FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


北関東へ

昨日の快晴とはうって変わって、高空を白い雲が覆う天気。
それでも空気は終日生温いまま、春ですねぇ。



昨日の日記を書き終えたあと、何気なく貯金ボトルを開けてみました。
目的は以前軽く触れたと思いますが、ARIAの新刊の購入資金を取り出すためです。
去年、米軍の基地祭で購入した不味いジュースの大口でちゃちなペットボトル(小)を引っくり返して中身を勘定。
中の硬貨は満杯近いですが、残念ながら1円10円と小銭ばかりで100円玉なんか一つも入っていません。
(貯金しても痛手にならない程度のバラ銭にしか入れた記憶がないのですから、当然といえば当然です……)

全部ひっぺがして合計してみると、なんと500円強。
ARIA買えません!

――という訳で、昨日の今日なのですが7時起床の7時半出発。
タイトルの通り、北関東へ行って来ました。

以前から構想はありましたが、確定したのは"ARIAが買えない"と気付いたとき。
同時に引っくり返した貯金の中身は昼食代に決定しました。
貯金ボトルに戻すなんて発想はありません。
(だからすぐに散財するんでしょうね)

それにしても、こう何度も旅行ネタだとまたかよ? と思った方もいるかと思います。
何でそう何度も出かけるかというと、伊勢行きのときに購入した18きっぷがまだ余っているからです。
金券ショップに売るなり、そのまま腐らせるなり、いろいろ方策はあるでしょうが、やはりあるものは使いたいのが人情です……よね?

ちなみに合計で5回分。伊勢で2回分、先日と今日で2回分――後1回分あるのでなんに使うかは思索中です。


ここから先、御用とお急ぎのない方は時刻表を参照していただくとわかりやすいかと思います。
そうでない方は……流し読みにしておくのが身のためかもです

今度の出発は八王子から。
まず八高線に乗り、高麗川でディーゼルに乗り継いで高崎を目指します。
しかし残念なことに早起きが祟って終始意識がぼんやり……。
気付いたら群馬県内の学生の群れで車内が騒がしくなっていました。

そんなことで高崎駅に到着。来たのは2度目です。
前回は去年の春。やはり18きっぷの消費のためでしたが、ここが目的地でした。
今回はここは乗り継ぎ駅で目的地はさらに遠くなのですから、これも一種の成長なのだろうか――などと感慨に浸りつつ、待ち時間に散策しようと改札の方へ向かう途中、こんなものを発見。
DVC00012_20090324004921.jpg
達筆ですね。見てるだけで気合が入ります。
悪いことをしてないのに制服を警戒したくなります。

幸い、警戒すべき制服は見かけなかったので挙動不審になることなく外へ。
以前、哲殿とメールをしているときに教えて頂いたところによると、焼き饅頭なる名物があるそうですが、ちゃんとありました。
教えてもらったとおり、饅頭を焼いてタレをつけて食べるようです。
お土産用では焼かれる前の状態にタレがセットになっていました。
一箱ぐらい買いたいとも思いましたが、完全なる予算オーバーで却下。
他にはネギと味噌と煎餅関連が多く、内陸の長野と少し似てるなと感心しつつ冷やかしのみで撤退しました。

余談ですが、塩羊羹もお土産として売っていました。
塩羊羹……名古屋でも塩尻でもお土産屋さんで見かけました。
そうなると他所でも売っていそうな気がします。
元祖はどこなのでしょう?


次は両毛線で小山を目指します。
途中にある前橋市、桐生市はもしかしたら住むことになったかもしれない土地だったので車窓に齧りついて、特にじっくり観察です。
結論からいうと前橋は思ったより小さく、逆に桐生は想像したより大きな町でした。
別の言い方をすると、大体同じ規模に見えました。
(ちなみに実際は前橋31万人、桐生13万人と前橋の方がかなり大きめ。つまり私の目は節穴でした

あとはのどかな光景が続く、いい路線です。
語って面白いものはありませんでしたが、車窓に飽きるようなこともありませんでした。
気付いたことといえば、途切れることなく学生が乗ってきた事でしょうか。
沿線にそれなりの数の学校があるようでした。

小山に到着すると、ホームの真上は新幹線ホームの様子。
ホームに橋脚が突き刺さり、新幹線の高架線が屋根のように全体を覆って、半地下駅のような薄暗い雰囲気です。
しかも駅本体とは少しばかり離れているようで、天井の低めな階段上ってはじめて改札に出られる構造。
もう少し気の利いた配置はないのかとも思えますが、嫌いではない造りです。

そして上った先の土産屋にあったのがこれ。
DVC00019.jpg
地域活性化というのでしょうが、惜しいことに高崎側では何もこういった表示を見かけませんでした。
その他、土産屋では主に餃子(数駅先が宇都宮です)とイチゴ(とちおとめ)の関連品が置かれていました。
ちなみに駅の中央には麦わらで出来たハンドベルが飾られてます。
(ハンドベルが盛んなんだそうです)

ここで40分待ちなので昼食とすることに。
どうせなら、何か名物らしいのが良かったのですが財布の強い要求によりロッテリアへ。

さっさと食べ終え呆けて歩いていると今度はこんなものを見つけました。
DVC00020.jpg
言論弾圧ポスト
実を言うと高崎でも同じものを見かけました。
どういう意図と仕組みなのか今一つ理解しかねますが、有害図書でも放り込むようです。
しかし、放り込むためには買わなければいけないので売上げに貢献してしまいます。
悩ましいポストですね。


そうこうしているうちに出発の時間が来たので水戸線へ。
水戸線は小山駅を少し出ると、架線の電流が直流から交流に変わる路線です。
そのため、切り替わる区間では絶縁しないと不都合が生じるため、デッドセクションと呼ばれる無電区間が間に挟まれます。
この区間では旧式の電車では電源が落ち、非常灯のみでの運行となります。
何の前触れもなくフッと落ち、数分すると何事なかったかのように電源が回復します。
(その間、電車は勢いだけで走り抜けます。鉄の車輪と鉄のレールの組合せは摩擦がないに等しいので、勢いだけでも平気で数キロを駆け抜けられるからです)
ちなみに"ここまでやってきた甲斐があった"といえる貴重な体験ですが、地元の乗客は眉一つ動かしません。
慣れというか、既に普通の光景なのでしょう……もしかしたら珍しい事なのだと気付いてない人もいるかもしれないです。

その後は終点友部まで両毛線同様ののどかな光景が続きました。
両毛線との違いといえば、平野部が多いだけ田園も広いということでしょう。

友部で常磐線に乗り換えれば、後は上野へ向かって乗っているだけです。
かなりかっ飛んでいましたが、特に延発している様子もなく都会へ。
本当は取手という駅の手前に小山の先同様のデッドセクションがあるのですが、車両が新型だったため電気も落ちずに駆け抜けてしまいました。
関係ありませんが……新型車のグリーン車では飛行機の客室添乗員のような制服のお姉さんが乗務員として乗り込んでいるようです。最初に見たときは制服来て職場に行こうとしているJALかANAの職員かと思いました。

上野についたら適当に乗り継いで横浜まで行くだけです。
途中の乗換のときにこんなものが……
DVC00030.jpgDVC00031.jpg
意味はありませんが、折角ネタになるかと恥も外聞もなく撮ったのがお蔵入りになるのは悔しいので載せときます。
どこで乗り換えたかは察しがつくと思いますが、この駅を利用する人間の殆どはサラリーマンです。

コメント

コメント返し

コメント返し

ぴょんさん>
観光といっても、通り過ぎるだけですけどね(汗
餃子の石像があることは知っていますが、実物は見たことがないです。
最後の写真は秋葉原で正解ですよ。山手線内回り側ホーム向こうの壁面広告です。

哲殿>
確かに……いろいろがんばっているようではありましたが。
大学は確かに群大工学部です。前橋のほうは前橋工科大でした。
あのポスト……渋川にもあるんですか……。知らなかったです。
ってことは、私はなかなか面白いものに気づいたって事かな。

トロンベ師匠>
放浪癖とは人聞きの悪い……。
でも一人旅は楽しいですよ♪ 気を遣う相手がいないですからね、気楽そのものです。
秋葉原は乗り換えに使っただけで買い物には行ってませんよ。

もるやんもめじみたいに放浪癖があるのか?w
でも、1人旅楽しそうだよね~
何、秋葉原に行ったの?

いやぁ~青春18切符の最後を群馬で過ごしていただけるとはw 
なんとも光栄でありますw
群馬のお土産は・・・お隣の長野、栃木と被るものが多い気がします。苦しいんですよ。多分。
桐生・・・ってことは群大の工学部ですね。こっから桐生と言うと・・・えらい遠い・・・
有害図書寄付箱(?)は結構置いてあるんですねw 渋川にあるのは知ってたけど。

何げに関東のほとんどの地域を観光してきたのですね。
餃子で思い出したけど、molmolさんは栃木に餃子の石像があるのをご存じですか?ネットで探せばすぐ出てきそうですがw

因みに、最後の写真はやはり萌の聖地「アキ○バラ」の駅でしょうか?
凄く気になったのですが・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad