月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


朝霧高原の緩い野営

年の瀬も押し迫って、気づけばクリスマスです。
もう一声で年末、2017年も数えるほどしか残ってないですね!
諸々のイベント事が重なってしまい、全く年末の準備が進んでないのですが、それもまた致し方ないことでしょう。

日曜日がクリスマスイブとなったこの週末。
去年に続いて冬キャンプをしたいとの話になり、折角ならばと来期にアニメをやる“ゆるキャン”に先手を打って聖地巡礼をすることになりました。
近年、アウトドアに関心の高い半月クラスタの面々を誘って、行ってきたのは朝霧高原の富士山YMCAグローバルエコヴィレッジというキャンプ場です。
去年もそう言えば朝霧高原でしたね。富士山が雄大な高原地帯、凍てつく空の下で凍えながら飲む紅茶が格別です。

親の車を拝借して、ヘク猫氏と朔氏をピックアップしたら246から東名を抜ける経路で富士宮へ。
去年のキャンプや先の富士登山でも利用した富士宮駅近くのイオンモールで買い出しをして、現地に到着。
IMGP2958.jpg IMGP2978_201712252208381f1.jpg
チェックインを済ませて設営場所を決定したら、後続のキャプたん氏、冴氏、あんこう氏とも順次合流の流れとなりました。

今回のキャンプ場は朝霧高原らしい広大な原っぱの、下草を刈り取ったような空間。
起伏が多いのが玉に傷ですが、特大の富士山がどこからでも見える開放感抜群の立地は、まさに冬キャンプに求められるシチュエーションと言っても過言ではないでしょう。

人数が揃ったら、日が暮れて寒くなる前に早々に宴の準備に取り掛かりましょう。
火を起こして、おやつを食べながらベーコンを厚切りに。ビールを飲みながら炭火で焼いて、その間にメインディッシュのすき焼きも準備します。
ベーコンもすき焼きもどちらも“ゆるキャン”準拠のメニュー。今回のこだわりです。
IMGP3006.jpg IMGP3015.jpg
美味しく焼けたベーコンに言葉を失いながらも作業を進めて、おいおいとすき焼きに移行です。
すき焼きが始まって、辺りが暗くなり始めれば、あとは持参の防寒具に任せて夜の屋外宴会が続くばかり。
鍋で熱燗したりワインも温めたり、ウィスキーが飛び出したり、直火で賞味期限切れのオイルサーディンを調理したり……焚き火があるのでワイルドになっていますが、本質的にはいつもどおりの宴会です。
途中でキャンプ場併設のお風呂に入ったりしつつも、寒さに音を上げて早い時間に終わるものかと思えば、0時少し前まで飲み明かしていた始末。
IMGP3045.jpg IMGP3050.jpg
ふとあたりを見渡せば、透き通った冬空に満天の星々が散らばり、町灯りが薄っすらと富士山の影を描く絶景を演出していたのも特筆に値する光景でしょう。
最高に楽しい気分のまま、テントでの夜を迎えました。

翌朝は幸か不幸か微妙な曇天。
富士山が雲に隠れてしまったのは残念ですが、放射冷却が抑えられ朝の冷え込みがマイルドだったのは幸運といえるかもしれません。
IMGP3054_201712252221558bc.jpg IMGP3066.jpg
キャンプでの朝食はカップ麺と相場が決まっていたのですが、今回は料理が得意なメンバーも居るので朝も優雅にカルボナ―あらなどを頂きます。
朝から外で食べる手の込んだ料理の味は格別です。

朝食後はお酒が抜け切らないテンションのまま悪ふざけをしつつ片付け工程へ。
宴のあとの車座は、なんとも言えず……汚いですね。撤収完了時にはちゃんと綺麗にしたので安心です。
IMGP3075.jpg IMGP3087.jpg
朔氏が見事なブリッジを披露したり、一人用テントを使った威嚇モーションがあったり、撤収用に乗り入れた車でガルパンごっこをしたりと、個々に挙げれば頭痛が痛くなりそうな有様でしたが、概ね楽しかったので良しとしましょう。

昼前にようやく撤収したら、続いてこれも“ゆるキャン”に登場したまかいの牧場へ、ジェラートと昼食を摂りに向かいます。
IMGP3096_20171225225258877.jpg IMGP3100.jpg
作中では「“じゅ”かいの牧場」でしたが、建物も立地もほぼ同じです。
牧場内の同じお店で、適当にアイスを食べながら一息。特段に何をするでもないですが、キャンプの反省でも語りながら小一時間滞在してしまいました。


まかいの牧場を出たら、滋賀に帰るというあんこう氏と別れて、残りの面子は本栖湖から国道300号を経由し身延方面へ。
何でも作中に登場した美味しいまんじゅう屋さんがあるので行ってみたいのだとか。
経路的にも作中の時系列的にも脈絡のない、とんだ山越え寄り道ですが仕方ありません。
ここまで来たら面白いので一緒に行く以外の選択肢はありませんでした。
小一時間ほどヘアピンカーブを駆け抜けて身延駅前にいたり、商店街で目的のおまんじゅう屋さんへ。
作中と同じく試食にお茶まで付いてくるホスピタリティを味わって、感激しながらお土産用に購入します。
みんなで買ったらお店近くのベンチに移り、マンガを広げて「絵と一緒だ!!」とすっとぼけたことを言うのまでがお約束です。
ここでおやつを食べながら再び雑談タイムがはじまるのですが、時計を見れば既に15時を過ぎてしまった頃合い。
そうろそる帰路に就かないと、渋滞に巻き込まれて終電を逃す恐れが出てきてしまったので、泣く泣く撤収することになりました。

愛知へ向かうキャプたん氏と道中で別れ、東名に乗ってからSAで冴氏、朔氏ともお別れ。
最後にヘク猫氏を通りがかりの駅で降ろして実家に向かい、真冬のキャンプは終わりを迎えました。


これで今年の遠出の予定は全て終了。あとはコミケに行って、年の瀬を迎えるだけです。
残り数日の出勤日を、頑張って乗り切らないと行けないですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad