月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


就活を兼ねた旅行の話・初日編

どうも文字通り「全力全壊」で現実逃避がお上手な日常ですが、たまには非日常を味わいたくなるのが人の性。
何がどう幸運を運んだのか、ある企業の選考において面接まで話が進み、工場見学を兼ねて滋賀まで訪問することに。

そんな訳で新横浜より新幹線に乗り込んだのは、先週の金曜日のこと。
目指すは琵琶湖東岸のどこぞです。
米原で乗り換えに降り立てば、そこは寒い寒い盆地帯。地元の一番寒い日並に寒いような気が……。
とは言え、凍えてても始まらないのでうまいこと荷物を隠し、予定通りの面接と工場見学へ。
そして終わったのは、15時頃。

さぁ終わった終わった! 何かと忙しいし、さっさとお家に帰りましょう――となるのが、あるべき姿なのでしょうか?
答えは当然ノーなのです。風は寒いですが気の向くまま。
とりあえず彦根は以前行ったので、長浜に行きましょう。


歴史的には琵琶湖の主要港があり物流の結節点だったと聞く長浜。
何があるか、何にも予習しないままの訪問です。
IMG_1874.jpg
駅前の観光案内所で地図を頂戴し、いざ出発。まずは駅近くの旧長浜駅舎鉄道資料館へ。

長浜駅は名古屋方から京都へ抜けるルート、及び京都から敦賀へつなぐルート上にあり、琵琶湖の水運と鉄道を繋ぐための玄関口として、鉄道建設のかなり早い段階に建てられたのだとか。
資料館に使われている初代駅舎は、それ自体が現存最古の駅舎として鉄道記念物になっている代物。モダンさを感じる洋風建築です。
IMG_1894.jpg IMG_1908.jpg
展示内容は、鉄道好きとしては興味深いことこの上ない代物です。
中は当時の物品を展示してあったり、別棟では北陸本線のアレコレやかつて使われた機関車が展示してあったり。
関西の交通事情はあまり詳しくないので、勉強になります。
鉄道建設費を圧縮するため、琵琶湖水運を活用したとか……言われてみれば何でもないことですが、やっぱり目から鱗です。


適当に見学後は、たまたま遠足か何かで訪れていたちびっ子たちと機を同じくして出発。
長浜城跡へ向けて移動です。
IMG_1914.jpg IMG_1921.jpg
城跡の癖に天守閣がある! と言ったら地元の方に怒られそうですね……。
Wikipediaによれば、羽柴秀吉が最初に築いた居城なのだとか。後に彦根城が築かれる際、廃城になり、今ある天守閣は現代になって模擬復元されたものだそうです。
どちらにしろ、湖と青空にお城でなかなか絵になる光景。内部は資料館となっており、私が行ったときは縮緬の特別展をやっておりました。
ちなみに最上階は展望台。吹きさらしでこれは寒いと思いきや、山の方は雪が積もっていました。

ついでなので琵琶湖も間近で。
IMG_1925.jpg IMG_1926.jpg
湖なのに対岸が見えない感動です。近くには豊臣秀吉像もあり、お膝元であることを改めて実感。


お城を後にしたら、長浜駅へ戻り、預けた荷物の回収と、観光案内所で見つけた安めな宿の予約です。
予約した宿があるのは、駅を挟んで琵琶湖とは反対側。
歴史ある町らしい趣ある街並みを、宿に向かいがてらに散歩です。
IMG_1933.jpg IMG_1936.jpg
古風な建物が並ぶ通りを行けば、観光地らしいアーケードもあり。
水の便を図る水路が巡らされているのが、さらにいい雰囲気を出しています。
IMG_1945.jpg IMG_1953.jpg
あちこちにお寺や社も点在し、ふと見つけた参道の奥にそれなりの規模のお寺があったり。
歴史と伝統を生かした土産物屋もあれば、一本外れると昭和の雰囲気漂う商店。
IMG_1977.jpg IMG_1971.jpg
生活感ただよう狭い路地など、歩いているだけで楽しくなってきました。
のんびりふらふら、宿屋を見つけて荷物を預けたら、夕暮れ時までカメラ片手に歩き回っていました。
あまり観光地化されているのを善しとしない方も多いですが、こういうとき、あまり不審な目で見られない観光地が嬉しい限りです。


ただ夕暮れ後、17時過ぎたらほとんどの店が閉まってしまうのだけは参りました。
どこへ行ってもほとんど閉店。空いているのは酒屋さんくらいで夕食を食べ様にも行く場所無し。
皆さん健康的だと感心しつつも、腹が減っては流石にひもじいと、灯りにつられて入ったお店が居酒屋。
こうなったら仕方ないかと、空気読んで清酒を注文したら、軽く1000円超えてしまったのは迂闊でした。
もっとも、ほろ酔いに面接が終わった開放感と散歩疲れも重なり、かなり気持ちよく寝れたので、これはこれで良かったのかも。

IMG_1994.jpg IMG_1998.jpg
ちなみにこの晩の宿は、畳張りに部屋の仕切りはふすまのみと、かなり純和風な所。
窓も現代風のサッシなどありません。
代わりの防寒に、ガラス戸が二重になっていたのには感心しました。


余談ですが、この日の夕方、新幹線が架線トラブルで長時間運転見合わせとなる事故がありました。
私が知ったのは、宿についてからだったのですが、直で帰ってたらどこかで足止めくってた可能性があった訳で……これも運が良かったと言えるのでしょうか。



短い割に、思いの他、盛り沢山になってしまった就活行。続きます。
二日目編へ→

コメント

こんにちは

動画を簡単に検索出来ます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad