあったのですが、普通に人の暮らしていそうな家だったので、流石に撮るのが躊躇われました。よって割愛です。

武蔵新田周辺をめぐったら、続けて徒歩でとなりの下丸子駅へ移動。
それ町では丸子町商店街となっていますが、実際は下丸子商栄会という名前。上丸子も近くにあった気がします。
IMGP0054.jpg IMGP0061.jpg
全くの余談ですが、この近隣はやたらと銭湯とコインランドリーが目についた印象。
お風呂や洗濯機が無い古い家が多いためなのでしょうか、趣きがあって非常に目につきました。

そしてこちらの商店街も割と人が多め。流石は都内の下町といったところか、土曜日に来たのが不味かったのか。
IMGP0088.jpg IMGP0080_20101205180031.jpg
喫茶シーサイドのモデルになったと言われる喫茶店も確認です。
少し細い道に入ったちょっと分かり難いところにありました。ただし隣は歯科ではありません。

IMGP0094_20101205180649.jpg
下丸子商栄会のメインストリートは、駅前から少しずれたところに。
エンジン付きキックボード(?)で走るには十分な道幅ですが、大人しく歩いていけばいいと思う距離です。
当然ながら魚屋、床屋、八百屋のモデルと思われるお店も確認できました。

以上で巡礼は終了。
構図を考えることもなかったので比較的ざっくりと回りましたが、賑わう商店街やご近所の世間話、様々な個人商店と、それ町の作中と同じような空気感が本当に残っていたことには驚きました。
フワフワと歩きまわるにはイイ雰囲気ですが、観光地気分で訪れる所ではないといった印象でした。

一つ、気になったのは新田神社近くの酒屋さんにあった、好きな文字を酒瓶のラベルに書いて貼れるサービスでしょうか。
色々と美味しそうな酒もおいてあって、割と気になります。


巡礼後は一旦、大倉山に寄り道した後、日没に合わせて自宅から車を失敬して丹沢山中のヤビツ峠へ。
夏ごろ、星がみたいな~とボヤいていたので、冬にしましょうとKと話していました。
そしてこの日は折よく、冬空の快晴で土曜日に新月と考えうる最高の条件が揃ったので、お出かけの流れのまま行ってみることに決定です。

まずは秦野側からのアプローチの途中にある菜の花台にて。
IMG_0249.jpg IMG_0261.jpg
夜景がきれいな場所ということで、恐ろしきリア充の巣窟状態。
カメラに三脚立てて、野郎二人で写真撮影に興じてる図は楽しくもあり寂しくもあるのです。

その後はさらに山を登りヤビツ峠の鞍部付近にある駐車場へ。
IMG_0290.jpg IMG_0293.jpg
街灯りも殆ど入らず、外灯もないため、この近隣では最も星空を見るのに向いているポイントです。
寒い時期ということでほとんど人がいませんでしたが、それでも暇そうな若者や家族連れがちらほら。
Kの一眼にはいったい何が写ったのか……まだ見せてもらってませんが期待です。


そんな訳でカメラの電池が怪しくなるまで夜景や星空の撮影に興じたら、寒い寒いと嘆きながら帰宅です。

防寒対策をしなかったので寒い撮影会となってしまいましたが割と楽しかったです。
天体観測なんてしてしまったせいで、宙のまにまにが気になりだした今日この頃。
急に先の夏ごろにBD-BOXが出てたことを思い出して、泣く泣く見送った悔しさを思い出してしまった……。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad