月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


一日経って

ぐったり疲れる帰宅の次の日。
"現実"が見慣れた風景という皮を被って、目の前を駆け回っています……。
かえって落ち着かない。

とりあえず、失ったキャッシュカードを再発行するために郵便局に。
そしてそのまま、残ったお金で古本屋に向かい、何冊か漫画を購入。

あとは、お土産をどうするか考えていました。
――もう一回出かけたいぜ!



まずはとりあえず、今回の反省(?)を。
一応、毎日の行動は日記に書いたので、写真と一緒にざっくりと「続きを読む」の先に。 まずは初日――。
午前5時過ぎに自宅を出発し、一路東海道を西進。
正午過ぎに名古屋で乗り換えて、進路を南方へ向けて14時ごろ伊勢着。

到着時間が遅かったため、レンタサイクルは確保できず、バスで移動する形になりました。

20070828225908.jpg
そして、おかげ横丁。観光客でたいそうな賑わいです。
来る時間が遅すぎたのは明らか……。

そのため、赤福のお店もかなり混んでました。
――が、それでも赤福氷は外せないので、がんばってはりきって、暑い中待ちぼうけしてでも食べます。
20070828230122.jpg
外は普通の抹茶なかき氷。氷だけでも、十分においしいです。
しかし中を調べると――
20070828230113.jpg
――赤福が待ってます。抹茶氷とよく合ってとてもおいしいです。
迂闊にも、つつきまくってあんこと分離してしまった餅の部分だけを、先に食べてしまったのは、ご愛嬌。

そして内宮を回った後は、夕食――
20070828230600.jpg
赤福と並ぶ伊勢の代表的な食べ物"伊勢うどん"です。
先日の日記にも書いたとおり、うどんと思ったら食べられない食べ物です。
ですけど、まぁ……ネタにされるほど酷い食べ物ではなかったです。

余談ですが、内宮のすぐ近くを流れる五十鈴川。おはらい町のあるあたりまで来ると泳げます。
泳いでる人を確認しましたし、綺麗なお姉さんが水着姿で歩いていました。


その後は宿へ。色々お話を聞いたり、お世話になりましたが……こんなものが
20070828231139.jpg
見ての通り、普通の神社の普通のお祭りです決して、何かの"イベント"ではありませんのであしからず。
でも、一緒に活動した周囲の方々が平然と"萌えポスター"とか表現していましたし、かなり人気があるようなので…………もしかした、狙ってるのかも。
昔よく見たサイトにもこんな記事がありますし……うん、味をしめたね)


2日目――
予定通り、ほぼ一日中山掃除。
これも"半分の月がのぼる空"の聖地巡礼の一種。
"砲台山"のモデルとなった"虎尾山"を綺麗にする活動です。前回出来なかったこれをやるのが、今回の伊勢行きの目的といっても過言ではありません。

20070828232108.jpg

作業現場の一部。頂上から一段下がったあたりです。
ここの下草を刈ったり、周囲の枝を払ったのが今回の活動――とは言っても、私は切られた枝を解体したくらい……。
20070828232238.jpg
こんな感じに枝を集め、下まで運ぶのも作業の一環です。
もちろんやりましたが、体力のある方には敵わない……。

そしてこの1本のナタ……
20070828232333.jpg
愛称は"レナ"です。
活動中にいつの間にか、そう名付けられてしまいました。

20070828232342.jpg


活動後は、まんぷく食堂にて夕食を食べて市内観光(≒聖地巡礼)。
日没後で、暗かったのですが現地の方の、地元にいなきゃわかんないような内容の話も聞けて、とても興味深かったです。

おまけながら……
20070829010513.jpg

伊勢市駅前の市街地案内板(ナビタと言うらしい)より。
山掃除の中心となるNPO法人の看板です。伊勢に来たときは是非チェック。


3日目――
この日はほぼ終日、紀勢本線に乗って紀伊半島を移動していました。
参考に、紀勢線多気駅の新宮方面(※名古屋と逆方向)の時刻表と列車。
20070828232416.jpg 20070828233043.jpg
まさにローカル線! 新宮を過ぎ、JR西日本の管内に入ると、若干雰囲気は変わるのですが……いい感じ出してますよね。
(途中、西日本側に入ってから、猛烈な雨の中を通過しました。次の列車が運転見合わせていたので、まさに間一髪)

和歌山では、道がよくわからず宿探しに大いに苦労しました。
危うくR18なお店の沢山ある路地に迷い込みそうになり、ドッキリです。
日没前なのでよかったものの……遅い時間だったらと思うと少し怖い。

教訓……宿の目星くらいは予め付けるべきでした。

4日目――
この日もこの日で、和歌山から阪和線・大阪環状線と乗り継ぎ、大阪で山陽本線に乗り換えて小倉まで西進。
途中、大阪と神戸の間に"ハルヒ"の舞台となった西宮がありますが、新快速は通過するので、そのままスルーです。
そして、本州の果て下関でちょうどいい具合に黄昏時に。
20070828233703.jpg
港町は夕焼けとよく似合うと思うのは、私だけでしょうか?

また、海の下を抜けて九州に入り、小倉へ。
小倉も夜に映える綺麗な街でした。
20070828233717.jpg
巨大な駅ビルに突き刺さるモノレールがSFチックでかっこいい。


5日目――
日田彦山線・久大線・久留米線と乗り継いで、大回りしつつ博多へ移動。
ちなみにかすった平野……家に帰って調べたら"筑後"ではなく"筑紫"平野だったらしい。
しかも、その最奥を通っただけのよう。どこまでも続く平野に感じた私は修行不足らしい。

もっとも感じ入ったのは日田彦山線と久大線の合流点、夜明駅です。
20070828234441.jpg
万人の"ローカル線の駅"のイメージを、脳内からそのまま引き吊り出して、3次元世界に設置したような――見るからにローカルな駅。
反対側など、さらにその"感じ"が出ていて凄いです。
20070828234816.jpg


そしてこの駅……訪問者向けのノート(登山ノートのようなもの)を置いてあるのですが、覗いて見ると――
20070828235040.jpg
一瞬、"麻帆良"に見えた私は、負けですか? 勝ちですか?(※麻布って書いてあります)
とりあえず、私も書き残しておきました。行ってみた際には、探してみてください。

それからJR九州の車両は独特です。デザインや色使いに独自のセンスを感じます。
"異国情緒"と表現しても、問題ないのではないかと思えるほどです。
そんな一例――
20070828235714.jpg

この後、博多にてハルジオン兄貴と合流。
博多ラーメンだけでなく、始めてみる飲み物や"焼きラーメン"なる食べ物……もっと色々食べてみたかったですが、相応の収穫でしょう。面白かったです。
本当にお世話になりました。


5日目――
若干、ゆっくり寝た日。ちなみに18きっぷ最後の1回分を使った日。
鹿児島本線・山陽本線と殆ど寄り道せず、猛進して一日で京都まで進んでしまいました。
途中、岡山の先で電車と鹿が衝突する事故が起き、列車が30分ほど遅れてしまいましたが(本当に、この日は厄日だ……)、
それを含めても始発で行けば、名古屋まで達してしまいそうな勢いです。
案外、頑張れば鈍行でも早く行けるものらしいです。
(本当は岡山で一泊する予定だったのですが、例の問題があったため、出来るだけ次の日の運賃を少なく済ますために、進んだという事情があります)

しかし教訓も……あまり調子よく乗り継いでしまうと、途中で休憩が確保できず、結構厳しい状態になってしまいます。
乗り継ぎは緩々に設定した方がいいですね。
また、この日は到着が23時過ぎだったのでネットカフェのナイトパックを、街で時間つぶしすることなくすんなり確保できました。すぐに宿が決まるというのは、精神的に楽です。
(しかし、しばらく後には満席で追い返された客も。時間的にホテルなどの飛び込みも難しくなるので、ある意味賭けではあります)



6日目――
京都のネカフェは、お値段の関係で午前6時には脱出。
リベンジマッチの伏見稲荷大社です。
20070829000943.jpg
神社の入り口は、JR奈良線の稲荷駅から歩いて1分ほどのすぐ近くにあります。
まだ7時過ぎなので、人通りも疎らに、境内も機能していません。

そしてこの神社の名物といったらコレ!
20070829001152.jpg
千本鳥居です。(ちなみにこれらの鳥居、全て"奉納"されたものです。なのでお金を出した人や企業の名前が書いてあります)
それから、鳥居の向こうでいい感じに突っ立ているのは、ただの通行人。

そしてココ。奥宮から山に入る入り口です。
20070829001527.jpg

この先に延々と千本鳥居と塚の連なる不思議空間が広がっています。
(※上の千本鳥居も道順的には、この先にあるものです……諸事情で先にたどり着いてしまいましたが……)

例えば、こんな感じ――
20070829002120.jpg  20070829002346.jpg
まさに"日常から切り離された"って雰囲気です。
山登りでハイになった頭にこの雰囲気……多少の怪異が起こっても、なんだか受け入れてしまいそうな気がします。

時折あるのがこんな、道の途中に休憩所を兼ねたお店。
20070829002407.jpg

露骨に"古風"って演出になっているのではなく、金属製のサッシなんかもあるのですが、自然に薄汚れた感じが逆に良く古さを醸し出しています。(古さのイメージは"明治の手前"な感じでしょうか。"蟲師"の世界観なんかに合うかもしれないです)そして、驚いたことに実際に人も住んでいます。
こういうところでの生活、毎日が山登りの上、ご神域という変な環境なので苦労も多いでしょうが……一度くらい、体験してみたいものです。

余談ながら、このお山。登れば登るほど、飲み物が高くなります
4ツ辻当たりまでは大きく変わらないのですが、その先……一番高いお店ですと、麓に比べ2割り増しくらいの値段がします。
登る方はお気をつけて。

そして山のお参りの要所はこの塚。
場所によっては入り組んで迷路のようになった塚の集まりもありますが、コレは撮りやすいすっきりした場所――
20070829003738.jpg
主に3箇所、それ以外にも大小幾つか点在しています。
塚の周囲にあるちっちゃい鳥居は、参道のお店やふもとの土産物店で買える"奉納用"の鳥居です。
住所氏名などなどを書いて願をかけるために供えます。
(懸賞に応募ハガキを送るような感じ――と表現したら罰が当たりますよね?)

先述した伊勢神宮に行った方は、ここで土産用に大きいのを買っていく猛者らしいですが……さすがに私はそこまでしません。
お土産は一番小さい鳥居で我慢しました。

神社の麓に戻ったころには、既に境内もお目覚めで、観光客も土産物店も活動開始を開始していました。
そして、巫女さん! 派手に"美人!"といった方ではないのですが、巫女装束がしっくりとくる可愛さがあり、かなり好みでした。
 
そのあとは先日も書いた通りに名古屋まで抜けて、昼食とお土産物色の後、新幹線で帰宅。
名古屋で食べたのは、きしめんと味噌カツ。味噌カツは若干味が濃かった気もしましたが、どちらもも美味しかったです。
どうも、このサイト伊勢神宮・伏見稲荷に続き3回目の引用)の影響で、名古屋には罠な飲食物が多いというイメージが強かったのですが、
3回も行って食事してみれば、さすがにそんなイメージも解けます……。
(が、コンビニで"大きな唐揚げ入りチャーハンおにぎり"を見たのは名古屋だけ。ちなみに罠でした)


それから、今回はちゃんとN700の写真も撮れました。
20070829005136.jpg


最後に今回のお土産たち。
20070829012325.jpg
あんこの入ってない生八ツ橋、平たいういろう、ひやし飴(伏見稲荷で盛んに売っていた謎の飲み物。お店の写真にも、コレの存在を主張する布が写ってます)、お守り、長浜ラーメン、ゴマ入り味噌キャラメル、こんにゃくアセロラせんい(なんだかんだいっても、やっぱり謎の飲み物は探してしまいます。多分、全国区ではなさそう……まだ飲んでませんが、罠な感じ)
そして、撮ってませんが鳥居です。



さて、世の中にはもう夏休みも終わってしまった学生が現れる季節。
昼間のセミの破壊力が弱まり、夜になると虫の音が聞こえるようになって来ました。

そろそろ、秋ですね~。もう一度くらい、出掛けたくなって来ます。

コメント

コメント返し

こにたん師匠>
いいですよ。春にでも、是非ご一緒に!

炎術師さん>
いきましたよ~、2回ほどw
から揚げ丼以外も食べてみました。美味しかったです。
巫女さん……いいですよ。是非一度。

哲殿>
小田原でうどんって話自体、初耳な私にはなんともなぁ^^;
優雅ですか……そうでもないんですけどなぁ~(汗

ECB3703Fさん>
伊勢うどん、まさにそうですよね! 異文化を経験です。
九州までにいたる西日本のローカルが逆に、とても国鉄型を残しているだけにギャップが増強される感じです。
新しいのを開発すること自体はいいんですけどね~、奇抜すぎw

アリソンさん>
まさに漢ですよ。で、いい方でした。
ポスターも含め、伊勢って寛容なんでしょうかね?
タバコの米兵…・・・昔の映画みたいですw

さて…この旅行で、どれだけ散財したのかw

痛車…ホントに猛者っすな。
それで公道走る勇気ねぇ!

加え、普通の祭で萌えポスターを起用するなど…オタク文化は、もうサブカルチャーの分類ではないと感じますなぁ。

港町の夕焼けに映える、タバコをくわえた米兵…完璧w

伊勢うどんはすするのではなく、箸でつまんで食べる、という感じです。
普通の麺類とは食べ方が違います。

夜明駅は以前、特急ゆふに乗った際通過しましたが(既に暗かった)、本当に明かりが少なく、正に『ローカル駅』でした。
奇抜なJR九州の車両ですが、その中で国鉄型のキハ40系や415系などを見ると、なんかほっとします。

美味しそうなうどんですなw 僕は小田原でクソまずいうどんだったのにw 
もるやんの旅行は優雅ですなw

…やっぱりまんぷく亭には行ったんですね。

電車は分かりませんが、神社には行ってみたいなぁ。ちなみに私は生の巫女さんを見た事ないです(隣街に大きな神社はあるが、少なくとも記憶にはない)。

今度は俺も連れてってくださいよ~
もるやんと旅行…なかなか楽しそうじゃないか!
大阪で究極のタコ焼きを探す旅とかいかが?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad