月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


城址探索の話

急に汗ばむ陽気となった日曜日。初夏というより夏な天気でしたね。今日も蒸し暑かったですし段々、怠けたい季節です。

さて、そんな日曜日ですが優雅に昼過ぎ起床なんてしてみましたが、家にいるのももったいない気がしたので、いつものようにお出かけ。
いつもの通勤電車に乗り、普段の乗り換え駅より少し手前で下車。
降りたのは以前にもちょっとしたイベントで行った小机駅。今回の目的地はそのとき行けなかった小机城址です。
IMG_5332.jpg IMG_5333.jpg
駅を出るとすぐに、何度見ても”大都会”横浜の一角とは思えない長閑な光景。
そのなかをを正面に見える丘目指して5分ちょっと歩けば、目的の雑木林に到着です。
ちなみに写真ではわかりにくいですが、城のある丘は川沿いの細長い平野に突き出す形となっています。中世の典型的な城のある地形だそうですが、確かに兵を置くにはいい気がします。

IMG_5335.jpg IMG_5336.jpg
入り口は路地裏から人ん家の裏山へ入り込むような感じ。かなりわかりにくい……。
あと心なしか、この近隣の民家は大きい気がしました。古くから住んでるからですかね。

城址自体は看板の説明の通り、自然の地形……もとい城の痕跡を特に弄らないまま残したようで、丘の規模の割にはかなり起伏の厳しい地形。
そのなかを散歩道が代表的な遺構が見てまわれるように整備されているのですが、その整備も柵以外は最低限のつくり。踏み固められているようで、道や階段が崩れたりはしていませんが、草が生え落ち葉が積もっている様は自然のなかにいる感じでいいものです。

そんな城だか丘だか雑木林だかよくわからない森のなかを、デジカメ片手にふらふら。城の見学がてらに、色んな機能やアングルを試して撮ってみたりしながら散策。

IMG_5346.jpg
とりあえず城ということで祠。悪戯して落ち武者に祟られるのが定番ですが、爽やかな快晴では出るのはお化けでなく虫。どうでもいいことですが、今年最初の虫刺されが出来ました。
ちなみに、このお稲荷さんはすぐ下の民家の屋敷神っぽい建ち位置なので、特に曰くは無いだろうと予想。激戦地でもないようですしね。
あと、この祠の背後に別の祠があったりしますが、関係は不明です。祀ってる神様も違いましたが気にしない。

IMG_5366.jpg IMG_5355.jpg IMG_5379.jpg
左から二の丸跡、空堀跡、本丸跡。
空堀は写真だと大したことないようですが、実際に見ると崖のように見える箇所もあるほど急で深いもの。空堀なんて単なる窪地だと思ってましたが、これなら水など無くても防御になると納得です。
説明板の内容に寄れば二の丸、本丸の平地は築城時に山を削ったものだとか。空堀も築城時にわざわざ掘ったらしい説明ですし、丘一つ改造したことになるのでしょう。
どれだけの労力だったのかちょっと想像できませんが、地方領主の動員力でやってのけてしまったのですから凄いものです。

もっとも現代の文明はさらに桁違い。
IMG_5390.jpg
山をぶった切って、空堀の何倍もある切り通しを作り、高速道路を敷いてしまいます。
お陰で山の向こう側に行くには一旦、山を降りて登り直さないといけません。

そんなこんなで城をめぐったら、別の出口から出て駅前の商店街を抜け、古風な銭湯の存在にちょっと感動しつつ帰宅しました。

ちなみに説明板によればこの小机城は築城年代は不詳ですが12世紀には既にあり、戦国時代には小田原の後北条氏の勢力下の城で交通の要衝だったとか。廃城は江戸時代の初めだとか。
実はちゃんと整備されてる割にまだ不明な点が多いのだそうで、世の中、意外に身近なとこに謎ってあるものなようです。

余談ですが、カメラで接写の練習にと、こんなもの撮ってみたり。
IMG_5387.jpg
初夏の風物詩。

コメント

早雲殿>
後北条氏好きですか! 流石ですな。私も地元だけに好きですよ。
小机城は地味で殆ど歴史の表舞台には出てこない城ですからね~。かなりマニアックです。
そして、人力オソロシス

後北条氏大好きですw
でもその城は知らないです。
当時って人の力だけで信じられないもの作りますからねぇー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad