月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


海の向こうの祝日

月も変わって、夏休みまでカウントダウン出来そうな蒸し暑い陽気の続く毎日。
とはいえ、秒殺と踏んでいた宿題が着手すると意外と面倒だったりと、まだまだ夏休みには程遠い忙しさ。
ついでに期末試験は月末に鎌首もたげて待ってます。

ところが最近、どういう訳かバイト先の配置が数人だけ変更になり、私もその影響で皿洗いからカウンターでの接客に異動に。
今までは洗い場で1人楽しく、鼻歌交じりに作業していればよかったのに、一気に覚えることが大増量でウンザリです。
ついでに接客業務まで追加で……何か悪いことしたのかな……?


さて、話はまだ宿題の脅威に気付かず、実験が終わった解放感に能天気全快だった金曜日のこと。
風の噂に”独立記念日だから花火大会があって、厚木基地が開放される”と聞き、予定もないので行ってみる事に。

ちなみに厚木基地とは、県内にある海自とアメリカ海軍の航空基地。
横浜からも地元からも微妙に遠かったり、”厚木基地”と言う名前の割りに厚木市ではなかったりと、遊びに行くには色々厄介な場所ですが……今回は、解放感に任せてつい行ってしまった形です。

そんな訳で、いったん知人の下宿に行き場所だけ確認。
本当はイベントの詳細も確認したかったのですが、なぜか公式の広報がないので掲示板の情報だけ確認して出発です。
……それにしても、近頃では唐突に”某に行く!”と知人に言ってみても”またかよw”程度の反応で、あまり驚いてもらえない。
べ、別に驚いて欲しいわけじゃないんだからね! と言ってみても、やはり少し面白くないです。

期待と不安と地図を頭に入れながら、相模鉄道に乗って30分ほど。さがみ野駅で下車して、それとなく同じような見物客を探すと……誰も居ない!
普段のイベントなら、もう少し人の流れもあるものですが、流石にマイナーすぎて当てが外れた形。
仕方ないので、県道沿いの一本道を1人さびしくおよそ15分の行程なのですが――
――途中、1人トボトボ歩いていると、”野郎が単独で花火見物な時点でさびしすぎる”ってことに気付きそうになります。
もちろん、そんな理由で引き返したら、それこそ立ち直れないものがあるので意地でも基地まで行くのですが……。

そんなこんなで、基地の入り口に着くと、ピリピリと警棒や盾片手にあたりを徘徊する不祥事の特産地神奈川県警の皆さん。
サミット直前だかなんだかで治安機関は大騒ぎのこの時期に、基地の開放なんてテロリストホイホイなイベントをされて、お暑い中、本当にお疲れ様なのですが、
うだるような暑さで、今一つ締まりの欠けた警戒の様子は、コンビニ前にたむろするチンピラに例えたくなるのが少し残念なところです。

蒸し暑い中、ずっと外で警戒と交通整理してるんですから、お疲れモードなのも仕方ないでしょうし……あまり警察のそばは居心地よくないのでさっさと基地内へ。
入り口の検査はバックのX線と金属探知機だけ。コインも反応しないお粗末な金属探知機をあっさりクリアしたら、もう入場OKと拍子抜けするほど緩々でした。

無事に入場して、入り口付近の様子
DVC00001_20080707014210.jpg
あちらさんのレシプロ機には疎いので、機種名はわかりませんが主翼が真っ直ぐなので、おそらくは大戦末期のもの。
手前の軍用車はバッチリ機関銃(MINIMI)まで備えて、侵入者は殺る気満々……な様に見せかけて、親子連れの記念撮影には笑顔で応じて、機銃を構えるポーズまで披露するほど程フレンドリーでした。

そして、広い基地の大通りを行くと、芝生の綺麗な広場に到着。
今回、一般人に公開されているのはこの一帯だけなのですが、簡単な出店や風船の化け物みたいな遊具、バンド(有志ではなさそう?)のための舞台までありました。
また、花火大会と言うイベントの性質のためか、来てるのは近所(?)の学生や親子連れがメインな様子。あとはやたらと幼女が目につry(検閲により削除)――えっと……ロリコンじゃないですよ?
DVC00002.jpg
日が沈んで花火が始まるまでは、アメリカ式の軽食(結構、腹に溜まる)を貪りながら、バンド演奏でも聴いていてくださいと言ったとこでしょう。
ついでに北西の空に現れた特大の積乱雲が、空中放電のショーまで始めたので、待ってる時間もなかなか飽きずに楽しめました。
(帰ってからニュースを見ると、静岡の方で集中豪雨だったとか……おそらくは、私が見た積乱雲もその余波だったのでしょう)

このあと、携帯の電池が切れるという軽いイベントはありましたが、日が沈んだら無事に打ち上げ花火を鑑賞して、雨が降り出す前に1人さびしく帰宅しました。


ちなみにお土産は、毎度よろしく米軍基地の定番”原色で危ういゲータレード”と、放射能お漏らし疑惑でたまに騒がれる空母ジョージ・ワシントン(※母港が横須賀なので、艦載機は厚木に来ます)の好感度アップの為の宣伝用マンガでした。


ところで、また新アニメが始まったので寸評でもしようかと思ったのですが……ちょっと長くなったので、また今度にしましょう。
とりあえず”魔法遣いに大切なこと”には色々驚かされたとだけ行っておきます。

コメント

こにたん師匠>
それを言わないでください……(泣
確かに、今期はビックタイトルは無い感じでしたしね。一騎当千ですかぁ、爆乳爆裂! って奴ですね♪

哲殿>
敵地て……(汗
いえ、別にミリ飯ではなく普通のスナックやハンバーガーなんですけどね^^;
とにかく強烈なのがポイントなだけで

え?お一人だったんですか?w
一人で敵地に乗り込むとはw

アメリカ式の軽食・・・そのミリメシが気になりますなw

これで可愛い彼女と花火見物なら最高なんだけどねwww

新アニメか…
特に見よう!と思った奴がないんだが、一騎当千ぐらいかなぁ…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad