月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


初夏の嵐の日

台風のおまけか、梅雨の前座か、雨が横にふり、風が人を押し返した朝。
ですが、代わりに夜は空も澄み渡り、満月が綺麗ないい夜になりました。
空がかすむことも多いこの季節に、絶好の月見日和が来たのは幸運だったかもしれません。

そんな今日の朝ですが、案の定、電車が遅れて結構な騒ぎになりました。
私自身、普段の倍くらい、学校行くまでにかかってしまい、大変な目にあったのですが……そんなことの顛末をちょっと長めに書いてみたのですが、パソコンの青い画面とともに一発KO。
2度書く気には、とてもなれませんです……。


ところで、話は日曜日にさかのぼりますが、私が珍しく正午前に起きたところ、どういう訳か祖母の家に連行され遺品整理の手伝いに。
両親はここ最近、ほぼ毎週来ては整理しているようですが、実は私が整理しに来るのは初めて。
久しぶりに入った祖母の家は、以前よりスッキリしていて少しさびしい感じでした。

さて、寂しさはともかくその日に整理したのは、かつて祖父が書斎のように使っていた一角。
祖父は10年以上前に亡くなっているのですが、これまでろくに整理されてなかったようで、もう色々なものが出るわ出るわ――
誰を撮ったのかすら解らない程の古写真に、日曜大工で物置一軒立てる程度の工具類、昔の会社の資料に、戦前のまである古硬貨、朝鮮人参の生薬や、賞味期限が10年前に切れた乾パン――
もう少し、整理して置いても良かったんじゃないかと思うほどガラクタ(?)も多いです。

しかしそれら発掘品も、あるものは当然保存されますが、またあるものは哀れゴミ箱送りになります。
そして、いくつか興味深いもの――例えばマニュアルフォーカスでフィルムは手巻きの一眼レフカメラ――なんかは、私が頂戴して帰りました。

そんな私が頂戴した中でも、特に面白いと思ったのがこの2つ

080518_173816.jpg
一見して、何の変哲もない訳がないとわかる箱。多くの人には見覚えある形に感じるでしょうが、何か足りません。
080518_174158.jpg
そう、レンズ。正面の出っ張り部分がパカっと前に倒れて、中からレンズが出現します。
遮光部分が、今風の円筒ではなくレトロな蛇腹なのがポイントです。
いつの時代の品物か知りませんが、とりあえずフィルムが今のものと違ったのでそれなりに古いのだとは思います。

そして、もう一つがこれ。
080520_233914.jpg
こちらは年代がはっきりしています。1953年5月。ちなみに朝鮮戦争が停戦したのが、1953年の7月末です。
もはや歴史の教科書に載る時代の航空雑誌です。
結構、ぼろぼろで薄っぺらい見た目同様、中も貧相な紙質とお世辞にも多いとは言えない記事の量。
チラッと見た程度では、ちょっと手の込んだ同人誌と大きな差はないように感じてしまう風なのですが、流石に隣国で数を使った戦争が進行形のころのもの。
"最近あったこと"として、砲撃を受けて穴の開いたまま帰還したレシプロ戦闘機の写真なんかが掲載されているあたりに時代を感じます。

ただし、この雑誌、経年劣化で紙がボロボロ……いつ破れるかと怖くてじっくり読めないのが難点です。


ところで、朝の遅延騒ぎで1人だけ印象深い漢がいました。
乗り降りの多い駅で、奥の人が降り易いよう扉付近の人が一度わらわらと外に出るのはよくあること。
特に電車が遅れてるときは、車内が鮨詰めを通り越して漬物が出来そうなほど混むので、沢山降ります。

しかし、そんな世のそんな流れに敢然と立ち向かう芯の通った猛者が1人いました。
その壮年男性は、扉の真ん前に陣取りながら、一向に動く気配がない。
背中を激しく押されても、脇を無理やりにすり抜けられても、無言の"退け"という重圧にも漢は屈しない。
それどころか、むしろ圧力を受けるほど、より強く足を踏みしめ、手を戸袋に押し当て、歯を食いしばり、積極的に圧力と戦っていました。

結局、彼は1分近くに渡って背後の降りる客たちからの攻勢に耐えたものの、最後は数の力に負け、決壊したダムのように押し流されていきました。

朝から、元気に空気を読まない人もいたものです……。

コメント

こにたん師匠>
ん~・・・・・運が悪かったんです。あきらめてくださいw
ブログみましたぜ~~。

哲殿>
親に言わせる軍服もあるかもしれないそうです。
まさに宝の山……捨てるごみ一つ一つに価値がありそうで怖いくらいです♪

風月殿>
なんと……そんなことが日常茶飯事とは^^;
それはそれで、大変ですね。
かの漢は……確かに、その可能性はありますね。私も中学のころ、似たようなことをしたことがありますし。10秒足らずで負けましたが。。。

インフィニットさん>
言われてみれば確かに^^;
なんで、捨ててなかったのかは不思議なものもありましたしね。だからこそ、何か価値があるのかとも思えてしまいますが。

そんな古いものまで…(^^;
整理整頓はこまめにしなきゃですねw


その漢…できるw

私の地域は冬から春先にかけてとにかく風が強く、30分以上遅れる事も日常茶飯事なんでその大変さはよく分かります。

その人は…フォローするなら用事があってたまたま来ただけで、「都会の電車のルール」を知らなかったとかですかね。

それはお宝の山ですねw
軍服とか出てきそうなもんですが。
なかったんですか?
そんな漢がいたとは・・・見てるこっちのほうが気まずくなる^^;

上京して来て感じたことなんだけど、都会って恐い所だよなと思う。
満員電車内で少し手が当たっただけで、ギロッと睨まれる。
田舎はすいてるからこんなことないけどさ。


久しぶりにブログ更新したから見てちょ\(^_^)/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad