月曜備忘録

東奔西走したり、近場をさまよったり、お家でぐったりしたり……週末の所業や所感を記録する場所(旧名:兵站の鬼を目指して……)


傷心の辻占

ここなら行けるのでは? と期待していた企業から見事に祈られ、失意のうちに迎えたこの週末。
いよいよ手駒もなくなり、無職や博士進学が具体的な課題となってきましたね。
そろそろ一個くらい内定貰って……なんて甘い期待は春の嵐に飛ばされました。


そんな訳でかなり気分も落ち込み気味のこの週末。
失意を噛み締めながら一人で寮に篭もるしかない私を尻目に、大洗では海楽フェスタが、武道館ではゆかりライブが、フォロワーは連れ立って北陸旅行に――とついったーのTLは容赦なくSAN値を削ってきます。
何故よりにもよってこのタイミングで楽しそうなことが同時多発なのでしょう、年度末の呪いですかね。

そんなこんなで流石に精神衛生上、お話にならない状況だったので気紛らわしにちょっとお出かけです。
向かったのは学校から生駒山を挟んで大阪側の麓、瓢箪山。
IMGP2175.jpg IMGP2176.jpg
大阪平野の東限、近鉄奈良線はこの駅を境に生駒山地へ挑む急勾配へと突き進みます。
そんな急坂に半歩足をかけた位置にある瓢箪山の駅前には、線路と直交するように東大阪の下町らしい賑わいのある商店街が連なります。
かつては東高野街道と呼ばれた古い街道筋。この道沿いに駅から少しだけ南に行ったところに目指す瓢箪山稲荷神社があります。

瓢箪山稲荷神社は辻占い発祥の地とかなんとか。
かつて、集落の境界を守る賽の神や、お化けの出る黄昏時など、日本では境目を神聖視する考え方がありました。
道と道が交わる交差点もそんな神霊の宿るべき箇所の一つ、ここで夕方に偶然通る人を観察することで、占う習俗が辻占いの始まりなのだとか。境目には人ならざる者も通り掛かるとか……きっとそういう発想なのでしょう。
参道と東高野街道の交差点、今も参道の入口となる鳥居がある辺りがそうなのだとか。
IMGP2177.jpg IMGP2188.jpg
もっとも習俗自体は江戸時代頃からの代物。往古というほど古くはないのもまた味噌です。
民俗学的ロマン溢れる神秘的な風習や儀式も、よくよく聞くと室町以降から確認できるというのはよくあること。
伝統ってなんなんでしょうね。

どちらにしても、稲荷さんらしい鳥居や社の林立する独特の雰囲気はなかなかに良い物。
おまけに背後は古墳だそうですから、古代ロマンもありありです。
土曜ということもあってか終始人が行き交い、春の陽気に誘われたご近所さんの憩いの場になってる様は、のんびりと眺めているだけで癒やされます。
IMGP2186.jpg IMGP2185.jpg
見やれば境内の桜もすでに咲いていますし、近場とは言え旅情に誘われる気分。
このまま色々と投げ出して、春を探しに18切符とバック片手でどこか遠くへ行きたくなる気分です。

さて、今回の参拝の目的は2点、いつもの如き御朱印集めと巫女さん鑑賞が一つ。巫女さんがいないのは残念でしたが、御朱印は無事に収集です。
そうして、もう一つは当然、この辻占いなるものを体験すること。
普段は誰が言ったか「神仏は敬えど頼らず」。験担ぎの神頼みやお守りは好きでも、占いやおみくじはあまり買わない主義なのですが……ツキが無いので精神衛生を保つためたまにはありです。
IMGP2183.jpg IMGP2192.jpg
本来のやり方は先程の交差点での人間観察ですが、今は境内裏手のもう一つの交差点に占場を移動です。
この占場に待機して、おみくじで引いた数の番に通った人の様子を観察し、神官さんに伝えることで占ってもらうのだとか。
1回、3千円と結構なお値段……なるほど。

もう一つは1つ300円の通常のおみくじ形式の代物。
通常と言っても、炙り出しや焼き抜きなど一手間加わっているのがポイントでしょうか。
兎にも角にもこちらを購入したところ、通常のおみくじは「そのうち良くなる」との旨。
帰宅後、研究室の器具を拝借してやった炙り出しと焼き抜きも大意は似たような風。まるで胸中見透かされてるようです、宇迦様恐るべし。
おみくじの入れ物も独特の文様をあしらった封筒だったりと、なんだか良いものでした。本来はこの手のシロモノ、人様に見せびらかすものではないとのゲン担ぎもあるのですが、ネットで探すといっぱい出てきます。
846153970.jpg
焼き抜きの燃え方だけ、何故かネットで見つかる画像と私の結果ではぜんぜん違うのが不可解……。
ちゃんと焼き抜かれないのはなぜなのでしょう。


この後、ふらふらと帰路についたのですが、何の因果か乗換駅にて他研究科の友人とばったり遭遇。
乗換駅もある意味では辻だよなとか、不思議な因縁を感じる様でしたがそれはそれ。
折角なので一緒に昼食を食べてから寮へと帰還しました。

なお、帰還後も結局は気分が乗らず、先日コンビニで買った艦これコラボの艦船プラモを作っていた始末。
艦これして、アニメ見て、夕飯食べに行ってと気を紛らわしているうちに日が過ぎていき、出来上がったのは履歴書半面のみ……。
今日(日曜)こそは……この深い業から逃れないと行けない気がします。

母校探索の話

日中は上着なしでも外が歩ける程度の陽気。卒業式のシーズンを迎え、関東では桜も咲いたとか。
もうすぐではなく、もうすっかり春ですね。

就活の方は、相も変わらずのお祈りまつりで、いっこうに忙しさが緩和されない状況。
既に内定を得た人もいるそうで……恐ろしい限りです。


それはそれとして、少々前の話になってしまいますが、先週の金曜日に諸事情により高校の見学会がありました。
折角の機会なので、高校時代の同級生と連れ立って、合法的に潜入です。

いの一番に向かったのは、高校生時代に根城としていた図書室。
若干、書棚の配置が変わり少し明るい雰囲気になっていましたが、昔日と変わらぬ少し攻めた蔵書傾向は健在。
神話系からミリタリまでマニアックな資料に、ライトノベルやマンガのノベライズ――安定感があります。
一方で、青い鳥文庫をはじめ中学生向けの蔵書も増強気味。中高一貫校に改組されたとは聞いてましたが、こういうところにも違いが出てくるのですね。
IMGP2092.jpg IMGP2100.jpg
改組の関係で机類も新しくなっていたのはご愛嬌。
「通っていた高校に遊びに行ったら、中学生の教室だった」のです、不思議な気分です。

ただし、現役高校生の教室はまだ古風な机のまま。
ひどく懐かしい光景ですが、思えば現役でここに立っていたのも7年前の話。こんな空間で1日の大半を過ごしていたなんて、あまり実感も湧かないほど遠い過去になってしまいました。
IMGP2154.jpg IMGP2169.jpg
一方で昇降口に合った自販機は妙に印象に残ってるもの。今も変わらずどころか、飲み物のラインナップまであまり代わり映えがしないのには驚きました。


母校見物のあとはそのままぶらりと周辺を散策してから飲み会の流れへ。
積もる話があるわけでもないですが、懐かしいを見てしまえば高校時代の思い出話に花が咲きます。
結論から言えば、高校入学から10年経っても、アニメだミリタリだで科学工学で盛り上がるあたり、まるで成長していないのだなと思うところ。強いて言えば、収入とか具体的な将来の話とか……社会人だなと思うのはそのくらいでしょう。


なお、翌日もまた別の集まりの飲み会。こちらは大学の先輩とビールを飲む会。
打って変わっての大人の集まりですが、結局は仕事の話が主体ですから会社員のつらみです。

こういう思い出話や仕事話となると、いつも思い返すのはARIAの「オレンジの日々」のエピソード。人生の岐路になると、本当にARIAが心に染みます。

繁忙飲酒と徹夜

相も変わらず就活とかナントカで行ったり来たりとシンドイ日々。
初めは順調かと思ったのの、数年前以来の面接受けの悪さは健在だったようで、見事にバサバサと祈られている今日このごろです。
実に辛いです……。


それはそれとして、この土曜日は久方ぶりに半月クラスタとの宴会。
私とフォロワーの”みかん”さんを除いて、みんな社会人になってしまってますから時の流れを感じます。

飲んだのは有楽町駅近くのドイツビールのお店。
残念ながら名前は失念してしまいましたが、ビールとドイツ料理の美味しい良いお店です。
文学と幼女と艦これの話題で盛り上がる怖いアトモスフェアを醸し出しながらも、楽しく過ごして、二次会は銀座の「ルパン」なる隠れ家的なバーへ。
こちらでも、良い服を着た年配の紳士淑女に混じって「ロンリコかロリコンか」などと、やはり場違いな雰囲気を醸しながら楽しく飲んでいるうちに、気付けば終電なんて過去の話になる始末。

斯様な次第で、このメンツでは初めてとなる徹夜カラオケ。
久々に好き放題アニソンを歌えるカラオケを存分に楽しんでいるうちに朝を迎え、日常が帰ってくる次第となりました。


そんなこんなの週明けは、お祈りラッシュ。
週明けから幸先悪く凹みますね……つらい。

寸暇の宇宙海賊鑑賞

3月に入ったのに、思い出したように気温の下がるこの頃。
相も変わらず就活も捗らずの中に、法事も重なって、このところ毎週のように関東に帰ってる気がします。
今週も関東です。

旅行どころか、お出かけらしいお出かけもなく……先日、就活で訪れた先でたまたま神社を見かけ、新しい御朱印帳を購入した事くらいでしょうか。


そんな日々が続きますが、今日は祖母の法事もあって、昼間っから親戚と集って会食。
久しぶりにちゃんとした日本酒を飲む機会もあって、ちょっと気持ちよかったのですが、事が動き出したのは会食も終わった後。
昼下がりの陽だまりに寝落ちして、目覚めてみるとまだ18時過ぎ。
色々と思うことがあったので、突き動かされるようにモーレツ宇宙海賊の劇場版を見に新宿まで。
映画を見に行くのも昨年の言の葉の庭以来でしょうか。春先は映画を見に行きたくなる季節ですね。
そして、モーレツ宇宙海賊は、BDまで買ってしまった推しアニメ、行かない理屈はないです。

そんな訳で見てきたモーパイ。
展開はアニメと変わらず、強力な手駒が揃ってる状態で主人公の決断を描いていくような流れ。
相も変わらず、劣勢とかピンチとかいう雰囲気を感じさせない勢いが小気味よかったです。
頭身高めのキャラデザと、時折出くわす古ったいセンスの演出も嫌いじゃないところ。
そして何より、宇宙の描写の綺麗さ。特に亜空間を航行するときの演出と、オデット二世の帆の展開は、非常に格好ものです。
上映期間が短いのが惜しいところ……BD出たら、こちらも買いたいです。


買うといえば、余談ながら最近は移動時間も多いので読書が無用に捗る状況。
ラノベだなんだを買いあさってはすごい勢いで消費しています。
最近、特におもしろかったのは「森の魔獣に花束を(GA文庫)」と「妄想ジョナさん。(MW文庫)」でしょうか。
切ない系の物語ですぐしんみりしてしまうのは、年をとったのか疲れているせいなのか……

雀の稲荷参拝

気付けば夜の肌寒さも幾分かは角が丸くなり、日中は春めいた陽気の日もある今日このごろ。
気付けば3月です。2月は逃げた……恐ろしい限りです。

就活や何やで未だに忙しさは変わりないのですが、それはそれとしても息抜きは必要です。
毎週末のごとく飲み会はしていますが、それはそれとして、今週は総統代行が京都に来るというので、飯を食べに伏見稲荷まで。
IMGP2058.jpg IMGP2061.jpg
目的の半分は”いなり、こんこん、恋いろは”関連。
具体的には京阪の駅前にいなりのパネルが立ってます。

神社の門前にはうか様も居ます。境内地で公式アニメタイアップとは攻めの姿勢です。
天下の伏見稲荷大社様、放っといてもいくらでも観光客が来るであろう土地で、この姿勢です。
IMGP2062.jpg IMGP2070.jpg
今回は時間の都合もあって、ふらっと四ツ辻まで行って飴湯を飲んで下山。
ようやく念願の雀の串焼きを食べる事が出来ました。
骨ばって食べるところがないと聞いていたのですが、要は骨ごと……丸ごと食べる仕様。
魚の干物の背骨の部分のような食感です。蒲焼のタレと山椒の味付けはなかなか美味でありました。
もう一回食べたいかと問われれば、次はウズラ肉で十分ですが。

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2014-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

中の人について

molmol

Author:molmol
連絡先:aria_freak@ホットメール、mixi


社会的圧力に負けて働き始めた巫女好き提督。2年かけて回復したSAN値を瞬く間に失い、工場街のおんぼろアパートでサバイバルなう。

何かにつけて神頼みする近所のお稲荷様に感謝

個人的リンク

私が勝手に(無断で)貼ったリンクもあります……。 どうか、ご配慮願います。

分類……してないなぁ?

"兵站"内の探し物はこちらへ

月別ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad