FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


空軍博物館の話

引き続き海外出張中。車社会の郊外宿泊、車のない身としては身動き一つとれず、いつ以来かと思うような引き籠りが捗ってしまいます。
歩いていけば、全く出先がない訳ではないのですが……幹線道路の路肩をすり抜けて遠出するのは、流石に面白くない意味で度胸試しになってしまいそうで気乗りしません。

そんな状況では、過ごす当てもないと困ってしまうのが週末の身の振り方。
どうしたものかと案じていたのですが、降ってきたのが魅惑的なアメリカ空軍の空軍博物館ツアーでした。
宿のある町から車で2時間半ほどの距離と“アメリカ基準では”遠くない場所にあるそうなので、折角の機会ですから行くことにしました。


国立空軍博物館はライト兄弟が活動の拠点を置いていた町、デイトンの郊外に位置するライト・パターソン空軍基地に隣接しています。
IMGP1958.jpg IMGP1968_20171016054607eea.jpg
館内はライト兄弟の初飛行からアメリカ陸軍航空隊の草創とWW1、2での活躍、朝鮮戦争、ベトナム戦争、冷戦、湾岸戦争、宇宙開発と米空軍が関わった活動とそれにまつわる数多の飛行機を年代順に展示しています。
IMGP1976.jpg IMGP1984.jpg
ライトフライヤーの復元品からWW1や戦間期に活躍した複葉機の数々は、なかなかお目にかかる機会のない貴重な代物。
100年近く前のものまで、状態よく保存されているのには驚くばかりです。
WW2の飛行機も西部戦線のものから、日本人も縁の深い太平洋戦線の機体まで幅広く展示されています。

IMGP2003.jpg IMGP2041.jpg
東京奇襲を敢行したドーリットルのB-25爆撃機や日本軍機の紫電。
先日観た映画で大活躍していた英国のハリケーン戦闘機に、長崎に原爆を落としたB-29“ボックスカー”も展示されています。
IMGP2015.jpg IMGP2033.jpg
ただし、あくまで陸軍航空隊の系譜をひく空軍の博物館のため、太平洋戦線の展示でありながら空母艦載機には言及がないのがポイント。言い知れぬ微妙な縦割りを感じさせます。

WW2を過ぎて朝鮮戦争前後のジェット機黎明の展示を過ぎれば、見慣れたシルエットの近代的な航空機群の展示になります。
IMGP2046.jpg IMGP2061_2017101606114483d.jpg
目玉の巨大爆撃機B-52や一部で大人気のタンクキラーことA-10。写真は撮り忘れてしまいましたが「積めないのはトイレだけだ」と言われたA-1攻撃機もいました。
IMGP2068.jpg IMGP2069.jpg
一度、実物を見てみたかったAC-130も展示中。ネットなどで「機体の片側に火砲を集中配備し、旋回しながら滅多撃ちにする」と空恐ろしいながらも、今一つ分かりにくいことが書いてあり気になっていたのですが……実物を見たら思った以上に文字通りでビビってしまいます。
F-117の独特のシルエットに関しては言うこともないでしょう。

宇宙や研究開発の建屋では宇宙開発にまつわるロケットやミサイルの展示の数々も。アポロ15号の着陸船の実物は、下部の焦げ跡まで見学できて見ごたえ抜群です。
IMGP2073_201710160624314f5.jpg IMGP2075_20171016062434672.jpg
また研究開発としては、過去の失敗作の数々も展示されています。研究開発が決して単純な一本道ではないことを端的に教えてくれるいい展示ですが、なかでも空飛ぶ円盤は……こんな博物館の中でも異彩を放っています。
IMGP2078.jpg IMGP2083.jpg
他にも過去の大統領機なども展示されていて、写真だけでは納めきれないほど見ごたえに溢れた博物館でした。流石はアメリカの国立博物館です。
ちなみに館の外は見事な快晴、星条旗が映える一面の芝生でした。


帰路にはなぜか韓国料理屋で夕飯を食べて宿に戻ります。ちなみに日本料理屋、中華料理屋にも既に行ってます。
どこの飯でも喰えるつもりでいましたが、流石に2週間もアメリカにいると、東洋の味付けには妙に安心します。
ただ、これは個人的な感覚なのですが、生半可な日本料理では言い知れぬ違和感に気付いてしまい妙に気になってしまいます。
かえって、中華料理とか韓国料理くらいの距離感の方が“なんか知ってる味”程度の雑な認識のため、違和感少なく落ち着く気がしました。

ところで、いつ帰れるのかまだわかってないです。頑張りましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad