FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


終電深酒と三つ峠の話

日曜日、月曜日と立て続けに大きな地震が日本列島を襲った6月中頃。
梅雨の合間を縫いながら、残業の合間を辛うじて生き延びる日々。終わりを望みながらも、どこまでも続きます。

週末の始まりは出張案件を済ませて、少し早めに解放された金曜日から。
大学時代の友人の“元下宿生”と、彼の元職場の同僚の3名で飲み会をすることになり、渋谷へと向かうことで始まります。
元同僚氏とは以前にも一緒に飲んだこともあり、渋谷の焼き鳥屋さんに拠点を決めてからは、仕事の話に始まってアニメの話まで、適当にグダっているうちに終電の時間が迫ってしまいます。
仕方ないので終電を見逃して、最も家が近い元同僚氏の部屋に泊めていただきながら、飲み直して土曜日を迎えることになりました。


土曜日はひとまずは実家に帰りつつ、荷造りを済ませて再び東京方面へ。
日中は資格試験があったので、これを大過なくこなしつつ、秋葉原で時間調整です。
この日の本題は夜から行われた前職の同僚の結婚式の二次会への出席です。

前職の同期連中とは数年に一度程度は顔を合わすものの、それ以外の職場の面々と会うのは退職の挨拶以来です。
久しぶりに再会する者や、私の退職後に入った面々とも適当に話しながら二次会をつつがなく過ごして、流れはそのまま三次会へ。
近い年代の方々を集めた三次会、一緒に飲んでいると、どうも参加者の半数弱は退職済みらしいというのですから、けったいな話です。
退職して言うのもアレですが、別段そこまで悪い会社でもないと思うのですが……世の中、そんなものなのかもしれません。

終電ギリギリまで飲むつもりが、気づけば話が盛り上がってしまい隣街までしかたどり着かない時間になってしまいました。
仕方なしに、後ろ髪を引かれながらも列車に乗れば、思った以上の深酒にうっかりぐっすりです。
気付けば隣街から数駅先まで来てしまっています。泣きながらタクシー代を支払って、どうにかこうにか実家へと帰り着きました。


そんなこんなで無理してでも実家に帰ってきたのは、日曜日に大事な予定があるためです。
深酒深夜帰宅の翌朝という惨状に鞭打って、朝は7時頃には起床して中央線と富士急線を乗り継ぎ河口湖方面へと向かいました。

富士吉田の少し手前、三つ峠駅で下車したら、先に車で来ていた友人のえめろん氏と合流です。
mt(4).jpg mt(5).jpg
レトロを通り越して、時が止まってしまったような駅前広場でえめろん車に拾われたら、コンビニで補給していざ出発です。

三つ峠の駅から西に車で15分ほど。桂川の谷間に広がる町並みを外れて、御坂山塊の入り口に位置する三つ峠の登山道入り口まで、ほんの一瞬のドライブです。
登山道入り口に車を停めて荷物を整理したら、この日の目的地三つ峠の山頂目指して歩き始めましょう。
mt(9).jpg mt(13).jpg
駅前では晴天だった空も、三つ峠のたもとでは薄っすらと曇り気味。地形の関係でしょうか、数キロしか離れてなくとも山裾にだけ雲がまとわりつくように広がっていました。
曇りの影響下、登山道の森林地帯もほんのり湿り気味。森が香り立ち気持ち良いものの、足下がぬかるみ気味なのは困りものでした。

三つ峠駅から登る三ツ峠山は行程3kmほどの間に高低差約1000mの強烈な上り坂。沢筋を伝うように最短経路に言い訳程度のつづら折りで取り付けたような道のりを一気に駆け上がることになります。
なぜこんなルートを……とも思いましたが、江戸期には修験道の参詣道だったそうなので、多少の過酷さは納得です。
mt(24).jpg mt(38).jpg
道中に点在する仏像などの宗教的遺物を眺めながら、青息吐息で登っていけば、行程の半分以上を過ぎた頃にようやく傾斜が一段落します。
代わりに崩落仕掛けた沢を横切るハメになるのはご愛嬌でしょうか。
気付けば雲を越えたのか、晴れ間が広がり気持ちの良い光景に出会せたのが救いと言えましょう。

ロッククライミングの名所という壮大な屏風岩を大きく迂回したら、山頂はもう目前です。
mt(40).jpg mt(64).jpg
屏風岩の脇から階段を上がるようにして15分程で、三つ峠の山頂に至りました。

三つ峠の山頂は御坂山塊でも屈指の高い峰。周囲をぐるりと見渡せば富士吉田の町の向こうに富士山がそびえ、西へ目をやれば山塊の向こうに甲府盆地とうっすらとした八ヶ岳連峰まで目に入ります。
mt(67).jpg mt(65).jpg
この日は立ち上る雲が山を伝うような空模様。山頂は雲に覆われるときもあれば、不意に視界が開けて富士山がくっきりと見えるタイミングまで。目まぐるしく眺望が変化し、時には雲海のように幻想的な光景も見せてくれました。

絶え間なく変わる光景は見飽きないでいることができるのですが、そうも行かないのが時間の都合というもの。
三つ峠の周囲はいくつかのピークが点在する領域です。最高峰の開運山が一般的に三つ峠と呼称されていますが、実際には近くにある木無山、御巣鷹山と合わせて“三つ峠”と呼ぶのだとかなんとか。
諸説あるために正確なことは不明ですが、少なくとも歩いて10分ほどの範囲にいくつもの頂上が存在するのは事実です。
折角なので制しておかない手はないですよね。
mt(83).jpg mt(86).jpg
電波塔の聳える森に囲まれた山が御巣鷹山。銘板もなくただ地図上の頂上一帯を電波の送信設備が占領している状態です。
地元の近所の雑木林みたいと思ってしまったのは内緒にしときましょう。
一方の木無山もピークとしてはパッとしない場所のためか、銘板こそあるものの稜線上の小高い部分といった印象なのが正直なところでした。

何はともあれ、3頂上を制したので、山小屋近くの広場でコーヒーブレイクをしたら、後は下山あるのみです。
来た道を戻るように下れば、再び雲の中へ。本当に頂上付近だけが晴れていたのだと感嘆しながら、薄霧の中を抜けて行きました。
mt(95).jpg mt(100).jpg
帰路は少し余裕があったので、仏像群の見物なども。これほどの数をどうやって山の上まで運んだのか……昔の宗教家は本当に偉大ですね。


達磨石の登山道口まで戻ったら、最後は駅との中間地点にある日帰り入浴施設で一服です。
mt(103).jpg
ちなみに三ツ峠も「ヤマノススメ」の作中に登場した山。駅や頂上付近の山小屋、そしてこの入浴施設にも立て看板が設置されています。
関東日帰り圏のちょっと有名な山はほとんどこの作品の足跡がある気がしますね。

風呂上がりに富士山駅までドライブして、駅ビルで早めの夕飯を食べて、えめろん氏とはお別れ。
帰路は富士急線から中央線と総武線を経由して、内房の自宅へと直行することになりました。


斯様な次第で、金土と終電乗り継ぎに失敗をしてから、日曜には山に登ったこの週末。
色んな都合が絡み合ってチグハグな過ごし方になってしまいましたが、それぞれのイベントは面白かったので良しとしましょう。
6月半ばといえば最も祝日から遠い季節。私は月曜に通常通り出勤したのですが、ツイッターを眺めていると有給取得勢がゴロゴロいるのに気付いてしまいます。
異動前は現場さえなければ簡単に休めたのに……と考えてしまいます。
今更詮無いことだと、辛い気持ちを押し殺して働くしか無いのですが、なかなかやる気にならないのは仕方のないことですよね。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad