月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


越後日本酒鉄道紀行

長丁場の出張でホテル暮らしが板についてきた2017年上半期終盤。
もうすぐ6月も終わりです、1年の半分が過ぎ去ろうとしていますが、冗談ではなく外泊した日の方が多くなってしまいそうです。

そんな外泊年間の一環、先週も延々と出張先で過ごしてどうにか金曜日に一時帰宅。
日曜の夜から再び出張先とあって、ねじ込んだのが土日の新潟旅行です。
土曜の朝に出立して一泊二日、そのまま都内で飲み会をはさみつつ帰宅を省いて出張先に直行する、我ながら大概にアクロバットな行程です。

そういう次第で行って来たるは新潟の企画列車「越乃shu*kura」への乗車案件。友人えめろん氏の熱望に押されるまま、初めてのジョイフルトレイン体験となってきました。


しかして、旅の始まりは北陸新幹線の上越妙高駅から。
名前に惹かれるものはありましたが、まさか降り立つ日が来ようとは思いもよりませんでした。

越乃shukuraはここからえちごトキめき鉄道を直江津へと向かい、信越本線経由で長岡にいたり上越線と飯山線を経て十日町まで向かおう旅程となります。
ただ、少しばかり早く着いてしまったので、駅前の観光から旅はスタート。
IMGP7562.jpg IMGP7564.jpg
開業して少し経つとは言え、駅前はまだまだ開発途上といった風景が広がります。

注目すべきは駅降りてロータリー挟んですぐにある釜蓋遺跡。弥生時代の比較的大きな遺跡群の一角だそうです。
IMGP7565.jpg IMGP7568.jpg
「日本一新幹線の駅に近い遺跡」のウリ文句は、なんとも言い難いセンスですが……資料館の展示は日本海沿いから到来する北陸系と関川沿いに下り来る信州系の文化の交差点としての、上越地域一帯を紹介しており興味深いものでした。
米どころ新潟というともう少し北の方、新潟市や魚沼市をイメージしますが、弥生時代には当時の土木技術的な都合からこの妙高一帯の扇状地こそが稲作の適地だったのだとかなんとか。

閑話休題、束の間の歴史のお勉強から舞い戻って、えめろん氏と合流したら「越乃shu*kura」に乗車です。
汎用性お化けのごとく全国で魔改造される国鉄急行型気動車キハ48系を素体にした特別列車。
IMGP7588.jpg IMGP7590.jpg
1号車と3号車は指定席ですが、真ん中2号車は小洒落た立ち飲み屋さんのような風情。酒類の販売もあるので、車窓を眺めながら立ち飲みが楽しめます。
何を思ったのかえめろん氏、手配した切符は食事も振る舞われる少しグレードの高い方の代物。
場違い感に恐縮しきりなまま上越妙高駅を出発した10時過ぎから、食事とお酒を振る舞われて、朝から貴族な気分です。
IMGP7606.jpg IMGP7615.jpg
出された食事もお酒ももちろん美味しかったのですが、一息ついたら立ち飲みコーナーの方へ。
ジャズの生演奏や酒蔵による試飲イベントも催され、こちらの方も軽い感じで楽しめます。

日本海や新潟の田園風景を眺めながらのひととき。
IMGP7619_20170626222029fc6.jpg IMGP7623.jpg
終点の十日町駅に着いたのは12時半頃、都合2時間半の鉄道旅を終えた頃には、すっかり酔っ払ってしまったのも仕方のないことですね。
お出迎えの横断幕に少し気恥ずかしさを感じながら、下車したらほくほく線に乗り換え。
ここから信越本線、弥彦線を経由して弥彦神社に足を向けました。

彌彦神社も旅程を手配したえめろん氏の要望。
私は何年か前に参拝しているのですが、大きな神社ですし何度も行ってみるのも悪くないですよね。
IMGP7630.jpg IMGP7643.jpg
参道の復路にて昼飯がてらに立ち寄った蕎麦屋さんの庭園が、なかなか見事だったことが一番印象的な事柄でした。

この後は新潟の街に向かい、かの有名なぽんしゅ館に寄ったりしつつ一泊。
翌日は、図らずも新潟駅からSLばんえつ物語号を追いかける形で新津に向かいつつ1日が始まりました。
IMGP7664.jpg IMGP7682.jpg
新津においてはSLと最新鋭の電気機関車のご対面にも遭遇。なかなか面白い……不思議な光景です。

新津にきた目的は新潟市新津鉄道資料館を見学すること。
越後地域の鉄道の結節点であり、今も国内有数の車両工場を擁する鉄道の街、新津の往年の繁栄を伝える資料館です。
鉄道の資料館なのに駅から少し距離があるのはご愛嬌。新津駅前の資料館サテライトにて自転車を借りることができるので安心です。
IMGP7685.jpg IMGP7692.jpg
展示内容は上越線、信越線、磐越線を中心とした新津・新潟にまつわるものが主。
またかつて所在した国鉄の職員養成校で用いられた教材や、機関車の水位計などのようななぜ単体で置いてしまったのか解しかねるようなピンポイントの鉄道部品も見受けられました。
また、屋外には新潟に関わった鉄道車両の静態展示もあります。
IMGP7718.jpgIMGP7739.jpg
この日は偶然にも新潟色の115系の搬入を行っていたようで、クレーンで宙を舞う鉄道車両を拝むことができました。
こういうのを見るのもまた運がいいと言えるのでしょうか。作業だけでも意外と見飽きないものです。

資料館のあとは新潟駅に舞い戻り、昼食を取りつつ駅から歩いて10分程の蒲原神社へ御朱印を頂戴に。
下調べをしていなかったので、現地の由緒書きで知ったのですが式内社“青海社”の流れを汲む由緒ある神社なのだとかなんとか。
IMGP7749.jpg IMGP7757.jpg
別段に大きな神社ではないのですが、お祭りの規模は新潟県内でも有数のものなのだそうです。
参道を跨ぐように渡り廊下が配置された独特な形態の神楽殿が印象的です。
IMGP7754.jpg
何か謂れがあるのかと気になるところですが、この様式の由緒能書きは特に見当たりませんでした。


そんなこんなで御朱印も確保したら、あとは関東に帰るのみ。
引退が噂される二階建て新幹線E4系を選んで乗車し、初上越新幹線で都内へ舞い戻りました。

――で、終わらないのが根無し草の性。
えめろん氏と別れた後、田村ゆかりさんのFCイベント関連で上京していたアリソン氏と合流。
関係するフォロワーのアッシーさん、ヘク猫、さらには元寮生も合流して飲み会の運びとなりました。

当夜中には出張先に出向かなければならない都合上、遅くまでいることは出来ませんでしたが、ギリギリいっぱいまで飲みながら粘って楽しいひと時を過ごし……多少の二日酔いは気合で乗り切る羽目となった月曜日でありました。


そんな次第でまだまだ続く出張生活。終わりは見えないので、仮宿と旅先の往復が続くかもしれません。
自宅なんていらなかったのでは……?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad