FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


映画鑑賞の週末

今シーズン何度目になるかと「今シーズン最大」の台風が襲いかからんとする9月第1週。その冒頭に位置する9月最初の週末。
憎き研修も一息つけそうな頃合いでありながら、折も悪く台風の影響で活発化した前線により、ご機嫌斜めな空模様です。
当初の目論見では富士山に登る予定であり、山小屋の確保まで済んでいたのですが、雷の予報まで出てきてしまっては安易な登山もままならない状況に陥いってしまいました。


致し方ないので、富士山の登山予定はキャンセルとして、たまには特段の予定もないままに大人しく過ごす週末と決めました。
ちょうど、観たい映画もあったのでいいタイミングでしょう。

そんな訳で、富士山に行かないと決めたら、早寝早起きも気にする手間が省けます。
金曜の夜から実家に戻り、夜半の隣街に繰り出してフォロワーの朔さんと一杯キメて、朝起きる時間も気にせず金曜の夜を過ごしてしまいましょう。

土曜日は、一緒に富士山に行く予定だった小学校時代の友人、えめろん氏と映画を見に行く日に。
急ぎチケットを手配して、ららぽーと横浜でまずは2回目となる劇場版「のんのんびより」を視聴です。
何度観ても素晴らしいアニメ映画ですね……またしても目を潤ませながら観てしまいました。

映画の後は川崎に移動して、ふらりと時間潰しがてらに御朱印巡りです。
一社目は川崎周辺の鎮守、稲毛神社。元来は山王社と称されていたそうですが、この周辺の地名稲毛庄にちなんで明治期に開明されたのだとか。
都市部のよく整備された神社ながら、神楽殿からは秋祭りに向けた囃子の練習も漏れ聞こえ、歴史と伝統が今に根付くさまを感じさせる神社でした。
2018_09@富士山キャンセル008 2018_09@富士山キャンセル013
もう一社は川崎駅の北側に鎮座する女躰大神です。
名前はなかなかに効いてますが、歴史は室町時代まで遡れるという古い社です。
曰く、この周辺がまだ多摩川の氾濫に悩まされる小さな村だった頃、1人の女丈夫が水害を抑えるために身を投げたのだとかなんとか。
その女性を祀って以来、ほぼ変わらぬ位置に鎮座し続けているそうです。
境内には幼稚園も併設され、少し独特な雰囲気を醸し出していますが、歴史を感じさせる古風な社殿がいい雰囲気です。
真向かいは大都会川崎だというのに、そんな様子を感じさせぬ落ち着いた住宅街の神社と言った様子です。
都会の良いところを抜き出したような町並みと合わせて、いい界隈だと感じました。

神社巡りのあとは軽く飲んでから、再び映画鑑賞へ。


土曜日2本目は森見登美彦原作のアニメ「ペンギン・ハイウェイ」です。
ツイッター上ではおねショタSF良アニメと評判だったのですが、観てみれば実際、そういう感想がしっくりきます。
また本筋となる現象自体は荒唐無稽ながらも、主人公アオヤマくんの不思議へのアプローチは、地道な観察と慎重な実験、諦めない沈思黙考と、非常に科学的な意味で地に足の着いた手法に終始していたのが印象的でした。
流石は森見登美彦先生の本が原作と言ったところでしょうか、冷静に科学者かくあるべしと思わせるものがあり、別の意味で感心してしまいました。

加えて、これも本編そのものとは関係ないのですが、舞台が北生駒界隈をモデルにしていたのも、個人的には感激すべきポイントです。
実際の町並みよりもだいぶ緑豊かに改変されていますが、紛うことなき近鉄けいはんな線の車両や学研北生駒駅に、奈良登美ヶ丘のイオンまで出てきます。直接的な特定こそできませんが、山並みや竹林もどこか見覚えのある雰囲気を感じさせたのは、気の所為ではないでしょう。
大学院の2年間を過ごした青春の風景が、少しだけ美化されて作中で展開される様は、なかなかどうして感慨深いものがありました。


ちなみに映画の後は、沖縄料理の居酒屋で軽く飲み直し、列車の都合もあるので21時過ぎに解散といたしました。


帰ってから、なんとはなしに夜更かしをして、朝の惰眠を貪った日曜日。
やりたいことは沢山あったはずですが、天気と疲れでモチベーションが低いまま昼を迎えてしまいました。

そんな予定も定まらない昼下がりに、急遽降って湧いたのが下北沢に遊びに行くプランでした。
フォロワーの和泉冴氏が「三ツ星カラーズ」のイベントの会場推しで、下北沢に行くのだとかなんとか。
ついでに物販冷やかしてから、なんか飲みに行こうとなった次第です。

14時過ぎに集合して、ひとまずは物販の冷やかしへ。
ただ、それ自体はすぐに終わってしまったのですが、追加要素として近場での夏祭りに遭遇です。
2018_09@富士山キャンセル019 2018_09@富士山キャンセル023
さすがは下北沢のお祭りと言いましょうか。人口密度もなかなか高く、担ぎ上げられる神輿も随分に立派です。
しばらく、夏祭りの喧騒を肴にビールを味わえば、今夏はすっかり忘れていた夏要素の一つ“お祭りの喧騒”を摂取してしまったも同然ですね。
これで、土壇場滑り込みに、また一つ今年も夏を満喫してしまったと言えましょう。

ひとしきり、神輿が過ぎていくのを眺めたら、お祭りから離脱して新宿方面へ移動することにします。
冴氏がまだ観てないということなので、3回目(!)の「のんのんびより」を鑑賞することになってしまいました。
流石に3度目ともなると、中身を覚えてしまい……だいぶ、気持ちよく微睡みながらの視聴です。
それでも、耳に心地よいSEと声を感じながら過ごす時間と言うのも悪くないものです。
映画の後は昨日に続いて、また沖縄料理で一杯。当分、過ごし方に困ったらこの流れでいいかもしれませんね。
沖縄への憧憬をつのらせながら、日曜が終わり行くのを惜しんで、休日が終りを迎えました。


そんなこんなで、懐かしい大学院の日々と、ノスタルジックなのんのんびよりを投与されてしまった今週末。
どんなに過去を振り返っても、現実は日々過ぎていきます。
もう少しだけでも、気安く、前向きに取り組める日々にしたいのですが……平日は虚無のまま。救いがなくて困ってしまいますね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる