FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


成田山の少紅葉

秋もすっかり深まり、初冬の如き冷え込みを見せる11月上旬。
10月中を出張先で過ごしてしまい、キャンプに紅葉に温泉に……と、未だ秋を満喫しきれず、やりたい事が多々あるままに、選択肢の多さに目標が定まらないまま週末を迎えてしまいます。


夜からの飲み会しか予定がなく、寝不足も溜まってきていたので、昼まで寝太郎を決め込むはずだった土曜日。
案に相違して、気付けば10時過ぎに叩き起こされるハメになります。
原因は両親の自宅訪問。そういえばそんなメール来ていたな――と、思いっきり無視していたことを思い出しながら、室内に迎え入れて部屋でゴロゴロしながら、両親が荷物の整理清掃を始めるのを眺めます。
両親に働かせながら自分は動かないとは、我ながらクズ感のある所業だとも思いますが、成り行きに任せるままにして過ごしていれば、あっという間に昼下がり。約束のために出発する時間になってしまいました。

この日に向かったのは門前仲町駅周辺。フォロワーの優月さんと合流して、門仲界隈で下町飲み歩きです。
牛煮込み一本の老舗で軽く飲んでから、昭和の空気を閉じ込めたかのような古風な大衆酒場で安酒を舐めて、最後は少し洒落たバーでウィスキーを嗜み安全に22時くらいまで。
近況報告やらお酒の薀蓄、本の話などをだらだらとしながら、楽しい夜を過ごして帰ることができました。


一転して、日曜日は秋晴れのもとに朝からしっかりとお出掛けしたい心持ち。生憎と行き先のアテはなかったのですが、紅葉情報を見ていると、成田山の辺りが見頃との情報が。

そうと決まれば選択肢は多くありません。電車に乗り込んで成田駅へ一直線でありました。
もっとも、成田駅で下車しても真っ先に向かったのはかの名高き新勝寺ではなく、参道の裏手に鎮座する埴生神社の方へ。
IMGP2683_2017111320552264b.jpg IMGP2685_20171113205524a2d.jpg
利根川交易路の要所を見守るように西向きの社殿を構えた、成田一帯の鎮守様です。
規模こそ新勝寺に押されて小じんまりとしていますが、古い道沿いに堂々と鎮座する歴史を湛えた神社で、御朱印を貰うことができました。

無事に御朱印を回収したら、今度こそ押しも押されぬ関東有数の名刹に参拝です。
IMGP2687.jpg IMGP2692.jpg
古風な土産物屋や旅館の並ぶ参道を抜けたら、どっしりとした勇壮な山門に出くわします。
成田山新勝寺は平将門の乱調伏の功によって建立されたという平安期以来の古刹。一時は衰微しますが、佐倉藩の庇護の元に江戸から手頃な距離の巡礼先として活気を取り戻し、以来今に至る繁栄を続ける神社です。
その由緒から平将門を祭神とする神田明神の氏子は参拝してはいけないとかなんとか……なんて話もありますが、少なくとも平将門系統の神社は参拝したくらいで縁はないので、きっとセーフでしょう。
IMGP2703_2017111321034654a.jpg IMGP2705_20171113210348140.jpg
立派な絵馬殿や大仏舎利塔など、歴史になった古社寺ではなく、現役の仏教施設であることをひしひし感じさせる雰囲気を味わいながらの見物となりました。
IMGP2713_201711132103495eb.jpg IMGP2717_2017111321035195d.jpg
ちなみに肝心の紅葉の方は、正直なところ時期外れと言った印象。キレイに色づいている木もあるのですが、全体的にはまだ青い状態です。
もう少し待ってからの方が鮮やかな色付きを拝めるかもしれません。

本当であれば、このまま参道の飲み屋さんで一杯と行きたかったのですが、残念ながらこの日はまたしても出張案件が待ち受けている状況。
車の運転が待っていては飲む訳にも行きませんので、大人しく夕暮れに合わせての帰宅となりました。


そういう次第で、ひとまず不完全ながらも紅葉狩りはクリア。
次は秋キャンプか、晩秋の温泉かと洒落込みたいところですが……どうなることでしょうか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad