FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


乗り鉄

天気は快晴ながら、少しばかり肌寒い日……今日は乗るために出かけてきました。
なので、今回は鉄道中心です。
御用とお急ぎのない方は路線図を参照しながら見ていただくわかりやすいと思います。……そうでない方は、読まないほうが身のためかもです。

それと更新がこんな時間(午前3時)なのにはちゃんと理由がありますよ!


予定通り今日は外出の日となりました。

数日前、伊勢行きに使った18切符が余ったことを友人に話したら「出かけますかぁ」と――決まりました。

最初に横浜駅で、静岡の友人Kと待ち合わせ。
当然、彼も鉄道のわかる人です。
写真を撮るためだけに北陸まで遠征したり、乗りたくなったからと盛岡(当時は東北新幹線の終点でした)まで一人で行ってしまうような猛者ですが、なぜか一眼レフを買う金が貯まらない不思議なやつです。
そんなKが東海道本線でやって来るのを待ちます。
DVC00001.jpg
待ちながらの1枚――寝台特急富士のようです。

40分遅れの寝台特急の影響で遅れてきた彼と合流したら、今回の目的地である鶴見線に向かいます。
鶴見線は横浜市と川崎市にまたがる工業地帯を走る路線で、工場への通勤客ばかりで昼間は利用客がいないせいか、日中は時間2~3本しか走らないローカルな雰囲気の路線です。


DVC00028.jpg
鶴見線に乗り換え、終点のひとつ海芝浦駅。
所要時間およそ10分。
見ての通り海沿い(正確には運河沿い)の何もない駅です。

無人駅でホームの外に出ると、あるのは東芝の工場と小さな公園のみ。
その公園も昔、東芝がこの駅へ来た乗客の待機場所に作ったもので、他には本当に何もありません。

しかしこの駅で折り返し列車を30分待ち
ひたすら運河をいくタグボートを眺めるしかありませんでした……。

折り返し列車が来たら今度は扇町へ。
時刻表などの路線図を見るとわかると思いますが、鶴見線は鶴見から出ると2度分岐して終点が3つある妙な路線です。
扇町も海芝浦と同じくその3つの終点のひとつです。(もう一つは大山という駅ですが朝夕以外は列車がないので今回はパスしました)
で……やはり扇町駅も工場の立ち並ぶ中へ放り込まれた感じです。
そして15分待ち。今回は待ち時間は短いし、目の前に貨物の操車場があったので耐えられました。
余談ですが、一軒だけあった雑貨屋に入ってみたら雑誌はエロイものばかり取り揃えてました。

その後、再び折り返して浜川崎という駅で下車。ここで南部支線に乗り換えです。
この駅は、同じJR同士なのに乗り換えるにはいったん改札を出て、道路を渡る必要がある変わった構造をしています。
しばらく待ってから列車が到着。
この列車さえ乗れば今日の目的は達成ですが、時間はまだまだ沢山あるので、出発待ちの間にさらにどこかへ行くことが決定しました。

乗ってみると南部支線も鶴見線と同じような路線ですが、本数も乗客も少しばかり多いようです。
特に学生の姿がやたら多かったです。

支線の終点の尻手まで行ったあとは南武線に乗り換え、さらに府中本町駅で武蔵野線に乗りました。
南武線、武蔵野線とも市街地を抜ける、生活感あふれる郊外路線で、特にネタする話もありません。
強いて言えば途中、武蔵野線の西浦和駅の東京側のホームの端でカメラを構えた鉄道マニア(だと思われる)一群を発見したことぐらいです。
(※ただ何を狙って待ち構えていたのかは不明、春だから思い当たる節が多すぎる)

その後もう一度乗り換え、大宮まで行き自動車とぶつかってダイヤが乱れていた宇都宮線に乗り上野へ――行くはずが、Kの要望で一つ手前の尾久で下車することに。
尾久駅の隣には大規模な車庫があるので、内部を撮影すべくその周りを回ってきました。
DVC00043.jpg
歩道橋からの撮影。周囲は趣のある路地を持った昔ながらの住宅街ですが、中を見渡せるポイントはあまり多くありませんでした。

最後に新宿まで乗り継いでから、中央ライナーで帰路へ。
DVC00049.jpg
快速のくせに昔ながらの国鉄色の特急形に乗れます。(ちなみに人影は無関係な通行人です)
しかし、どういうわけか走りがのろい。何の都合かは知りませんが途中で快速の一本も抜かさないどころか、併走する通勤電車に追い抜かれている始末……。(※途中まで各停と快速や特急のレールが違うんです)
それでも普通の快速より乗ってる時間は短いのだから、"停車駅が少ないこと"の威力って凄いんですね。

そして、最後の乗換えで友人と別れ、ついでに携帯~PC用接続ケーブルを買って帰りました。



ってことで更新が遅れたのは、さっきまでそのケーブルを使って弄くりまわしていたからでした。
本当はその話をした方が受けが良さそうですが……

コメント

コメント返し2

ぴょんさん>
実際、いった場所自体は地元からの通勤圏内なので、そんなにすごいことじゃなかったりします(汗
それでも、縦横に乗り継いで回ったのは暇人の証しみたいなものですが。
電車は大好きですよ♪

田舎者のうさぎからすれば、ひょいひょい電車に乗っていろんなとこに行こうとか凄いことをしているようにしか見えないのですが…
molmolさんは電車がすごく好きなんですね(#^.^#)

コメント返し

コメント返し

アリソンさん>
やはりコメントしづらいですよね(汗
奴は行きました。わざわざ自慢してくれたくらいです、悔しいことに。

トロンベ師匠>
…………了解。
残念ながら、今回の旅行は定刻とは縁遠い世界だったようです。

哲殿>
たまりませんよ~♪
あくまで列車に乗り、駅へ行くこと。あまり駅から遠くには行かないのです。

目的地はあくまで駅なんですねぇ^^;
なんか乗りたくて電車に乗るっていうアトラクション的な感覚ではないのでやはり好きな人にはたまらないんだなぁ~って思いました。
自分もいつかは遠征をしよう。

鉄道好きにはたまらないロボットアニメ=勇者特急マイトガイン

どうも鉄道に関してのコメントはしずらいの…ですが、

その方は盛岡まで行ったんですか。

しかも、乗りたかったからという理由で。
そういう理由であんな辺境(と、いっても岩手ん中では発展している方ですが)に行くとは。
猛者という言葉がピッタリなお方だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad