FC2ブログ

月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


迷走休暇の話

恒常的に繁忙期、目が回る日々と見えないプレッシャーに抗って乗り切った4月の3週目。
諦めが早くなったのは年の功というべきでしょうか……。
自分の選択に意地を張るような真似はせず、異動に乗ったのは失敗だったと、早々に後悔を宣言して過ごす日々です。
ただし、愚痴はツイッターにできるだけ押し込めて、日記には週末の過ごし方を書き残したい所存です。


先の土曜出勤の振休もあって、金土日の3連休となった今週末。
金曜日は久しぶりに目覚ましをかけずに就寝して、目覚めたのは8時過ぎのこと。
ただ目覚めたものの体が動かず、布団から這い出せたのは正午の少し手前くらいになってしまいました。

そんな訳で行動を開始したのは荷造りも終えた14時頃のこと。
総武線から成田線を乗り継いで、最初に向かったのは利根川沿いの下総神崎駅です。
2018_04@鹿嶋&新潟001 2018_04@鹿嶋&新潟003
思いの外に立派な駅舎に少し驚きながら、駅から川の方へ歩くこと20分。
氾濫原の平野がこんもりと盛り上がった丘の上に、神崎神社は鎮座しています。
神崎神社は古来、常陸国と下総国の境目にあったと伝わり、香取神宮とも縁があるという古社です。
2018_04@鹿嶋&新潟009 2018_04@鹿嶋&新潟014
境内地の丘、おそらく往古には利根川沿いの低湿地に突き出るような地形をしていたのでしょう。
周囲には古そうな家や街路も残り、無人ながらも歴史を感じる神社でありました。
書き置きの御朱印も設置されていたので、ありがたく頂戴して撤収です。

神社のあとは成田線と鹿島線を乗り継いで鹿島神宮駅へと向かいます。
目的は鹿島神宮の参道前にある地ビール工房にビールを飲みに行くことです。
以前に機会があって何度か訪れたこの地ビール工房、独特なビールと料理、気さくなオーナーが特徴の土着なお店です。
私としては珍しく、特定の飲み屋に入れ込んでいる状態になるのですが、このところ訪れる機会がなかったのでいいタイミングだと来てしまった次第です。
夜は閉店まで、クラフトビールと野菜料理を楽しみ、近場に確保した宿で一泊して金曜日が終わりました。


翌朝は6時台の高速バスに乗り込んで東京駅へ。
ここで友人の“えめろん”と合流して、上越新幹線で新潟駅へ一直線です。

目的は新潟で開催中のガルパン博を見物することです。
本来は東京、大阪でも開催していたのですが諸々の都合が重なってしまい、えめろん氏たっての希望で新潟へと行く事になった次第です。
2018_04@鹿嶋&新潟022 2018_04@鹿嶋&新潟023
そういうことで新潟くんだりまで来てガルパンの原画やグッズを見物して、一揃いの目的をまずは達成です。

目的が済んでしまえば、あとは特にノープランな日帰り新潟旅行。折角の好天を有効活用して、ぶらぶらと町並みを散歩するしかないでしょう。
2018_04@鹿嶋&新潟026 2018_04@鹿嶋&新潟029
信濃川の河川敷は八重桜の並木とチューリップの花壇が咲き誇って、カラフルな様相です。
初夏の陽気に誘われて、お弁当やお酒を持参して楽しんでいる人々も見受けられました。

河川敷沿いにしばらく歩けば、新潟総鎮守を称する白山公園の白山神社の近くまで到ります。
当然のごとく参拝して、御朱印も頂戴です。
地図を見て大きいのかと思っていましたが、想像以上に賑わい規模のある神社に驚かされてしまいます。
2018_04@鹿嶋&新潟032 2018_04@鹿嶋&新潟043
近くには古町と呼ばれる旧市街も広がり、その路地には古町神明宮なる神社も鎮座しています。
もちろん、こちらも参拝して御朱印をいただきますよね。
隣接する古町愛宕神社の御朱印も貰って、この日の分だけでも3社集めたら、歩みを海の方へと進路変更します。
日本海に面した海岸線まで歩き、マリンピア日本海という日本海側をテーマとした水族館を見物して、夕暮れになったら新潟駅方面へと撤収。

信濃川の河川敷で、沈む夕日を眺めながらビールでお疲れ様をします。
2018_04@鹿嶋&新潟098 2018_04@鹿嶋&新潟099
駅に戻ってからカップ地酒を買い込んで、帰路の新幹線で飲み直して関東へと帰還する日帰り旅となりました。


新潟から一転して日曜日は6時過ぎの電車で今度は奥多摩方面へ。
青梅線の御嶽駅で友人と合流したら、ケーブルカーで御嶽山を目指します。

御嶽神社に参拝してから、この日はさらに奥へと向かうルートを選んで歩みを進めます。
2018_04@御嶽・大岳山001 2018_04@御嶽・大岳山005
新緑がまばゆい山道を抜けていけば、行き着くのは御嶽の奥に聳える日本二百名山の一つ、大岳山です。
標高は1256m、今年2回目の1000m超えですね。
2018_04@御嶽・大岳山022 2018_04@御嶽・大岳山029
山頂からは奥多摩から丹沢山系、さらにその向こうに富士山も薄っすらと見える、絶好の条件での眺望を満喫できました。
昼食を山頂で摂ってから御嶽方面へと引き返し、下山したのは14時頃のこと。少し早めですがお疲れのビールを飲んで解散して、千葉駅周辺に寄り道しつつ帰宅となりました。


斯様な次第で折角の三連休ながら、お誘いに乗って日帰り行程を詰め合わせ、脈絡のない3日間となった今週末です。
そろそろ遠出がしたいのですが、気力が充実しないと少々難しいかもしれません。

それはそれとしても、一週間乗り切れば次の週末はGW。部署が変わったために、フルで休める予定になっています。
連休明けの5月病が怖いところですが……今のところは連休が生きる希望と……頑張るしか無いですね。

土曜出勤日と機種変更

新部署も配属されて2週間目。
仕事に慣れるどころか異様な気忙しさの実感が積み重なり、より一層辛さが募る日々が続きます。

土曜日も少々、仕事関連の用向きで1日潰れてしまった次第です……。
そんな日々の気晴らしは土曜深夜の機種変更。今まで使っていたモバイルWifiとiPod touchの運用から、スマホ1台に統合してガラケーのサブとする運用です。

酔いどれ交じりに買ってしまったので、実際の開封は日曜日に実家にて。
休日を丸1日費やして、のんびりとデータの引継や操作法の解明しながら週末を過ごすことになりました。

このところ、あまり遠出ができていない週末が続いています。
来週くらいは……どこか遠くに行こうかなと思う次第ですが、どうなることでしょうか。

酒飲みと鉄道模型

新天地の予想を超えた忙しさに、すっかり気勢を削がれてしまった4月頭。
頭の中をちらつくのは、この状況から脱出する方法ばかりです……。

状況が変わるたびに、打たれ弱くへこたれる自分ですが、それでも週末の外出だけは終始一貫、変わらない性根です。
遠出までは手が回らずとも、ふらりふらりと遊び歩いていきましょう。


土曜日は昼から半月クラスタの朔氏、ヘク猫氏と合流して、津田沼にあるという異様に酒類が充実したセブンイレブンを見物に行きました。
少し前にツイッターで話題になったことで、にわかに興味がそそられる存在となっていたのですが、行ってみれば噂に違わぬ充実ぶりに驚かされます。
酒肴や食品類も普通のコンビニとは一線を画する品揃えぶりです。
並の酒屋やスーパーにもないであろう通な酒や肴には、コンビニでありながら品揃えを眺めるだけ暫く楽しめる"強さ"を感じてしまいました。

自分は次の予定があるので手ぶらとなりましたが、同行者2人は当然のごとく珍しいお酒を購入して店を出ました。

この後は予定があるため、2人とは別れるつもりだったのですが、少しばかり時間があったのでその前に寄り道を。
IMGP5874_2018040923445141a.jpg IMGP5875.jpg
京成津田沼駅のすぐ裏側、習志野鎮守を名乗る菊田神社です。
平安時代以来の鎮座と伝わり、一帯が湿地帯だった頃は小高い丘の上にある立地だったという社です。
町中の中堅どころの神社といった風情ですが、手入れが行き届き現在も信仰を集めていると感じる神社への参拝となりました。


神社のあとは友人らと別れて実家の方へ戻り、中学時代の友人らと合流して飲み会へ。
なんやかんやと少し遅くまで呑んで、実家へ帰りました。


日曜日もまた日曜で、土曜に続いて昼飲みの算段から始まります。
横浜での待ち合わせでしたが、少し早めに家を出て横浜駅近くの原鉄道模型博物館へ寄り道です。
IMGP5890.jpg IMGP5897.jpg
鉄道模型趣味の大家による個人コレクションに端を発するという鉄道模型に的を絞ったマニアックな博物館。収蔵品とジオラマが凄いとの話を聞き、一度行ってみたいと思っていたところでしたので、ちょうど良い機会です。
収蔵品もさることながら、やはり目玉と言われるジオラマが至高です。
Oゲージクラスの大型の鉄道模型が、のびのびと走る巨大なジオラマは圧巻の一言。淡々と走る欧州型の車両を眺めているだけで飽きることがありませんでした。

飽きることはなくとも、待ち合わせの時間があるので、去り際は肝心ですね。
横浜駅前に戻って大学時代の友人連中と合流したら、昼から開いているビール屋さんで一杯です。
続いて、黄金町に河岸を変え、河川敷の桜まつり会場で外酒を一杯です。
後はなし崩し的に飲み屋に入って飲み直し、さらに場所を変えて母校近くの飲み屋でもう一杯。終電が気になる頃合いまで、断続的に飲み続け、へべれけになりながら命からがらの帰宅となりました。


家に帰れば、何もかも放り出して布団の中へ。翌朝、すなわち月曜日も多少はお酒が残っていましたが……現場仕事がないことだけは、安心でしょうか。
どうにか1日を乗り切り、今に至ることができました。

花咲く一周忌と部署転換

過勤務月間を突き抜けた先、新年度から配置転換があり部署が変更になりました。
ガテン系職場から抜け出した向こうに見えたのは、準技術系ながら長時間労働が常態化している部隊です。
異例のタイミングでの異動に、周囲の監視の目が厳しい中、どう足掻いてすり抜け安定的な休日を確保するかが喫緊の課題でしょう……社壊人としての引きがどうにも弱いですね、ホントに。
死なない程度に頑張っていきましょう。


ところで、そんな端境期にあった今週末は祖母の一周忌とあって静岡の親の実家に親戚一同が集合です。
土曜日の日中は何事もなく喪服を着て集合し、粛々と法要を実施して過ぎていきます。

問題は一連の法要が済んだ夕方からでしょう。
親父がいそいそと準備を始めたかと思ったら、出てきたのはずらりと並ぶ日本酒です。
この日のために準備したと言って、何をしていたのかと思えば良い日本酒を集めていたそうですから、酒好きの血は争えません……呆れるより他にないでしょうか。
sake_2018040222592460c.jpg
親族が集まれば宴会、次いでに桜の季節なので花見もできますね。
IMGP5823.jpg IMGP5627.jpg
庭の桜花も花ニラも見頃を迎えたタイミングで、見栄えは抜群です。
日本酒をひたすら流し込み、寝た時間も思い出せぬまま、気付けば日曜の朝を迎えてしまいました。

日曜は一転して、健康的に親戚の子供らとじゃれ合っているうちに家路につく時間です。
帰りがけに買い物でもと目論んでいたのですが、東名の事故渋滞に巻き込まれてしまい、計画はご破産。
実家を経由して自宅へ帰れば、直行のはずが23時を回ってしまいました。


そういう次第で動き出した新年度。ひとまず今月中は落ち着いているはずなので、なんとか1箇所くらい遠出がしたいものですが……どうなることでしょうか。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2018-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad