月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


高原都市への巡礼の話

クーラーのない部屋が祟って、ろくに寝ることもままならない日が続く盛夏のこと。

この土曜日はふらりと思うところもあって、大和郡山界隈にある奈良県立民俗博物館を見学です。
入り組んだ街路に面食らいながら、どうにか行き着いた先にあったのは、奈良盆地での稲作や吉野の林業を紹介する興味深い展示の数々……だったのですが、悲しいかな写真撮影禁止とのこと。
帰路には稗田の環濠集落にも寄ったのですが、綺麗なところでありました。


さて、大和郡山に行ったのは暇を持て余した土曜日の話。
一方の日曜日はもう少し計画建てたお出かけを実施です。
先週の初め頃、暑さにヤラれた頭で次のお出かけの目的地を選定していたならば、涼を求める意図も相まってとある高原の宗教都市が目に付いた次第。
折角なので、例のごとく研究室の後輩や留学生を誘って歴史と地理のお勉強にお出かけです。


慣れた列車を乗り継ぎ難波に出て、さらに南海列車へ。
郊外型の路線は徐々に山間に至り、交通の要衝橋本駅を過ぎれば、その先は急曲線と急坂の織り成すファンタスティックな登山電車。
その終点、極楽橋駅で下車して来たるは紀伊半島が世界遺産の一角、高野山です。
IMGP2684.jpg IMGP2688.jpg
厳密にはここから更にケーブルカーに乗って到着ですが……今回はケーブルカーには乗らずに、登山道を軽くトレッキングして目指します。本来的には京都や大阪からつながる古い街道なのですが、流石にそれは無理な相談です。
極楽橋駅の名の由来は、駅前にかかる朱塗りの橋に寄ります。ここから参詣道に合流して、おおよそ小一時間の行程。

駅前からして、なかなか窮まっていますが実際のところはこの先が更にロックンロール。
曰く、数年前の大水害の影響で道が崩れているので通行止めとのこと、です。
が、南海の職員さんに聞いたところ「なんだかんだで行ってる人は行ってる」とのこと。行けるなら、行きましょうで、そのまま行ってしまうことにしましょう。
IMGP2689.jpg IMGP2697.jpg
道中、バンコクから来たイングランド人と流れのままに帯同し、車が途絶え舗装が土砂に覆われた道を辿ります。

結論から言えば、思った以上に崩れてましたが、歩くには支障のないレベル。
ただ見た目的には相当インパクトが有ります。下の方では、復旧工事も行われていたのでいずれ治ることでしょうが……。
IMGP2704_20140728001959ae1.jpg IMGP2705.jpg
何はさておき、登山道側からの入り口、無事に女人堂に到着です。
女人禁制の往時は、ここから先は境内地のため、女性が入れないことから、ここでお参りするためにできたお堂なのだとか。
今や関係ない時代ですね。人々はバスに揺られて女人堂を顧みることも少なく寺内へと進みます。
IMGP2706.jpg IMGP2713.jpg
そんな訳で私達も徒歩ですが、中心街に至り観光案内所で地図を入手し、その後にお昼ごはん。
そして無事に、高野山の中枢にあたる金剛峯寺に参ることが出来ました。

金剛峯寺は、拝観料を払うことで寺院の内部も見学可能です。
IMGP2715.jpg IMGP2716.jpg
室内では各種の弘法大師や高僧由来の品、屏風絵などを拝見することが出来ます。
撮影はおろか、スケッチも禁止なのが厳しいところですが……拝観料を払うだけの価値はある素晴らしい品の数々です。
また、外には石庭も配置されています。何を意味しているのかわかりませんが、落ち着いた素晴らしい雰囲気です。
IMGP2720_20140728002459fff.jpg IMGP2726.jpg
日頃の行いが良いので、大広間的な休憩スペースではお茶と簡単なお茶うけも頂戴することが出来ました。

大広間での休憩後は、別の石庭や四季の庭を経由して、台所へ。
IMGP2727.jpg IMGP2730.jpg
石庭は日本最大級を誇るものだそうで、石の配置が雲を泳ぐ龍をイメージしているのだとか。私には判りかねます、修行が足りてませぬ。
四季の庭の方は石庭以上に奥の深い、緑に覆われた庭です。自然な四季の移ろいの美しさに思いを馳せるのだとか、深くて難しい。

一方で、台所の方は儀式の時などには現在でも使われることのある水場や竈を見学することが可能です。
なかなか見る機会のない、お寺の裏側、お釜も洗い場も古民家と似た構造ながらしっかり板の間だったり設備が大掛かりだったりと、興味深い限りです。
IMGP2732.jpg IMGP2737.jpg
全くの余談ながら、この辺りから白人の先生と思しき方が学生風の連中を引率しているところに、要所要所で出くわすようになります。
英語で日本文化を解説しているようなので、最初は興味半分に聞き流していたのですが、よくよく聞いてみると私なんかよりよっぽど詳しい様子。食料保存用の棚の、ねずみ避け用の白い紙の意義なんて、私も知らなかったのですがいい勉強になりました。
道々、仲間内で正体を推測し合いましたが、大学か何かの先生らしい以上のことはわからずじまい。しかしながら、おそらくはその道のプロの方なのか……非常に参考になる次第です。

金剛峯寺を後にしたら、次は壇上伽藍と呼ばれる領域へ。
こちらは名前の通り、各種の建造物が並ぶ区画です。
IMGP2748.jpg IMGP2750.jpg
特に朱塗りの根本大塔と、年季溢れる金堂は、その威容に恐れ入るばかりです。
さらには拝観料を払って中に入れば、巨大な仏像が待ち受けています。……良い物を見ました。

伽藍内にはまた、高野山の守護神たる神社も置かれています。単独の明確な神社の体はなく、いくつかの神が祀られているのだとか。
余談ながら麓には「弘法大師を高野山に導いた山の神」を祀る式内社もあるのだとか……いずれ行きたいですね。
IMGP2762.jpg IMGP2770.jpg
他には世界遺産の一角となる高野山の西の入り口を成す大門も見物。こちらはちょうど紫陽花が見頃だったようで……非常に絵になりそうだったのですが、諸般の事情でコンパクトデジカメしか持っていなかったのが惜しまれるところです。

大門のあとは、位置的には大門の真反対に当たる高野山の最重要な聖地、奥の院へ向かいました。
真反対と行っても数km程度しかない範囲であり、さらには山内巡回のバスが多数走っているので、特に問題となりません。
加えて、登山電車の深山幽谷を思わせる車窓からは想像もつかないほど、高野山内は“都会”です。
観光客から僧侶まで、人通りは多く、商店街も万全に機能し、コンビニからATMまで当座の生活に必要な物は一式全て揃っている有り様は、下手をすれば麓の町よりよっぽどしっかりしているかもしれません。
IMGP2780.jpg IMGP2782.jpg
そんなことを考えながら、着いてみたるは奥の院へ繋がる杉木立です。

この杉木立には、古今の様々な方の墓所が立ち並んでおり、その中には教科書にも出てくるような名だたる大名や歴史上の人物も含まれるのだとか。
IMGP2784.jpg IMGP2791_20140728005133f51.jpg
話には聞いていましたが、実際に見てみると本当に驚くばかりです。
有名な大名や人物の墓所には紹介の標識が建っているのですが、見てみると奥州の南部氏から薩摩の島津氏まで、本当に全国各地の大名の名がありました。どうしてまたこう日本中から集まったのか不思議なものです。
IMGP2801.jpg IMGP2803.jpg
中には化粧したお地蔵さんや、お墓を通り越して石室の形を成した墓所まで……。
他にも創業者や物故者のための企業墓地もあれば、天皇の墓所まであり、本当に日本の墓制の奥深さを思い知らされる思いでした。
IMGP2804_2014072800591879f.jpg IMGP2806.jpg
そんなこんなで辿り着いたる最奥部が、真言宗の始祖、弘法大師の墓所になります。
真言宗的には、あくまで亡くなったのではなく、ここで永遠の瞑想を行っていることになるのだとか。
立て看板にも斯様に記載されてましたが……どちらにしても神聖な土地です。橋を越えると案内板により、明示的に静粛が求められています。当然、撮影も禁止でありましたが、とても静謐な雰囲気の漂うところでありました。

斯様な次第で、最後はお土産に“般若湯”を物色して、バスに乗り込みケーブルカーの高野山駅へと至ります。
般若湯とは言わずと知れた日本酒の別名。「酒は百薬の長」の諺の如く、少しだけなら体に良いとの建前で、諸々の御託や名前をつけて、高野山内のお坊さんも飲んでいるということです。
IMGP2821.jpg IMGP2824.jpg
それはさておき、風情ある駅からケーブルカーと列車を乗り継ぎ、帰路についたら流石に一日歩きまわった疲れが出てきます。
若干、ぐったりとしながらふらふらと来た道をたどるように奈良へと帰って今に至りました。


なにはなくとも、今回の痛恨事は一眼レフデジカメを持って行かなかったこと。
天候と山歩きを気にして省いてしまいましたが……惜しいことをしてしまいました。

文月3連休の酒乱巡航

初夏だ初夏だと思っていたはずが、ゲリラ豪雨と寝苦しい夜に悩まされる盛夏になっていた7月半ば。
確実に削られる体力を慮り、研究室で寝ることも真剣に選択肢に入り始めてしまいます。
少なくとも扇風機を止めて寝ることが出来ない程度には深刻な問題です。
去年は乗り切れただけに、若干油断していた点も無きにもあらず……ちょっと良くないですね。


海の日を囲む7月の連休は、そんな酷暑の奈良から抜けだしてお酒を飲み歩くお出かけです。

金曜の夜行バスで神奈川に舞い戻った土曜日は、そのままお酒を買いだしたりして横浜へ。
横浜と言っても、いつもの学校の面々ではなくツイッターの半月クラスタの面々と合流です。

小雨の降りしきる中、集まった目的は夏のレジャーの定番、バーベキューです。
因果は巡るのか、何年も昔に学校の友人達と行ったのと同じバーベキュー場に同じクーラーボックスを担いで……前回とは全く縁もゆかりもない面子で同じことをします。
2014_07@7月の3連休0002 2014_07@7月の3連休0015
まずお酒の量が異様に多いことから不穏ですけどね……!
本来、お酒の調達は私の担当だったのですが、参加者のアル中度合いを見越して少々多めに購入しました。
次に気の利く参加者が、各自でお酒の差し入れを買ってきてくれました。
あれよあれよと集計したら、ビールだけで5ダース超です。流石に飲みきれませんね。

他にも丸1匹の兎が投入されたりと、なかなかに豪華な次第。ちなみにこの「ご注文はうさぎです」は、頑張って自らの手で解体です。
骨から肉を削ぐ作業、動画では簡単そうなのですが、自分でやってみるとなかなかどうして難しいです。
包丁は思い通りに扱えず、骨格も勘と経験ではちょいちょい外れる有り様。何事も経験ですが……皮も内臓も処理済みの初級編で、本当に良かった。
2014_07@7月の3連休0013 2014_07@7月の3連休0010
そんなこんなでバラしたら炎上案件ですね。
終始、飲めども尽きぬビールでテンションを上げながら、適当に目についたものを焼き払って夕暮れまで過ごした気がします。
ちょっと飲み過ぎて、夜はダウンしてたのはご愛嬌でしょう。


一夜明けた日曜日は、そのまま静岡の親の実家に向かい、また例によって日本酒と刺し身で一献。
気付いたら寝ていたので、日本酒が美味しかったことしか残念ながら記憶にありません。


そんなこんなで若干、酒漬けで進む3連休の最終日は、鈍行列車を乗り継ぎ西へと帰ります。
ただし、この私が直行直帰するまでもなく、京都まで来たところで少し寄り道です。
行って来たるは京都も中心の四条河原町界隈。数十年ぶりに復活したという祇園祭の後祭が、24日に山鉾巡行となるので21日から宵山なのだとか。
本来の有名な宵山は前祭の方ですが、雰囲気だけでも味わえるのですから、折角のタイミングを逃す手はありません。
2014_07@7月の3連休0022 2014_07@7月の3連休0024
ただし、手始めは道を間違えてしまい、地下鉄の四条駅から見て反対側に当たる錦の天神さんまで来てしまった次第。
見えざる導きだと信じて、修論が無事に終わるよう祈願してから、錦市場を抜けて山鉾を目指します。
2014_07@7月の3連休0032 2014_07@7月の3連休0033
この祇園祭の期間は、どこもかしこも提灯や飾り付けで彩り、お祭りの雰囲気があります。どのお店も、お神酒を献納したことを示す張り紙がしてある辺り、本当に影響力の大きいお祭りの偉大さを感じます。

そんなこんなで錦小路通を辿って、山鉾の散在する新町通と室町通に着いたら、ここからが見物の本番です。
宵山は本来、山鉾巡行のため山鉾を各町内で組み立てるところから始まったお祭りだとかで……ただのお祭りではなく飾り付けられた山鉾の見物や、町内自慢の文化財の展示が主たるイベントになります。
2014_07@7月の3連休0035 2014_07@7月の3連休0038
最初に出会したのは南観音山。上に乗った松が非常に立派な見栄えのする山鉾です。
そしてまた、ちょうど袂で売っていた“おたべ氷”なる抹茶と白玉とあんこのかき氷も魅惑的です。
ちょうど赤福氷の生八ツ橋版といったところでしょう、ある意味では普通の抹茶かき氷でしたが、蒸し暑い京都の夏に山鉾を眺めながら食べるのは、最高に風情豊かです。
加えて、BGMには山鉾の近くでお守りや団扇を売る子供たちのお囃子です。Wikipediaにも「素朴な雰囲気が人気」と書かれる程のそれは、本当に飾り気のない音色。ぼんやりと無限ループする歌声を聞いてるだけでホッとするような良さがありました。
2014_07@7月の3連休0045 2014_07@7月の3連休0050
かき氷の後は、何はなくとも山鉾巡り。
後で知ったのですが、後祭ではスタンプラリーを実施しており、規定のポイントを廻ると手ぬぐいが貰えたのだとか。
全く知らずにほぼ全て回ってしまったのですから、まさに後の祭りというやつでしょう。
2014_07@7月の3連休0054 2014_07@7月の3連休0058
ビールと祭りの雰囲気に酔い、そんなことまで全く気が回らなかったのですから、致し方ないことです。
2014_07@7月の3連休0064 2014_07@7月の3連休0071
2014_07@7月の3連休0072 2014_07@7月の3連休0076
2014_07@7月の3連休0081 2014_07@7月の3連休0082
人出の少ない後の祭りだけあって、身動きがとれなくなったり「宵山万華鏡」よろしく未知の道に彷徨い込んだりする事もなく、大過なく見物することができて十二分に満足できた次第です。
次は覚悟を決めて前祭りでも挑んでみたいものですが、機会は巡ってくるでしょうか……。

それにしても真夏の京都散歩は大学1年か高校生かの頃、初めての一人旅で荷物を小脇に抱えたままおっかなびっくり巡ったとき以来です。
当時も蒸し暑いと辟易しましたが、それを込みにしてもやはり風情があって面白いです。
奈良に来て以来、実は未だに八坂さんの御朱印や京都国立博物館に行けていないので、暑い季節のうちに行きたいところです。


余談ながら7月といえば新アニメの季節。
夏アニメは、流石に見る本数を控えめで行きたいところですが、例によって例のごとくメモランダム。

・ばらかもん
マンガは確かスクエニ系統が原作の、今期の心を癒やす類のアニメ。
のんのんびよりを健全にした感じで……ちびっ子にとても癒やされるので、当分は視聴継続です。

・人生
ガガガ文庫のラノベが原作の変なアニメ。
同じくガガガ文庫原作のGJ部とスタッフや画風まで似たオーラをまとっている印象なので、期待大です。
この系統のアニメは、ジワジワと面白くなってきて気付くと止められなくなるのが特徴。「電子ドラッグ」とは言い得て妙です。

・ハナヤマタ
きらら原作のアニメですが、4コマではない模様。
とりあえずはキャラが可愛いので着目ですが、題材がよさこいだったり、舞台が江ノ島だったりと、観ていて辛くなる青春モノになる兆候が散見されるので、ちょっと警戒しているのが正直なところ。
終始笑顔で最後まで見れるといいのですが……!

・あいまいみー
謎の4コマ原作5分アニメ。とにかくSAN値削られそうなので好きです。

これらと前期から視聴継続のジョジョ、及びベストセレクションが放送されているてーきゅうを視聴中。
暑さは人の活力すら削っていきますね……致し方なしです。

研究業務の台湾

強烈な台風が襲うと見せかけて結局来なかったという先の7月第2週。
幸か不幸か、私はというと研究室の業務で再び台湾に行っておりました。
1月に行った時、次はいつ行くのかと黄昏れたはずでしたが……思いもかけず半年で再来とは人生わからぬものです。

出発は土砂降りの関空でしたが、着いた台北の桃園空港は呆れるほどの快晴です。
地元民曰く「extreme deadly hot」なのだとか。死ぬほど糞暑い……まさにそんな感じです。
2014_07@台湾2回目0005 2014_07@台湾2回目0006
今回は前回とは打って変わって1人での出張。
道中の交通手段から夜の過ごし方まで、思いのままです。
とりあえず、高速バスとかタクシーとか甘えたては使わないで、公共交通機関を乗り継いで今回の要件がある新竹市まで行ってみることにしましょう。
2014_07@台湾2回目0015 2014_07@台湾2回目0009
ただし公共交通機関とは、具体的には台湾新幹線です。
まだ慣れない土地なので守りに入ってます。

そんなこんなでこの日は新竹市の交通大でセミナーを受講です。
2014_07@台湾2回目0019 2014_07@台湾2回目0025
夕飯は現地の学生に連れられて、鳥の丸焼きを提供するファーストフード店へ。
鶏の丸焼きと侮る無かれ、香ばしく焼かれたそれはケンタッキーも目じゃないほどの美味しさです。
食べ辛さもまた一流ですが…・・それは致し方なしです。

残念ながら今回の出張は基本的に交通大内部で完結してしまうため、市街地に繰り出すのは夕刻を過ぎてからだけ。
2014_07@台湾2回目0039 2014_07@台湾2回目0042
ただし、日本人だけで市街地に繰り出すと相応のリスクも有るようで……。
具体的には適当に頼んだはずが、2人で4人前を食べる羽目になったりとかですね。
もっとも、なかなか美味な台湾の町場の食堂、学生にかかれば1人で2人前とか造作も無いことです。

その後は腹ごなしに夜の繁華街散歩などなど
2014_07@台湾2回目0049 2014_07@台湾2回目0053
高層のお宮やら、本屋の推せる絵柄とかとか。
2014_07@台湾2回目0057 2014_07@台湾2回目0060
大学近くなせいか、秋葉原顔負けの電気街もあれば、学内ではキャンプファイヤーまで。奥が深いです。
2014_07@台湾2回目0090 2014_07@台湾2回目0093
また同じく学内といえば、暑さで茹だっている犬もいれば、オシャレでイカしたカフェまであったり。
野良犬にオープンカフェに焚き火……京大もかくやという混沌ぶりは、なかなかどうして楽しいです。

しかしながら、そんな楽しい交通大学の日々もセミナーが終われば修了です。
この後は、諸用があるので台北に移動です。
2014_07@台湾2回目0105 2014_07@台湾2回目0106
せっかくなので在来線を使いましょう。
手違いで、鈍行のはずが快速になってしまったりと色々とありましたが、特急とは違う低運賃路線の面白さはやはりいいものです。
下車後、列車後端が更に面白そうだったことに気付きましたが、それはそれでもはや後の祭り……致し方なしでし。
2014_07@台湾2回目0111 2014_07@台湾2回目0118
ちなみに台北到着後は一旦、訪問先の大学によってから故宮博物館へ。
2014_07@台湾2回目0119 2014_07@台湾2回目0124
残念ながら館内は撮影禁止でしたが、特に中国4千年の歴史を反映した玉の展示コーナーは逸品の一言に尽きる代物でした。
最後は現地で出来た友人と台湾で有名なマンゴーかき氷のどか盛りのお店とか寄ったりして……。
2014_07@台湾2回目0134 2014_07@台湾2回目0155
快晴のもと、無事に帰国と相成りました。
予定の都合上、外に観光する時間は殆どなかったのですが、それでも隙を見て出掛けたり何だりと楽しめた次第。
日本語が通じないという独特の緊張感と、それでも致命的な危険を感じない程度の治安の良さ、運試しには丁度いいくらいなのが最高に楽しい台湾旅でした。


余談ながら、帰国直後に日本橋で買い出しをして帰ろうとしたところで、大学院の友人と遭遇してしまった次第。
そのまま帰宅せずに新今宮の新世界のプールで軽く泳いでからの、串かつを食べる流れになってしまったのは全くの予定外でしょうか。
2014_07@台湾2回目0162
帰国直後にこの始末ですから、我ながら無茶したなと思うところですが、これが土曜のこと。
日曜はバッチリ反動がキマって一日動けずに今に至る次第。明日は月曜日、ちゃんと学校に行けるよう祈るばかりです。

戦車道とお酒と荷造り

空梅雨を超えて、夕立と入道雲に彩られた夏の日々が幕を開けた7月頭。

種々雑多なイベントが重なり、色々と忙しくなったこの週末。
金曜日は寮の繋がりでバーベキューに参加して、肉を焼いたり夜更かししたりしているうちに土曜日は正午を過ぎた時間になっている始末です。


はてさて、そんな土曜日は大阪の元下宿生から誘いがあったので、起き抜け早々から梅田にスクランブルです。
行って来たるはブルク7の「ガールズ&パンツァー」のOVA上映会。
去年、一昨年と戦車に目覚めるオタクを量産した業の深い素晴らしいアニメの完全新作。
テレビ放送時には本編で悲しくも割愛されてしまった、アンツィオ戦を描いた30分強のアニメです。

ガルパンといえば最終回の制作が間に合わず1クールのはずが最終2話だけ3ヶ月遅れで放送された程のこだわり作品。
OVAということで、さらに期待のハードルは上がっていましたが、見事にそれを超える満足度の代物でした。
ストーリー的にはアニメの穴を保管する形ですから、特に驚きの新情報や展開も、特段の感動もない1話なのですが、そこはそれ。
物語はアンツィオ戦の準備からキャラを深める掌編を経て手に汗握る戦車戦へと、アニメ放送にシレッと混ぜ込まれたら気付かないほど、本編と同じ段取りで自然な流れに進んでいきます。
しかしながら、本編では見せ場の少なかったアンチョビ麾下のアンツィオ高校の面々をはじめ、キャラの魅力や、結果がわかっているはずなのにハラハラする戦車戦は素晴らしいの一言です。
相変わらずの小ネタや映画から引っ張ったBGM音源も、目を皿にして探すと見つかり、はずれなし。
視聴後、折角なのでとパンフレットを買ってみたのですが、その中ですら視聴中には気付かなかった拘りや小ネタが乗っていて、驚くばかりです。
アニメ本編時からキーワードのように出てきた「大きな嘘をつくために、細部に拘る」という方針は、今も生きているようで感嘆するしかありませんでした。

そんなこんなですっかり魅せられてしまったまま、この日は所用があったのでイタリアの地ビールで軽く一杯やって奈良へ帰還です。
この晩は大学院の友人連中とアニメの上映会。
「おおかみこどもの雨と雪」と「スタードライバーTHE MOVIE」の二本立ては、案の定”おおかみこども”で精神を持って行かれてからのロボットアニメで気持ちを立て直す流れ、あれよあれよと午前は3時まで騒いで盛り上がってしまいました。


かようにすり潰した土曜日から一転、日曜日は月曜からの仕事に備えての諸々の作業で過ぎ去っていく次第。
明日から出張です。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2014-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad