月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


梅雨前のあらし

朝方の雨のせいか、一日中湿っぽかった今日。
午後からは時折、日が射すようになりましたが、そのお陰か反って蒸し暑くなったりならなかったり。
お世辞にもお出かけ日和とは言えない一日。

そんな雨降りさんでーでしたが、兼ねてからの予定に沿って横浜散歩へ強行出撃。
目的は先日の続き。早い話が”夏のあらし!”の舞台探訪です。
今回は予定を友人のKに話したところ、彼も乗ってきたので2人での散策。
野暮用で遅刻しつつも舞台の白楽に向かい、さっきまで大船でレールの上のアイドルを追いかけていたと言うKと合流したら、資料用に印刷した地図とアニメのカットを持って出発です。

(※舞台探訪は近隣住民に悟られないよう、大人しくね!ってけーねが言ってた)
今回は決定的な聖地巡礼のまとめサイトや案内が見つからなかったので、自前で場所を探りつつの探索。
目星はつけつつも行き当たりバッタリの方針で、まず手始めに8話や9話で出てきた商店街の看板。
DVC00075_20090606225448.jpg比較用
これは駅のすぐ近く。先日の散策でも気になっていたので、迷うことなく発見です。
ある大学と白楽駅の間の通路ということもあってか、商店街に活気があり、普通に見て回るだけでも面白いのがなかなか。

人目を気にしつつアングルを探して撮影したら、商店街の坂を大学方面に下り、途中の郵便局ある角で曲がり路地へ。
8話において、一と潤がスイカの買い出しに使ったルートを探すつもりです。
アニメでは商店街から歩いて東急線の下を潜るので、それにあわせて東急線のガードを探します。目印は”高さ制限2.2m”の注意標識。
曲がり角を1つ間違えつつも、線路沿いに進んでいくとあっさりと見つかるじゃあ~りませんか。
DVC00076_20090606230853.jpg比較用
街灯の位置まで大体一緒と、嬉しい感じにピッタリ。
ここを潜って、スイカは持たないまま閑静な住宅街に侵入です。

順序としては、このあとどこかの階段を”近道”と言いながら上り、神社へ向かうルート。
ところが、地図上ではそれらしく思えた階段が、現地へ行ってみるとなんか違う。
仕方ないのでそのまま階段を上り、それっぽいのを探しつつ、近隣で唯一の地図に載ってる神社を目指します。

――とは言っても、相手は地図上の目印のなさでは意外と侮れない「閑静な住宅街」。
交差点の形をヒントに居場所を探してもプロの散歩人ではないので、余裕でロストです。不審者認定されないよう、大人しくかつ堂々と道を入ったり来たり。ついでに何となく階段を上ってみたり。
DVC00082.jpg
坂の町と言えば色々ありますが、横浜もなかなか丘陵地帯。学校の近辺も坂だらけですが、この辺はそれ以上に至る所に階段や狭い路地があり、ちょっとしたダンジョンの様。
地形に合わせた歪な形の家や、妙なところから伸びる通路が、どこを見ても目に入るので歩くだけでも楽しい地域です。
区画整備されない古い住宅街ならではの光景でしょうが、安易にうろつけない住宅街なのが惜しいところ。

そんなこんなで左見右見しながらも、何とか目的の神社へ。
DVC00089_20090606235807.jpg比較用
ところがここで確認用の画像を見てみたところ……なんか違う。参拝ついでに境内を確認しても、やはり違う。
頑張ってさ迷った割にはハズレだった模様。K曰く、会話に時々出てくる八幡神社かも(※この神社も八幡神社)ということですが、なんとも言えないところ。
とりあえず目的の場所ではないこともわかり、他に神社のアテもないので別の道を選びつつ駅に戻ることに。

そして一応、確認しておこうと、先のガードを潜らず商店街と反対側から駅へ向かってみた、その途中。
DVC00092_20090607001404.jpg比較用
驚くほどに一致する階段を発見。
あぁ、あさっての方向を探してたんだ……と、呆れるより先に、どこに繋がっているのか気になったので確認。
――するまでもなく、こんなものが。
DVC00093.jpg
「私道につき 通り抜け×」 近道って一ちゃん……。


強行突破する訳にも行かないので、諦めて白楽駅で一息。再度、商店街や地図で気になった公園を見て回り、駅の近くで9話で一瞬だけ映った中華料理店と似た店を見つけてみたりしつつ、白楽探査はお終い。
DVC00097.jpg比較用
実は、すっぽりと思考から抜け落ちていて8・9話以外の舞台探しを用意し忘れてましたが、あとからアニメを見返すと見覚えのある光景がいくつもあったので、登場人物の行動範囲は大体、今回散歩した範囲と近そうでした。


そして次は大倉山へ電車移動。
こちらは大蔵山公園一帯がEDの背景の撮影地と言う情報をもとに散策です。
梅雨が近づいて緑の色も落ち着いた公園は思いのほか坂が急でしたが、自然が色濃く残りお洒落なイメージとは少し違いましたが、健康に良さそうな場所でした。
ここ大倉山では、白楽メインで下調べした私に対して、Kがノリノリで舞台探査。携帯で動画を確認しつつ、大倉山を縦横に歩き回り、何度も周りながら、わかる限りの場所を同定していきました。
DVC00118.jpg比較用  DVC00124.jpg比較用

DVC00131.jpg比較用  DVC00128.jpg比較用
ちなみに大倉山公園の大倉とはある実業家の名前だそうで、左上の写真の建物(※大倉精神文化研究所)を建てさせた方なのだとか。
古くは別の地名で呼ばれた地域の一部だったのが、この建物が出来た事でいつの間にか一帯の地名になったそうです。
ちなみにこの大層な名前のカッコいい建物ですが、現在では一般に解放されているそうなので、遠慮なく中を覗いてみたのですが、外に負けずカッコいいものでした。


大倉山をへとへとになるまで歩き回ったら、白楽同様に行きと別ルートを使って大倉山駅前に帰還。
遅い昼食を食べたら、電車代の節約に徒歩で新横浜まで移動。途中、偶然見つけた模型店に釘付けになったり、横浜アリーナでやるEXILEライブの観客の群れと遭遇したりしましたがも、意外と近くて迷う暇もなく到着。
そのまま電車に乗り、隣街で寄り道をしてからKと別れ、帰宅となりました。

ところでこの友人K。何がどう転んだのかこの日記を見付けてしまった模様。
色々と迂闊なことが書けなくなったぜ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad