月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


謹賀新年と年末年始

mononennga2008.jpg
既に一度、言ってますが改めて、
あけましておめでとうございます

――どうでもいいですが、お蔵入りの有色版も。興味のある奇特な方だけどうぞ。


年末年始の話については、続きを読むで。

さて、年末年始ですが大晦日は、既に書いた通り冬コミ3日目に参加。
1日目についてのとき、始発で到着ながら既に列が出来ていたことについて、書きましたが……訳がわかりました。
身をもって理解しました。

初めは流れから一緒に行くことになっていた大学の知人より"31日0000時に新橋駅へ来い"との通達。
同時に"どのくらいなら歩ける?"と聞かれたので"半日は歩ける"と答え、いざ新橋駅へ行ってみると…………ビックサイトまで徒歩行軍になりました。
しかも夜通し♪

ちなみに新橋駅はゆりかもめの始発駅で、ビックサイト最寄の有明駅は数年前までゆりかもめの終点だったところです。
しかもその間は、夜は無人と認識してもいい埋立地…………その発想はありませんでしたね。


そんな訳で、どこぞに泊まって始発で行こうなんて甘い見通し、半月の美しい寒空の彼方に消え去り、野郎2人であまり人気のない街を散策。
恐ろしいのは、他にも同様のことを考えていると思われる人影が時折みられること――と、いうよりは人が歩いていれば、その手の人しかない状況でした。

しかし出発が午前0時。如何に距離があろうと所詮は埋立地の一角なので、このまま行けばビックサイト前で徹夜になってしまう見通しになります。
別にそれでも構わないのですが、カタログに執拗に徹夜禁止とも書いてあるので、勝鬨橋を渡った先に見つけたファミレスで一旦休息。
ドリンク飲み放題だけで数時間居座る、お店にとって最悪の客をやりつつカタログを広げて作戦会議です。
(人目を考えるとどうかとも思いますが、店内にも同類がいたので……つい)


その後、いい時間なった所で出発して4時過ぎに入場待ちの列に到着。
しばらくして規定の0430時になり、整列され順番待ち場所の確定。0830時までのおよそ4時間は、列が動かないので自由行動が可能です。
――とは、行ってもひたすら寒い!

まだご記憶の方もおられると思いますが、12/30・31・1/1の冷え込みはこの冬で一番だそうです。
お世辞抜きに星が美しい快晴の空は、放射冷却にももってこいの様でグングン気温は低下。寒冷地の話として寒さの感覚が"冷たい"のではなく"痛い"のだ――なんて話を、どこかで聞いたような気がしますが、それを身をもって実感しました。
そんな訳で動きようもなく、凍えながら耐え忍んでるうちに日が昇り、見てみるとすぐ近くの緑地に霜柱。ちょっとゾッとしました……。


結果として何とか生き延びて、会場から5分ほどで西ホール内に入場は出来たので、頑張った甲斐はあったようです。
単独行動で壁サーを含む複数のサークルの目標物を確保。会場から30分ほどで目的を達成。
(※知人は企業ブースに行くので、列の途中で分岐です)
あっさりしすぎて拍子抜けな気もしますが、結果オーライだと信じています。

その後、適当にサークルの間を回って歩き、幾つか品物を購入して知人と合流して、同人誌を扱う東ホールへ移動しました。
…………で、雰囲気が異常♪
空気も人の数も違いました。
それまでの場所・日にちは、普段言われるほどの別世界的な混沌ぶりもなく、ホッとしながらも拍子抜けの感がありましたが、ここだけは噂通り。
中を歩くのにも、一苦労な状況で、人々が活発に買い物に回り、話に聞くままの混沌でした。

――が、頑張って表札(?)を購入。
特別欲しいわけではないのですが、手ぶらでは負けな気がしました。
こなたの金銭感覚に一歩近づいてしまった気もします。


なんだかんだ言いつつ、知人はかなりきわどい時間の新幹線に指定を取ってありつつ、この日は閉会のアナウンスまで滞在していきました。
祭りの規模の凄まじさが、家路に着く人々の流れからも窺い知れる状況の中、大急ぎで人の波を掻き分けりんかい線で新木場へ向かい、京葉線に乗り換え。

驚いたのは、この時点で既に大半の客が企業などで渡されるイタい紙袋を持ってないこと。
大袋で覆ったり、かばんを用意する知恵があることは知っていましたが、あっという間にむき出しなのは数える人数になってしまった魔法には驚愕するしかありませんでした。


京葉線に乗ったら東京駅で、知人とはお別れ。
彼は私に荷物(※アレげ紙袋むき出しのまま)を私に預けると、疲れた体と酷使した足で奪取し、10分のうちに新幹線に乗り換えです。
一度でも、東京駅で京葉線に乗り換えたことがある方なら、これが少し怖いことをわかると思います。
もちろん、慣れた方なら余裕でしょうが……京葉線ホームから他の路線のホーム、かなり離れています。
結論から言えば、彼は無事乗り換えたので問題なしですが、ギリギリだったそうです。(ちなみに荷物を預かった私は、乗り換えに15分かかりました)


東京駅からは、大きな紙袋に投げかけられる視線に耐えつつ帰宅。
眠気と疲れで袋を目立たなくする工夫はなし。
明らかに私の袋について会話しているのが、何度か聞こえてしまい、だいぶMPを削られました。


帰宅後は、一眠りして紅白が終わる頃に起床。中学時代の友人と、地元の神社に初詣に行きました。
考えてみると、例年はこの時期、静岡の実家にいるので地元での年越しは生まれて初めて。
もうすぐ20年に手が届くほどの期間を過ごした土地なのに、おかしな話ですが……初詣に行くために、わざわざ神社を地図で探した始末です。

初詣から帰ったら、寝ずにゲームして始発に乗車。睡眠時間、乱れまくりです。
横浜から静岡行きの、373系という本来特急型として運用される車両を使った普通列車に乗り換え。
一応、定期運用なので狙って乗った訳ですが、席数が少ないため満員。何とか通路に立つことで乗れましたが、疲れた体には効きました。
欲目が出たせいで罠にはまった形です。
(余談ながら、このとき駅では、ワンランク上の列車であるにも拘らず"グリーン車がないこと""短い9両編成であること"をひたすら下手に出て注意するアナウンスが、何度も流れていました。何か恣意的なものを感じますが……)



静岡の実家に到着したのちは、比較的普通のお正月。
寝不足が祟って、寝てばかりの状態でしたが、親戚とおせちやお餅やお菓子を食べて、三が日は待ったり過ごすことが出来ました。

どうでもいいですが、お土産代わりに買った品をいくつか実家に持ち込み。
なんともいえない反応を頂戴しました。

コメント

コメント返し

哲殿>
大学のオープンキャンパスでもそんなものですか~。
本当に不思議でなりませんよね。

こにたん師匠>
3日目の東ホールが、オリジナルというべき場所なのでしょうけど……私にはなんとも。
ちなみに主目的はゲーム類なのであしからず。

風月殿>
大晦日を平和に過ごせたようで、何よりです。
"半月"に反応……私にも心当たりがあります。好きなものに関する単語って、つい反応してしまいますよね。
雨の日の原付――考えただけで凍傷になりそうです。お疲れ様です。

アリソンさん>
苦しいですか……その段階まで進むとは想像もつきませんでした。
目立つ紙袋は本当に厳しいです。今回は眠気が勝っていたので、良かったですが……正気だったら、MPが持たなかったかもです。

ECB3703Fさん>
東京駅の地下は一杯なんだとか……。
なるほど、成田新幹線のものだったのですか~、それは知りませんでした。勉強になります。
ちなみに横須賀線・総武快速線のホームも東京駅本体とは少し離れている上、京葉線ホームとは別方向。乗り換えはさらに苦労です。
9両……東京口での東海道線は普通列車の大半が11両か15両。余談ながら多分、JR横浜駅の列車で最短は横浜線の8両かと思われます。(特別列車以外だと)

お疲れでした・・・。
一度は行きたいですがなにせ混雑が苦手(でもないか)なので・・・。

ちなみに東京駅の京葉線と他線の離れ具合は異常ですよね。
増設に次ぐ増設であのようになったらしいですが。
(本来は成田新幹線の駅になる予定だったらしいです)

373系普通は名古屋では縁が無い(こちらではホームライナーとながら位しか来ません)ので、見てみたいですねー。
ってか9両で短いってwwwこちらではかなり長い類に入りますよwww
(新幹線・貨物列車を除けば)

寒さも,痛いを通り越して"苦しい"となる時もあります^^;
冷え込み過ぎて鼻水が凍り,呼吸が困難になるコトが…。

紙袋の話されたら,恥ずかしいですな…。
しかも,隠れる場所が無いから余計つらい^^;

他人が自分のコトについて話しているのが聞こえたら…かなりムカつきます。ホント。
声って意外と響くのに。

追記

寒さについては東北に住む私が証人になります。ホントに痛いです。原付で通勤する私にとって特に雨の日なんか地獄ですよ……。

ふむ。やはり私にはコミケの類いに行く勇気は無いです。

ちなみに大晦日は妹のアッシーをしたり紅白を見つつ半月5巻を読んだりして過ごしました。‥今回の記事でも「半月」の記述に反応する私はバカですアホです。

お疲れ様でした。
いつでもあそこは戦場だよなぁ…
そんなに同人誌が欲しいのか、お前等は…

おぉw
大学生になったら一度くらいは行ってみたいですな。
大学のオープンキャンパスでも袋のことがありましたね。
いつの間にか大学のくれた袋を持っている人がいなくなるという。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad