月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


師も走る季節

気付いたら12月。今年もあと一ヶ月。何だか早……くもないかも、意外と今年は(私にとって)妥当な速さで時が流れてた気がします。

「師も走る忙しさだから師走だそうですが、この季節になっても慌てず騒がずいられるような人を師にしたい」と思ってみたり、「こんな寒い時期に走り回ってるのは子供くらいなので、要は子供こそ師であり見習うべきなのか」と言ってみたり、最近はふとした拍子に12月の別称につける難癖を考えてしまいます。
なんか、恨みでもあったかな……。



さて、この11月最後だった週末はとりあえずお出かけの日々。
土曜日はある友人の誕生日プレゼントを買うため、下宿生・寮生とともに久しぶりのアキバ探訪です。
ツクモが閉店中で少し寂しいものがありますが、相変わらず行くたびに新しいお店を見つける不思議な街は不景気とは思えないほど賑わっていました。

ちなみに買ったのは痛車のプラモとフィギュア。いつもクールなその友人をギャフンと言わすため、出来ればもっともっと不可解なものが良かったのですが、予算と時間の関係で結局挫折。
結果的に段々エスカレートしていたプレゼント選択も、いったん休息の形となってしまいました。

余談ながら、コレとは別に私も一つTシャツを購入。
DVC00025_20081202023917.jpg
意外と生地がしっかりしています。買ったはいいが、使いどころがないですね。


土曜の翌日は当然、日曜日。
昼頃、起きたところ親父さんが”最近、運転してなくね?”と言ったので、ちょっとドライブへ出発です。
10月下旬に静岡に行って以来、大体一ヶ月ぶりでしょうか。

国道16号から、横浜横須賀道路へ。横浜方から朝比奈峠を越えて三浦半島へ。
高速を降りたら、急な崖と上の平らな丘が連なるこの一帯の独特な地形を縫うように敷かれた、曲がりくねり激しく起伏する道を走ります。
崖から棚のように迫り出した下り坂を降りて、山の迫った海岸沿いの道へ出ると、この季節でもウィンドサーフィンを楽しむ人が沢山遊弋する海岸を左に見ながら、さらに道なりに。
海に突き出た山を迂回するように道が曲がり、再び海に面すると雰囲気はさっきまでの観光地から漁村に様変わり。
入り江に連なる湿地帯や、小さな漁船の置かれた浜をあっという間に通り過ぎて、再び大根畑の広がる丘の上へ。紀伊半島や伊豆の海沿いと似た感覚を感じながら、2つほど漁村を走り抜けると、少し開けた三崎の町に辿りつきます。
ここから海を越える有料の橋を渡れば、神奈川県の南端、城ヶ島へ到着です。

半島の高台から突き出た橋は、島の高台へ繋がっています。ここから、港へ続くループした下り道を途中で右折して、島のさらに南端の公園が今回の目的地です。
DVC00012_20081202030136.jpg
到着の5分前くらいに決めた目的地、安房崎灯台。東京湾の入り口である浦賀水道の入り口といったところでしょう。
名前のとおり安房の国を望む崎、水平線上にうっすらと見える影は房総半島のどこかのはずです、多分。

そんな訳で、思い立ったが吉日の”ヨコハマ買い出し紀行”の舞台探訪ドライブ。
下調べをしてないので、特定の場所を意識して行った訳ではありませんが、作品自体がこの周辺一帯をふらふらと出かけた登場人物とともに描いたものなので、雰囲気を感じるにはむしろ目的地が不明確で良かったのかもしれません。
起伏の多く曲がりくねった道と、平らな高台と川が穿った急な谷間が作る少し角ばったゲームの中のような風景は、確かに2輪でふらふらと走りたくなるようなドライブ向きの楽しいものでした。

帰りは夕日が沈む前に公園を出発。
DVC00022_20081202032051.jpg
ちょっと時間が押していたので、橋を越えてから別ルートを選択し、陸自の少年工科学校の近くから高速に乗って少しショートカットして帰宅しました。


余談ながら、城ヶ島の公園は猫や鳥が沢山。
DVC00024_20081202032837.jpg
猫又もいました。

コメント

哲殿>
なるほど、でも体育祭とかないんですよね^^;
ちょっとドライブで海、神奈川は狭いんでw ちょっと行くとあっという間に県外なのです。

ぴょんさん>
お、おぉぉぉ・・・・・・・まさか、シャツにあれのパロを印刷ですか?

アリソンさん>
なるほど、厚手だから普通にいいかもしれないw
もともと地形的に多摩丘陵の突端だからですよ♪ 実は神奈川は関東平野の外なのです。

こにたん師匠>
勇気で解決できる問題じゃないですよ~。お祭りならともかく……。
しかし、勇者か、面白いかもしれない。

風月殿>
お仕事、お疲れ様です。休日出勤は大変そうですよね……想像しただけでゾッとします。
ちなみに痛車のモチーフはクラナドです。多分、同じシリーズですね。

仕事に行く以外はほぼ引きこもり状態なくらいには忙しいですね。……休日出勤が多すぎる。

痛車のプラモが何をモチーフにしてるのかも気になりますな。らき☆すたとリトバスのは見た事ありますが。
ちなみに私にはそういうTシャツは買う勇気もありません。

これをリアルに着て、
外に出かけられたら君は真の勇者だぞ?
さぁ、やってみるんだぁ!

そのTシャツはコミケで着ていけば良いじゃないwww

しかし、神奈川方面はなぜ起伏が激しい場所ばかりなのでしょう^^;
配達に行くと結構しんどいw

神キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!

シャツの表面のデザインが決まってなかったので、参考させてもらいますwww

そのTシャツは大学の体育祭かスポーツの授業に着るしかないですねw

ちょっとドライブで海まで行けるっていうのがうらやましい限りです。
きっとオレンジ色のジャンパーの人がもるやんだw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad